アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング

2011年01月04日

くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉

年末年始のテレビの中で、ふと立ち止まって見入ってしまった番組があった。

ヒューマンドキュメンタリー「99歳の詩人 心を救う言葉」、である。

きらびやかな特番、スペシャル、豪華な芸能人がにぎやかに騒ぎ立てているテレビを背に
独立独歩、NHKの真骨頂である。

番組内容は90歳を過ぎて詩を書き始めたという
柴田トヨさんいまつわるドキュメンタリー。

つながる、をテーマにして
詩の書き手と、詩の読み手、両方にスポットを当てた番組内容が印象的だった。

真面目にコツコツ生きてきた、これぞ日本人の魂ともいうべきことばの数々。

来年100歳になろうかという女性から
人生はいつだってこれから・・・なんて言われたら
励まされるほかない。

同じ日本人、同じ高齢の方でも様々な方がいるものです。

一方で東京都石原都知事のように、若者を侮辱し挑発する人間もいれば
謙虚に自らを省み、他者を励ましぬくもりをあたえてくれるような人もいる。
【送料無料】くじけないで

【送料無料】くじけないで

価格:1,000円(税込、送料別)



@ソース
http://cgi4.nhk.or.jp/feature/index.cgi?p=oWKUQFJg&c=1
(柴田トヨさんの作品例)
「私ね 人からやさしさをもらったら 心に貯金しておくの さびしくなった時は
それを引き出して元気になる あなたも今から積んでおきなさい 年金よりいいわよ」

「くじけないで  
ねぇ 不幸だなんて 溜息をつかないで
陽射しやそよ風は えこひいきしない
夢は 平等に見られるのよ
私 辛いことが あったけれど いきていてよかった
あなたもくじけずに」

「振り込め詐欺犯さんに
今 あなたのしている事を知ったら
あなたの家族は どう思うかしら
子供の頃 あなたには やさしい心があった筈
風の囁きも 聞こえた筈よ
弱い人たちを 苦しめないで
その知恵を 良いことに使ってください」



番組内容
99歳の柴田トヨさんの詩集「くじけないで」が90万部の大ヒットとなった。トヨさんの詩作の日々と、詩に励まされ力強く生きる読者の姿を追う。語りは中谷美紀。


詳細
99歳の柴田トヨさんの詩集「くじけないで」が、2010年3月の発売以来、90万部の大ヒットとなっている。激動の時代を生き抜いた女性が「生きることの幸せ」をつづった詩は、世代を越えて共感を呼んでいる。100歳になる2011年に向けて、新作を作り続けるトヨさんの詩作の日々と、その心境を見つめる。また、トヨさんの詩に励まされ、年の瀬、力強く逆境に立ち向かう人々の姿を追う。

  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 15:39Comments(0)読書メモ・感想文

2010年10月19日

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

やってもできない、がんばってもできない、
世界は絶望で満ち満ちていて
将来に希望や夢が抱けない今日この頃。
そんな感覚が現実のものなのか、
何かに触発されて植えつけられたものなのかしれないけど
確かに見ようによっては、この世は
残酷でもあり、寛容でもあり
地獄であり、天国でもある。
この世界が地獄だと言われれば、そうかと思うし
この世界が天国だと言われれば、そうかと思うしかない。

「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」
この本は、タイトルと各章のネーミングセンスで成り立っていると思う。
カツマーから円天、ニートにフリーター、フリーエコノミーにロングテール・・・
ネットで話題になったキーワードが盛り込まれつつ
最終局面での結論としては、「君にふさわしいニッチ」を探せ!
その一言に尽きるんだと思う。

それが、
伽藍(がらん)を捨ててバザールに向かえ。
恐竜の尻尾(しっぽ)のなかに頭を探せ。

の意図するところだと理解している。

現状の自分をよく観察・分析し
身の丈に合ったニッチ市場からスタートする。
まずはバットにボールが当たらないことにはどうにもならないわけだ。

以下、気になった文章ピックアップ
・グローバルな能力主義の世界では、マックジョブが嫌なら「好き」を仕事にするしかない。
・大事なのは自分の好きなジャンルでショートヘッドになること(ロングテールのフラクタル)
・「好き」を仕事にすれば、そこには必ずマーケットがあるのだから空振りはない
・「好き」を仕事にしたいのなら、ビジネスモデルを自分で設計しなくてはならい
・生物は自分に適したニッチを見つけることで過酷な進化の歴史を生き延びてきた
・ぼくたちの大半はロングテールで生きていくほかない。市場での居場所が小さくなるほど売り上げは減るから、それに応じてコストを引き下げていかなくてはビジネスは成立しない
・ロングテールのビジネスは会社はなく個人のためのものだ
・ロングテールの時代のビジネスの主役は、恐竜みたいな大企業ではなくて、フリーエージェントとマイクロ法人になるだろう

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

価格:1,575円(税込、送料別)


残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 
* 橘玲
* 幻冬舎

ワーキングプア、無縁社会、孤独死、引きこもり、自殺者年間3万人超など、気がつけば世界はとてつもなく残酷。だが、「やればできる」という自己啓発では、この残酷な世界を生き延びることはできない。必要なのは、「やってもできない」という事実を受け入れ、それでも幸福を手に入れる、新しい成功哲学である。

【目次】 
序章 「やってもできない」ひとのための成功哲学/第1章 能力は向上するか?/第2章 自分は変えられるか?/第3章 他人を支配できるか?/第4章 幸福になれるか?/終章 恐竜の尻尾のなかに頭を探せ!


@参考
http://getnews.jp/archives/79741
『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』橘玲 - ガジェット通信
1. 伽藍(がらん)を捨ててバザールに向かえ。
2. 恐竜の尻尾(しっぽ)のなかに頭を探せ。
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 16:28Comments(0)読書メモ・感想文

2010年10月17日

ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略

ECサイト4モデル式
ユーザーのウォンツとニーズ、商品のバリエーションで分類を行い、
ECサイトを4つのモデルに分類。
モデル別にアクセス対策とサイト設計の重要施策を設定し、それぞれ優先度の高い順に対策を行う手法。低コストで短期的にサイト全体を見直すのに最適。

Google Analytics経営戦略

Google Analytics経営戦略

価格:1,827円(税込、送料別)


中古品を見る : ¥ 1,440より
# 単行本(ソフトカバー): 192ページ
# 出版社: アスキー・メディアワークス (2008/9/25)
# 言語 日本語
# ISBN-10: 4048673661
# ISBN-13: 978-4048673662
# 発売日: 2008/9/25 
# Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 67,321位

無料のアクセスログ解析サービス「Google Analytics」を活用して、ECサイトの売り上げを伸ばすためのノウハウを紹介。取扱商品によってECサイトを4モデルに分類。各モデルについて、サイト訪問者の訪問動機や消費行動を分析し、Google Analyticsで確認すべきデータと改善方法をウェブコンサルタントが事例とともに徹底レクチャーします。

株式会社ゴンウェブコンサルティング
代表取締役 権 成俊

【略歴】
1973年生まれ
1997年横浜国立大学大学院 物質工学研究科卒。
ソフトバンク株式会社にてEC担当として年間数十億円のEC事業を支援。
2002年に株式会社ゴンウェブコンサルティング設立。

Webの戦略的な活用を軸にした事業革新、Webマーケティングを得意とする。
ECサイト向けコンサルティングの実績多し。
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 01:00Comments(0)読書メモ・感想文

2010年10月16日

バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義

タイトルのインパクトだけはすごい本。

煽りもすごい分かりやすい。
「たとえば30歳の時点で、
 年収600万円のエリートと、年収1000万円のおバカ。
 どちらの人生を選択しますか?」


ターゲットがはっきりしています。
読み人を選ぶ本です。


@参考
http://diamond.jp/articles/-/9479
【バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義(5)】
「夢や目標を捨てて、身軽になったが勝ち!」


バカでも年収1000万円 伊藤 喜之 (著)

# 単行本: 272ページ
# 出版社: ダイヤモンド社 (2010/7/30)
# ISBN-10: 4478013896
# ISBN-13: 978-4478013892
# 発売日: 2010/7/30 
# Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 850位


バカリーマンでも1000万円稼げる「バカ6大奥義」とは…

その1【成功の糸】
……これまで見落としていた「成功の糸」をつかむだけで人生が激変する

その2【超速行動】
……「人の倍はたらく」のではなく「人の5倍のスピードで行動する」と一瞬で成功する

その3【弱点レーダー】
……どんな一流の人にも勝てる「弱点レーダーチャート」を武器にする

その4【人に貯金】
……お金は銀行に預けるな。もっとも利息が高いのは、「人への貯金」である

その5【夢は持つな】
……半端な「夢」を持つと自分の可能性を制限する。毎日、全力を出すだけでいい

その6【逆さまの法則】
……仕事でもプライベートでも、自分のほしい結果を、最短でつかむ方法  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 00:00Comments(0)読書メモ・感想文

2010年09月23日

100年前の女の子 船曳由美 (著)

良い本の条件として、
読む側の想像力を刺激され、
読み方によってさまざまな感想が湧いてくるというという点があると思う。
100年前の女の子という本は、読み手次第で全く異なる印象をうけるかもしれない。

古き良き明治、大正、昭和の暮らしを懐かしむこともできる。
高度経済成長以前の日本の田舎暮らしを想う人もいるだろう。
また、タイトル通り100年前に実在した少女の成長物語として宮崎駿のアニメ世界を想う人もいるだろう。
またある人は、 健気な女の子の母恋いの物語として時代を超えて普遍性を感じるのかもしれない。
様々な幸や不幸を経験しながら100年の時を生き続けた人生について
自然と湧き上がってくる、畏敬の念。
これはある意味、人間賛歌・人生肯定の本かもしれない。
100年後の遠野物語、この本を称するに最もふさわしいキャッチコピーだ。
一〇〇年前の女の子

一〇〇年前の女の子

価格:1,680円(税込、送料別)


一〇〇年前の女の子 船曳 由美 (著)
100歳の女の物語、100年の日本の記録かつての日本のどこにでもあった昔懐かしい村に、貧しくも命たからかに生きた少女の物語。「遠野物語」100周年の今年、100歳の命の魂鎮めとして堂々刊行。 正月にはお正月様をお迎えし、十五夜には満月に拍手を打つ。神を畏れ仏を敬う心にみちていた時代の、豊かな四季の暮らし。明治・大正・昭和を、実母を知らずに、けなげに生きた少女の成長物語。

# 出版社: 講談社 (2010/6/15)
# 言語 日本語
# ISBN-10: 4062162334
# ISBN-13: 978-4062162333
# 発売日: 2010/6/15 
# Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 472位

【目次】
実の母は家に戻らなかった/継っ子は養女に出された/筑波尋常小学校にあがった/柿若葉のころ、村は忙しくなる/秋が深まり、コウシン様の夜がくる/お正月様を迎える/冬、街道をやってくる者たち/雛の節句の哀しい思い出/懐かしい人びと/修学旅行のあとには受験勉強が待っていた〔ほか〕

船曳 由美(フナビキユミ)
1938年東京生まれ。62年東京大学文学部社会学科卒業。平凡社に入社。雑誌「太陽」に創刊時よりかかわり全国各地の民俗、祭礼、伝統行事を取材、後に単行本とする。85年平凡社を退社。86年集英社に入社。99年定年退職後フリー編集者  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 10:03Comments(0)読書メモ・感想文

2010年08月29日

君たちはどう生きるか 吉野 源三郎

日本が戦争に突入した1937年に書かれた本が今なお読み続けられ、ベストセラーになっている。
君たちはどう生きるか 吉野 源三郎著。

著者の問いかけがある意味、すべて。
時代が変わっても響く、普遍的なテーマ。

そこで、最後に、みなさんにおたずねしたいと思います。
君たちは、どう生きるか。

君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

価格:798円(税込、送料別)


# 文庫: 339ページ
# 出版社: 岩波書店 (1982/01) 
# 発売日: 1982/01 
# Amazon.co.jp ランキング:: 本 - 12位  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 00:00Comments(0)読書メモ・感想文

2010年08月23日

不況下でもきっちりと稼げる業種 クラッシュマーケティング

クラッシュ・マーケティング ビジネスの停滞要因=スティッキング・ポイントを破砕
* ジェイ・エイブラハム/金森重樹
* 実業之日本社

目次
今こそ、ライバルに大差をつけるチャンス/ビジネスが停滞する九つの要因
破砕策1─「卓越の戦略」で強力なライバルに打ち勝つ
破砕策2─販売戦略と広告手法を変革して売上をアップさせる
破砕策3─「戦略化、分析、システム化」で安定した業績を得る
破砕策4─時間と行動をマネジメントして戦略的企業となる
破砕策5─効果測定とアライアンスで強靱な収益構造をつくる
破砕策6─リミッターを外し、現状を打破する
破砕策7─「三つのP」で市場における絶対者になる
破砕策8─マーケティングの力を三〇〇%活用して、価値に気づかせる
破砕策9─ジョイントベンチャーでビジネスを最大限に拡大する
景気に関係なく繁栄し続けるには
さあ、今すぐ行動を起こそう!

■マーケティングの定義
「ある市場を構成する人々に、「私たちがあなたの問題を解決し、隙間を埋め、機会や望み、目標を実現します。よそに同じことはできません」と「教える」こと」
クラッシュ・マーケティング

クラッシュ・マーケティング

価格:1,995円(税込、送料別)


■不況下でもきっちりと稼げる業種
1保守・修理・リサイクル・DIYに関連するビジネス
2医療関連のビジネス 
3最低限の衣食住
4現実逃避のビジネス 
5資格ビジネス
6生死に関連するビジネス 
7インフラビジネス 例)電車、電気、ガス、水道
8利は元にありビジネス 
9その他    

Posted by 播磨のいぢ at 19:19Comments(0)読書メモ・感想文

2010年08月04日

社会力を育てる 門脇厚司 (著) 競争教育から協働教育へ

社会力を育てるという、教育にまつわる書籍。
戦後から今に至る、日本の教育論がわかりやすく要約してある。

なかでも個人的に納得がいったのが、
日本の教育の目的が
「産業社会に役立つ人間としてその能力を育てる」ことにあったと指摘された点。
今後は社会力を育て、「個々の人びとの善き生と社会の健全な発展を両立させる教育」へと目標を転換すべきという提言もある。
ゆとり教育も、つめこみ教育も、受験戦争も、学校のランク付けも、学歴社会も・・・
つまるところ、日本経済・国家の産業発展に役にたつ人間に育てることが目的。
役に立つ能力を育てることが目的であったわけだから、
ある意味、現在の日本はその目的を達成したわけだ。
だから経済的成功とお金という価値観が、人生の究極目的となっていたとしても誰が批判できる?
50年以上にわたる、国づくりの成果、集大成がイマ・ココに表れているわけで。
もし今の状況が都合が悪くなっているなら、変えていけばいい。
その目的の変更の先が、健全な社会ならそれもいいと思う。
50年後、また同じように成果と機能不全が待っているはずだから。
社会力を育てる

社会力を育てる

価格:840円(税込、送料別)


序章 なぜ、若い世代の「社会化不全」が進むのか
第1章 教育と子どもの現状をどうみるか
第2章 なぜ、いま社会力なのか
第3章 社会生活を営む能力としての社会力
第4章 急を要する教育目標の転換
第5章 社会力をどう育てるか
終章 互恵的協働社会の実現に向けて

@参考
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn1005/sin_k532.html 
社会力を育てる―新しい「学び」の構想
門脇厚司
〈競争〉の教育から〈協働〉の教育へ 
 今年(2010年)1月、NHKスペシャル「無縁社会」が放映され、話題となりました。社会との絆を失い、孤独に生きる人々の様子が伝えられました。人と人、人と社会をどうつなぐかが、これからの日本の大きな課題になることでしょう。
  

Posted by 播磨のいぢ at 17:46Comments(0)読書メモ・感想文

2010年03月30日

高校野球の女子マネがドラッカーのマネジメントを読んだら

ドラッカーというキーワードを聞いたことがあるでしょうか?
ドラッグ中毒ではないですよ。(×ドラッガー)

ピーター・ドラッカー、オーストリアの経営学者でマネジメントの著作で有名。
社会人になって、組織で働くようになったら
一度くらい聞いたことがある人も多いでしょうし、愛読しているという方も少なくないと思います。

そのドラッカーがいま、またまたブームのようです。

昨年が生誕100周年ということで様々な著作が見直されるきっかけになっていたのですが、
その勢いは2010年に入っても衰えることがなく、
先日などもNHKクローズアップ現代にて特集されておりました。

個人的には「ドラッカー 365の金言」という本を昨年購入し、毎日寝る前に一節黙読するというのが習慣になっています。

そしてさらにお奨めの一冊が。
ドラッカー入門としても、読み物としても楽しめるのが以下の一冊。
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」岩崎夏海著
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 1,680 円


著者の岩崎氏はブログ界でも有名人で、経歴もおもしろい人。
秋元康氏に弟子入りし、「とんねるずのみなさんのおかげです」や、「ダウンタウンのごっつええ感じ」の製作、AKB48のプルデュースにも関わったとか。

だからかもしれないですが、非常に読みやすくて理解しやすい一冊になっております。
2~3時間で一気に読めてしまう感じです。

それでいてドラッカー図書としても優れていて、様々なことばが刺激をくれます。

まぁ内容的にいろいろ突っ込み所もあるのですが、
そこは敢えて触れずに、本編の内容のみを楽しむのが吉かと。

3月29日付けの日経流通新聞でも紹介されていました。

個人的に強烈な印象を抱いたのがこの一文 ↓

マネジャーの仕事は、体系的な分析の対象となる。マネジャーにできなければならないことは、そのほとんどが教わらなくても学ぶことができる。しかし、学ぶことのできない資質、後天的に獲得することのできない資質、始めから身につけていなければならない資質が、一つだけある。才能ではない。真摯さである。

才能ではない、真摯さ。
では真摯さとは何だろうか。
そう思ってしまった人は是非書店へGo
あるいはアマゾン、楽天でクリック。

@参考
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=2864
2010年 3月17日(水) 放送 
NHK クローズアップ現代 よみがえる“経営の神様”ドラッカー

★こちらで立ち読みOK
http://www1.e-hon.ne.jp/content/photo_9784478012031_01.html
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎夏海/著 

@過去ブログ
http://lohas.tenkomori.tv/e132775.html
2009年11月10日 ドラッカー本購入 ほぼ日刊イトイ新聞で糸井重里×上田惇生

http://www.1101.com/drucker/index.html
ほぼ日刊イトイ新聞 - はじめてのドラッカー
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 18:00Comments(1)読書メモ・感想文

2010年03月28日

鈴木みそ「限界集落温泉」が面白い 崖っぷちの人間は必読?

鈴木みそ「限界集落温泉」が面白い。
某ブログで紹介されていたもので、試しに購入して読んでみた。

帯にホリエモン絶賛とか書いてあったので微妙かと思ったが
中途半端な萌え系コミックでは味わえない読後感がある。

あらすじは田舎の古びた温泉旅館を再興させるためにいろいろ手を打っていくという流れ。
登場人物が等身大でリアルなのが特徴。
皆、不況下の日本で追い込まれて、崖っぷちの人間ばかり。

現実を知っているからこそ、あきらめざるをえないことが多い世の中。

漫画だから、ファンタジー的要素が多いけれども
そんなに全部うまくいくわけないって思うけれども
自分も最後、もうちょっとだけ悪あがきしてみようって気持ちが湧いてくる作品。

地方零細の中小企業の方におすすめの漫画です。



限界集落温泉(1)鈴木みそ
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 17:33Comments(0)読書メモ・感想文

2010年03月08日

自分探しと人生の価値について →博多大吉 年齢学序説

最近自分が本を読むきっかけのほとんどは
ネット上での評判を参考にしている。
ネット上、特にブログで紹介されている文章に影響されて
本の購入の後押しをしてもらっている場合が多い。

今回購入したのはお笑い芸人、博多大吉の『年齢学序説』。

昨年頃よりアメトーーク等で面白さを発見された
「児玉清のモノマネをする方じゃない方」の博多大吉(38)。
彼の中学生時代のエピソードやプロレスに対する情熱、
どこかクールだけど他とは違う切り口と語り口。
注目している視聴者も多くなってきているはず。

そんな彼がデビュー20年の節目で出した本がこれまた話題になっている。
ある意味最高のタイミングでの発売であったと思う。

この本の見所はやはり最終章の「経験としての26歳」。
本人が経験した苦労話はやはり心に響く。

特に強烈なのは芸人博多大吉が駆け出しの頃に経験した一連のエピソード。
現状打破をしなければならないと打開策を話し合った結果出た結論が
「僕がいなくなる」ということだった。
これは強烈な一言だ。
自分がいなくなった方が、コンビとしての価値が上がると判断するという苦しみ。

ここから始まる博多大吉の歩み方というのは感動と共感の嵐。

自分のことを「地味で特徴が無く芸人として致命的」と思っていた人間が、
空回りしながらも、もがき苦しむ中で芸人としての自我に目覚めていく様は
誰もが共感できるのではないだろうか。

今まさに「自分探し」に苦しんでいる人に是非おすすめしたい逸品だと思う。
人生は幸福であることよりも幸福であろうと努力し続けることに価値があると思わされる。

年齢学序説Amazon.co.jp ランキング: 本 - 700位
発売日: 2010/2/20
選ばれし者は26歳の時に時代を掴む!?芸人、アスリート、歌手、漫画家、格闘家、アニメ主人公…ありとあらゆるジャンルを調べ尽くして発見した、「年齢に隠された成功の秘密」とは。

  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 19:19Comments(0)読書メモ・感想文

2010年01月29日

自分ごとだと人は動く 情報スルーされる時代のマーケティング

『「自分ごと」だと人は動く』
今日の日経流通新聞の身につく読書のコーナーで紹介されていた。
ものが売れない時代にいかに売るか。
頭を悩ますこの課題に、消費者像を再定義し、
販促を請け負う大手広告代理店として回答に迫ったのがこの著作
、という紹介。


→ 「自分ごと」だと人は動く 1,575 円  楽天ブックス

日頃から他人事だと感じていることだとまったく頭に入らなくて、
自分のことだと感覚が違うのはなぜだろうという意識があった。
何がきっかけで、どんな条件でヒトゴトはジブンゴトに変わるのだろう。
無関係だったものが、関係あるものに変わる瞬間に注目してみたい。

博報堂アレルギーもあるし、
1500円という価格でどれだけ価値があるか分からないけど、
買って読んでみようと思う。
最近、消費者を生活者と置き換えて考えるように言われていたので、ちょうどよい。


@参考資料
http://www.hakuhodo.co.jp/book/pdf/20091127.pdf
「自分ごと」だと人は動く 情報がスルーされる時代のマーケティング
広告も効かなくなってきた。それは、消費者が情報をスルーするようになったからだ。膨大な情報を前に、人々は情報を無視する術を見につけた。そんな中で、企業のメッセージを届けるキーワードは、「自分ごと」。99%の情報は消費者にとって他人ごと。逆に自分化された情報の伝播力は破壊的となる。

【博報堂DYグループエンゲージメント研究会】
博報堂DYホールディングス、博報堂、大広、読売広告社、博報堂DYメディアパートナーズの5社からなる、次世代型コミュニケーションを開発する企業グループ内プロジェクト。
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 14:03Comments(0)読書メモ・感想文

2009年12月22日

35歳を救え なぜ10年前の35歳より年収が200万円も低い

35歳問題ってご存知ですか?

35歳というのは団塊ジュニア世代で団塊世代に次ぐ人口構成比を誇る。

その35歳がピンチだと。
20年後の日本の行方を左右する35歳世代をなんとかしないといかんと。

続々と35歳世代の危機感を煽る本が出版され、「35歳本」というジャンルも出来上がってしまった。

我々はそこに書かれる夢も希望もない現実と未来に打ちひしがれながらも、
そんな最底辺な状況よりは少しはましだ・・・と自分を慰めるために35歳本を読んでしまう・・・

まだまだ35歳の危機は煽られ続けるだろうけど、
実際問題30歳だって、40歳だって壁にぶつかっている人はみな苦しいのだけれど。


“35歳”を救え なぜ10年前の35歳より年収が200万円も低いのか
日本放送協会 /三菱総合研究所 阪急コミュニケーションズ

収入が伸びない、仕事が見つからない、結婚できない、子どもを持てない…「35歳問題」に苦しむ団塊ジュニアを救わなければニッポンは崩壊する!大反響を呼んだ「NHKスペシャル」に紹介しきれなかった内容を大幅追加。
【目次】 
第1章 なぜ“35歳”なのか(“35歳”が20年後の日本を左右する)/第2章 35歳の現実(崩れ始めた“普通”の暮らし/主婦が働いても家計を支えられない/高まる転職率と未婚化/抜け出せないパラサイト/非正規雇用の固定化と壊れる心/地域崩壊と次世代への影響)/第3章 35歳問題への取り組み(積極的雇用政策で「人への投資」を/子育て世代に優しい生活支援/企業が支える家庭と両立する働き方)/第4章 「あすの日本」を築くために(35歳問題の原因と外国の方策/提言1 日本版・積極的雇用政策/提言2 安心して子を育てるための生活支援策)

@参考ソース
http://diamond.jp/series/brandnew/10242/
混迷極める日本社会の象徴?「35歳本」が続々登場する理由

http://www.nhk.or.jp/asupro/koyou/koyou_01.html
NHKあすの日本|雇用再生|“35歳”を救え あすの日本 未来からの提言 [1]


  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 09:45Comments(1)読書メモ・感想文

2009年12月14日

あなたは右脳派、左脳派?ハーマンモデルで利き脳テスト


利き脳って聞いたことありますか?
利き腕、利き手のように、人間の脳にも利き脳があるらしい。
人間の脳には右脳と左脳があるといわれますが、人によってより力の発揮しやすい脳があるという。

さらに脳を左右だけでなく上下にも分断して分析する手法もあるとか。
大脳新皮質と辺縁系といった脳の発達の歴史によって左右2分割から上下左右4分割へ。

その4分割の名称を、左大脳新皮質/左辺縁系/右大脳新皮質/右辺縁系と呼び、診断テストを受けて自分の利き脳を判断する・・・(ハーマンモデル)

整理すると、脳の4分割とは・・・

A:左大脳新皮質
B:左辺縁系
C:右大脳新皮質
D:右辺縁系

それぞれの特徴は・・・

A:左大脳新皮質:論理的、分析的、事実重視、数量的
B:左辺縁系:保守的、計画的、管理的
C:右大脳新皮質:直感的、感性、統合的
D:右辺縁系:対人的、感覚的、精神的、友好的、感情的

その脳の特徴をもった人に最適な職業とは・・・

A:左大脳新皮質:化学者、数学者、技術者、財務系管理職
B:左辺縁系:プランナー、組織管理、会計、管理マネージャー
C:右大脳新皮質:起業家、コンサルタント、芸術家
D:右辺縁系:牧師、カウンセラー、教師、営業マン


こういった分析は単なる占いと違って、自分で自分の傾向を自覚し
チームのメンバーの傾向も認識することでコミュニケーションのとり方が円滑になったりするとのこと。
ネット上には簡易診断のホームページもあったので興味があれば
自分の脳はどういった傾向にあるのかチェックしてみたり
自分の組織のメンバーの脳の傾向をチェックして
どのような脳メンバー構成になっているのか調べてみるといい。
(偏った脳傾向よりも役割分担で4つの脳傾向がうまく調和していると成果がでやすいとか)

@参考
ハーマンモデル 簡易診断
http://guest.sakura.ne.jp/harman.html

ハーマンモデル 公式サイト
http://www.herrmann.co.jp/

↓参考図書

→脳にいい人間関係をつくりなさい 「利き脳」の法則

第1章 人の好き嫌いは、脳の相性で決まる!/第2章 あなたの利き脳が、判定問題で瞬時に分かる!/第3章 あなたの脳タイプは?A、B、C、Dタイプの特徴/第4章 組み合わせタイプと全脳タイプ/第5章 異なる脳タイプの人は、こうして動かせ!/第6章 チームコミュニケーションで組織力の最大化/第7章 どうしても苦手な人と賢く付き合う方法/第8章 上司と部下の実践コミュニケーション術/第9章 あなたの脳タイプに向いている職業はこれだ!/第10章 恋愛、夫婦生活が上手くいく実践活用法/第11章 気になる他人の判定問題   続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 10:34Comments(0)読書メモ・感想文

2009年11月26日

自分自身の事業仕分け「35歳からのリアル 人生戦略会議」

世間では民主党政権による事業仕分けがさかんに報道されていますが、
大阪府の橋本知事も大阪府内の事業仕分けに挑戦しようとしているとのことです。


こんなご時世、そろそろ自分自身の事業仕分けが必要かもしれない・・・と思わされます。

限られた予算と限られた時間、限られた労力の中で
今後どのような人生の戦略を立てて、個人として生きていくのか。

30代になるといろいろ悩みだすものです。

20代の頃の悩みというのは自分自身の内面に対する内省がほとんどだったのですが、
30代になると、自分自身と他人や社会との関係について悩んだりします。

そんなとき参考になるのが、35歳からのリアルという本。


何をあきらめ、何を手にするのか。
何かを選択するということは、それ以外のものをあきらめるということ・・・・


以前に当ブログにも掲載しましたが、
人生アキラメが肝心です。
なにを手にして何をすてるのか。はっきり明らかにしていくことこそが重要に。
その基準になるような戦略があればなお心強い。


※人生の戦略会議と聞くと、どうしても藤子・F・不二雄の自分会議を思い出してしまう・・・

  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 11:17Comments(1)読書メモ・感想文

2009年11月19日

平林都の接遇道 エチカの鏡で話題の激怒する美人接遇講師

接遇ってご存知ですか?
接客が必要な仕事で以前から重要視しているキーワードのようで、
接客のスキルを挙げることで、最終的に利益を上げようという方向性。

その接遇講師がテレビで紹介され、かなり話題に。

美人接遇講師、平林都といえば、ネット検索でもかなりヒットする。
ウィキペディアによれば、神戸在住で兵庫県の信用金庫で勤めていたことも。

なんらかのきっかけで、平林先生の接遇をレクチャーしてもらう機会があるかも。


平林都の接遇道 (単行本(ソフトカバー))
平林 都 (著)
# 出版社: 大和書房 (2009/11/20)
# ISBN-10: 4479792813
# ISBN-13: 978-4479792819
# 発売日: 2009/11/20
# Amazon.co.jp ランキング: 本 - 1,244位

フジテレビ「エチカの鏡」で大反響だった接遇の鬼講師、平林都さんの接遇本が発売決定!
「笑顔は声を出さずに歯を出す!」「人と違う挨拶をしろ!」…「エチカの鏡」で話題沸騰、伝説のマナー講師が生き方を叩き込む!   続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 10:56Comments(0)読書メモ・感想文

2009年11月16日

このライトノベルがすごい2010の1位はバカとテストと召喚獣

11月21日に発売される『このライトノベルがすごい! 2010』
第1位が井上堅二『バカとテストと召喚獣』であることが判明。


これまで『このライトノベルがすごい! 』では、
2005年に涼宮ハルヒの憂鬱、
2006年に戯れ言シリーズ(西尾維新)、
2007年に狼と香辛料、
2008年にフルメタル・パニック!、
2009年に"文学少女"シリーズが1位を獲得している。   

Posted by 播磨のいぢ at 00:00Comments(0)読書メモ・感想文

2009年11月10日

ドラッカー本購入 ほぼ日刊イトイ新聞で糸井重里×上田惇生

ほぼ日刊イトイ新聞がいま面白い。
今週は毒舌+あだ名で再ブレークを果たした、有吉弘行と糸井重里の対談。
先週はアメトーークの加地プロデューサーと糸井重里の対談。
チョイスが旬すぎる。

毎日更新されるのが楽しみなサイトだ。

そんななかで、過去の対談で気になったのが「はじめてのドラッカー」。

これまで経営関連のキーワードとして耳にしていたけれども
直接書籍を呼んだことはなかった。

●ほぼ日刊イトイ新聞 - はじめてのドラッカー
http://www.1101.com/drucker/index.html


そこで繰り広げられる、糸井重里×上田 惇生の対談が初心者にも面白く
思わずアマゾンでドラッカー入門書を注文してしまったほどだ。

※ちなみにチョイスしたのは「ドラッカー 365の金言」


アマゾンで一番売れていたようだし、ほぼ日のなかでも取り上げられていたので。
ちと値段がはりましたが思い切って。
新しい出会いや気づきがあることを期待して。


毎日いろいろなサイトをチェックしているけど、
思わぬ発見や、芋づる方式で欲しいものが出てくるのは楽しい。
とあるキーワードをきっかけにどんどん穴を深堀していくような感じ。
ネットチェックの醍醐味だ。

※ちなみに本を注文するときが最高潮で、本が届いた頃には興味が萎えているときも多々。
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 09:30Comments(0)読書メモ・感想文

2009年11月09日

ネットビジネスの終わり 切込隊長こと山本一郎のウェブ終末論

「で?あんたはどうすんの」
読後の第一感想はコレ。

何せタイトルが刺激的だったから思わず手にとってしまったけど。

あとがき部分で、「不確定な世界を生きるために 」と称して以下のような文章が。

将来のことなど誰にも分からないのだから、世界から尊敬され一目を置かれる国として引き続き日本が立っていられるよう、意志を持って行動するしかない。

要するに、今後どうなるかなんて誰にも分からないから、
皆それぞれ意思をもってがんばれってエール?を送っていただいて。

「で?あんたはどうすんの」
単なる評論家?投資家?
自分では何もしないの?

ネットビジネスの終わりに、不確定な世界を生きるあなたはこれからどうするの?

そこ重要。
そこが抜けてる。

そこが空欄のままでネットビジネスの終わりは謳えないし、終わりからの始まりもイメージできない。

イマ、本気でネットビジネスやってないんじゃない?
ビジネスは終わったからエコノミーを始めるって?

もちろん別の読み方もあって、いいんだろうけど。
ネットビジネスって観点から考えると(自分にとっては)足りなさすぎだった。

ネットビジネスの終わり (Voice select) (新書)
山本 一郎 (著)
新品2点¥ 1,000より 中古商品4点¥ 800より
# 新書: 189ページ
# 出版社: PHP研究所 (2009/10/22)
# ISBN-10: 4569771785
# ISBN-13: 978-4569771786
# 発売日: 2009/10/22 
# Amazon.co.jp ランキング: 本 - 683位
   続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 16:00Comments(0)読書メモ・感想文

2009年10月27日

幸福の方程式 新しい消費のカタチを探る 山田昌弘著 

パラサイトシングル、格差社会、婚活等のキーワードを世に広めた社会会社・山田昌弘氏と電通チームハピネスが新しい幸福の形と消費活動についてまとめた書籍を出した。
その名も「幸福の方程式」。

物質的な豊かさを超えた幸福はありえるのか、そのときの消費や産業はどうなるのか。

本の帯には、「高齢化と人口減少のダブルショックを乗り越えなければならない不安社会に現実的なプラス思考で展望を与えてくれる。明るい生涯現役社会の姿を実感できる一書」と紹介されている。

気になる消費のキーワードが盛りだくさんで、示唆に富んでいる。
しかし幸福の方程式を理解したとして、我々に何ができるのだろう。
で、自分はいったい何がしたいのだろう。
幸福の方程式を用いた、人生のストーリーが必要。


『幸福の方程式 新しい消費のカタチを探る』
(山田昌弘+電通チームハピネス著、 ディスカバー・トゥエンティワン)

●特に興味が引かれた箇所
P124~ 揺れが消費を創造する
・自分を極める物語・・・はまるという消費
・オタク=消費の天才
・オタクの特徴=自分で常に課題を見つけだしてそれに対する答えを得ようと努力していること
・天才とは努力する才能だとすれば、オタクは消費の天才
・一般の人には停滞していて閉塞感がある社会であっても、特殊な能力を持つ人には心の底から共有できる世界が今も躍動している
・はまる人々(オタク)は一般人では気が付かない文脈を創造して、社会の中で価値のあるものを増やしてくれているのです。



●気になるキーワード
・幸福サポート産業
・クルマに代わる現代の幸福を約束する商品ってなんだろう。
・新しい消費の物語
①自分を極めるという物語・・・個人-個人の内的感覚
②社会に貢献するという物語・・・個人-社会の関係
③人間関係のなかにある物語・・・個人-個人の関係


・『幸せの物語』の5つの要素 ペンタゴン
①自尊心
②承認
③時間密度:充実感みたいなもの
④裁量の自由:自由になる時間
⑤手ごたえ感覚:適切な難易度の課題  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 19:25Comments(0)読書メモ・感想文

2009年07月24日

社員のモチベーションは上げるな 宋文洲

とっても刺激的なタイトル。

「社員のモチベーションは上げるな」

テレビでもおなじみの宋文洲さんの著。

モチベーションアップのことばかり考えていたんだけれども
逆説的に社員のモチベーションは上げるなという切り口。

これは秀逸。
他人に自分のやる気まで管理させて成功を期待するなんて確かに甘えそのもの。
渇きこそはモチベーションの源泉というのも正鵠を得ている。
自分の渇きに注意深くし、自ら行動を起こす。これしかない。


上司に部下のモチベーションは上げられない、「ホウレンソウ」の徹底が責任転嫁を生む…。やる気にこだわる会社ほど業績が悪いことを実感してきた著者が、やる気がなくても成果を出す人の秘密に迫る。

www.soubunshu.com/ 宋文洲のメルマガの読者広場

会社にモチベーションをあげてもらいたい社員は漏れずに甘い社員であると、私は断言できます。社員のモチベーションを上げようとするマネージャーは漏れずに甘い管理職であると、私は言い切れます。

やる気の差まで人様に埋めてもらいたくなる

やる気がない人がいるからこそ、やる気のある人に成功のチャンスが残るのです。モチベーションを会社に上げてもらいたいと思うことは、会社に人生の成功をさせてもらいたいと考えること、自分の恋愛を他人に代行させることと一緒です。

公正にチャンスを与え、成果をあげた人をきちんと評価する。
やる気があっても要領を得ていない人に丁寧に指導する。これがマネージャーの王道

渇きこそはモチベーションの源泉です。
他人に与えられるのではなく自分で感じ取るものです。
生きていれば必ず渇く時があります。
他人にモチベーションを上げてもらうと考えた瞬間にモチベーションの火花があなたの心から消え去ります。



*****************
モチベーションが上がりやすくなる環境は作れても直接他人のモチベーションを操作することはできない
★他のブログでの反応★

 ttp://soft-mainte.blogspot.com/2009/07/blog-post_24.html 
環境(周囲)はモチベーションに関係ない。と言ったところには、素直に頷け
ません。

 ttp://www.contact.co.jp/blog/index.php?/archives/1234-unknown.html
概ね同意ですけど、それでもメンバーのモチベーションを引き上げる環境作りの上手い企業・組織というものも存在します。 
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 11:01Comments(0)読書メモ・感想文

2009年07月24日

30代で差をつける人生戦略ノート →全部やめてみる

30代になっていろいろ見直さなければならないことが山盛り。
20代のころはとにかく目の前のことに夢中で、没入してあえて何も考えないようにしていた。
それが結果的によかったのか悪かったのか分からない。どちらともいえる。
しかし重要なのは今がどうであるかで。
今の自分が意欲的に今後の人生戦略を描けなかったら楽しくなってこないでしょう。



「自分しかできない仕事以外は全部やめてみる。何も残らなければ、付加価値の高い仕事をしていない」


30代で差をつける人生戦略ノートの中で一番心に響くキーワード。



現状自分にしか出来ない仕事ってやつがみつかっていない・・・

全部やめてみて、カラッポになってそれからどうすればいいかが分からない。

自分にしかできない仕事ってなんだろうか。

それが見つかればほとんど解決したも同然だ。


あと気になるキーワード:意欲のポータビリティ
→持ち運びできる、どこでも通用する意欲とは・・・どんな仕事でもどんな場所でもどんな時でもどんな立場でも意欲的に自ら動けるということだろうか。


@参考
売れ筋ビジネス書で探る若手ビジネスパーソンの意識(ダイヤモンド・オンライン)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090724-00000001-diamond-bus_all  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 09:53Comments(0)読書メモ・感想文

2009年07月21日

ビジネス勝負脳 林成之 ~脳の本能的3大欲求 仲間になりたい

北京オリンピックの競泳日本代表チームに招かれ、「勝つための脳」=勝負脳を伝授し、
北島を金メダルに導いたといわれる林成之・日大大学院教授の本を読んでみた。

特徴的だったのは、脳の本能的3大欲求を
* 生きたい
* 知りたい
* 仲間になりたい
とし、「あたかも人間の脳の仕組みを広げたような社会が理想の姿 」よいう言葉が印象的だった。
理想の姿=脳の本能に従う、ということで
脳の生きたい、知りたい、仲間になりたいという欲求に逆らうようなやり方は長続きしないと。
その他後天的にカリスマ性を身に付ける方法や、えこひいきのすすめ、企画書は4日後に見直せ、などが面白かった。

ビジネス<勝負脳> (ベスト新書) (新書) 林 成之 (著)
発売日: 2009/1/31 
Amazon.co.jp ランキング: 本 - 934位   続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 12:21Comments(0)読書メモ・感想文

2009年06月15日

買いました@商業界7月号、経済界6.23号 Eコマース特集

厳しいこの時代、ネット通販業界も例外ではありません。
これまでの検索エンジン上位表示されていれば売れる時代から、
流通大手との競争の時代になりました。

真っ向から対決しても勝ち目はないですが、敵の弱点を知ることは必要。
ですから小売業の経験がなくても、
最低限の流通業の常識・他業種の動向を知っておくことは
マイナスではないと思うのです。

今回購入した商業界7月号ではネット問屋のスーパー仕入れ術というタイトルに惹かれて購入を決意。
経済界6.23号は巣ごもり消費を背景にリアルを圧倒するeコマースという特集じっくり読みたかったので初購入。

短期的な売上、利益だけではなく数年先も見据えた取り組みで
インターネット市場に自分の居場所を見つけることができればと。



→ 商業界 2009年 07月号 [雑誌] 1,070 円

商業・流通業者のための総合経営誌
特集 お金との絆が生む7つの利益ー安売りと無縁の経営体質を手に入れる/「やり抜く力」で不況に勝つ!店長の目標達成術/語り継がれる!感動のサービス
http://www.shogyokai.co.jp/shogyokai/shosai/index.php
お客との絆は次の7つのメリットを生み出します。
1.顧客流出率が改善される
2.顧客1人当たりの年間購入金額が伸びる
3.成約率が上がる
4.次に何を売ればよいのか分かるようになる
5.値引きしなくても売れるようになる
6.紹介・クチコミ客が増える
7.仕事が楽しくなる 

【新連載】小さなお店のスーパー仕入れ術
ネット問屋活用最前線[第1回]小売店編 ドロップボウル 
・新フランチャイズの旗手たち 



→ 経済界 2009年 6/23号 [雑誌] 600 円
特集 巣ごもり消費を背景にーリアルを圧倒するeコマース/NEWS REPORTー自らの辞任カードを盾に日本郵政社長・西川善文の更迭を迫る鳩山総務相の執念/携帯電話夏の陣!ードコモ・SB“挑発”に乗らないKDDIの秘策

http://www.keizaikai.co.jp/2009-6-23.html
○リアル店も続々参入する コマースの生き残りの条件
○新たな商流“ネットスーパー”セブン&アイHDの挑戦
○簡単、便利、低価格を武器に消費者ニーズをわしづかみにしたケンコーコム
○テレビ通販の雄が“メディアミックス”で急成長ジャパネットたかた社長 高田明の進化論
○「景気は悪くない」楽天市場の快進撃で、三木谷浩史社長の強気戦略
○プレー予約や用具までゴルファーが求めるものをワンストップで提供するゴルフダイジェスト・オンライン
○有機野菜などの宅配から食卓のトータルサービスへの飛躍を目指すオイシックス
○ 「ビリーズブートキャンプ」で一世を風靡した通販の旗手がドコモの子会社となって狙う次の獲物 オークローンマーケティング ハリー・A・ヒル社長  

Posted by 播磨のいぢ at 13:18Comments(0)読書メモ・感想文

2009年06月12日

小さな会社・儲けのルール ランチェスター経営7つの成功戦略

最近はちらほらと本を読むことが多くなりまして、
いかに地方で弱小の会社(人間)でも、この時代を生き残っていけるのかについて考えることが多いです。

そんな時に最適なのが弱者の戦略という考え方。
弱者の戦略=差別化戦略といえると思うのですが、
思えばこれまでは自分達が大手ではないのに強者の戦略をとっていたなぁ、と反省。
(よせばいいのに、ロングテールとかいって10万点掲載しようとしたり・・・)

まずは一点突破、ニッチ部門で1位になる。
そして1位の部門を広げていく。

この考え方に修正したいと思います。


いまさらですが、まだ間に合うでしょうか?


★弱者の戦略を知る上で参考になる本

→小さな会社・儲けのルール 1,470 円


→ 弱者の戦略 1,365 円 人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則



考えてみたらプロ野球界でも野村監督などは弱者の戦略をうまく活用している人ですね。
選手の力が低い状況ほど力を発揮する・・・

  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 12:13Comments(2)読書メモ・感想文

2009年05月20日

エコがお金を生む経営 ゲイリー・ハーシュバーグ 上原裕美子



本書で著者は、環境経営で年商3億ドルのビジネスを成功させた手法を説明し、他社も同じように成功できると、その方法を提示している。
▼環境フットプリントの計測と削減を実施し、ゴミと容器包装を減らし、廃棄物をエネルギーに転用し、ロイヤルティ厚く持続可能なサプライ・チェーンとの関係性を構築するといった取り組みで環境にやさしい事業を行なえば、企業にとっては長期的な経費節減になる。それらは結果的に広告費の削減にもつながるのだ。
▼著者はさらにパタゴニア、クリフバー、ウォルマート、ティンバーランドなど他社の豊富な事例も紹介。いずれも、環境優良企業になれば費用効率上昇と利益獲得につながることを理解した企業である。
▼本書は経営者、管理者にとって刺激あふれる一冊であるのはもちろん、エコに関心を持つあらゆる読者にうってつけである。これから企業はどのようにエコに取り組めばいいのか、まさに環境経営の最良の教科書である。


 
企業は優れた利益と顧客満足を達成しつつ、地球を救うために何を行なえるか。そして私たち消費者は、意識的な消費活動を通じて企業の環境対策を支持することで、どれほど大きなパワーを発揮できるのか。本書は、それらの方法を具体的に示してくれる。

【目次】 
第1章 「ナチュラル」な利益/第2章 地球にやさしいミッション/第3章 CO2からCOゼロへ/第4章 消費者と手を結ぶ/第5章 オーガニックで「美味しい」革命/第6章 魔法のゴミ捨て場なんてない/第7章 「地球をはぐくむひとびと」をはぐくむ/第8章 二十年後の世界

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ハーシュバーグ,ゲイリー(Hirshberg,Gary)
世界最大のオーガニック・ヨーグルトメーカー、ストウニーフィールド・ファームのCEOならぬ「CE‐Yo」。環境に対する積極的な取り組みを続けており、6つの名誉博士号および数々の賞を受賞している。ニューハンプシャー州に住んでいる

上原裕美子(ウエハラユミコ)
1976年生まれ、筑波大学第二学群比較文化学類卒。東京在住   続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 19:19Comments(0)読書メモ・感想文

2009年05月18日

ウェブはバカと暇人のもの  中川淳一郎 (著)

痛快なタイトルの書籍が発売されました。
その名もズバリ、「ウェブはバカと暇人のもの 」。
ここまで明快に明確にWEBを批判したタイトルの本はなかったのではないでしょうか。

ネット利用者が増えるにつれ、ネットが当たり前になってきて
皆、ウスウス感じていた感覚・・・・それがこの一冊が表しているのかもしれません。

タイトルがズバリなので、ネット上での評判も賛否両論。

梅田望夫氏の「ウェブ進化論」の真逆に位置するという指摘も。裏ウェブ進化論とも。
所詮ネットなのか、たかがネットなのか・・・されどネットなのか。

ネットは単に情報の量を増やしただけで、かえって時間と手間が増えたという感覚は私にもあります。
その一方で、もはやネットなしの生活は考えられないところまできている・・・・


ネット=人間に置き換えて考えてみればいい。
所詮人間なんてものは・・・いや、それでも人間ってやつは・・・・と考えるとなにやら深くて真理を追究しているような感じに。

人間に対して絶望しようが、現実を直視しようが、希望を抱こうが・・・・それは自由であると。
よって、ネットに絶望したり、希望を抱いたり、幻想を抱くのさえ自由であると言える。
そう、我々は自由を手に入れたわけだ。
自由であるが故に何をしていいか分からない。

幸福の対義語は不幸ではない、退屈である・・・・
その退屈しのぎにウェブが最適なのもまた真実。

本著の結論。
『ネットはあなたの人生をなにも変えない 』・・・・・当たり前っちゃあ当たり前。
だってすでにネットは私の人生の一部だから。

最後に、「ウェブ進化論」批判としての「ウェブはバカと暇人のもの」について私なりの批判を。

ネットは所詮ネット。けれども、ネットを使って人生を変えることはできる。
それだけは言っておこう。


「ウェブはバカと暇人のもの 」の著者、中川淳一郎氏は敢えてスリリングなタイトルをつけることで読者を刺激し、うまく話題性をつくり売上アップにつなげた・・・
非常にうまいやり方だと思う。


→ ウェブはバカと暇人のもの 798 円 楽天ブックス
どいつもこいつもミクシィ、ブログ。
インターネットは普及しすぎて、いまやバカの暇潰し道具だ。
みんなが言いたかった真実を、ニュースサイトの編集者が大放言! ネット界大顰蹙!?
# 新書: 248ページ
# 出版社: 光文社 (2009/4/17)
# ISBN-10: 4334035027
# ISBN-13: 978-4334035020
# 発売日: 2009/4/17
# 商品の寸法: 17.2 x 10.6 x 1.6 cm
# Amazon.co.jp ランキング: 本 - 97位

――本書では、「頭の良い人」ではなく、「普通の人」「バカ」がインターネットをどう利用しているのか? 
リアルな現実を、現場の視点から描写する。

目次
はじめに バカを無視する「ネット万能論」
第1章 ネットのヘビーユーザーは、やはり「暇人」
第2章 現場で学んだ「ネットユーザーとのつきあい方」 
第3章 ネットで流行るのは結局「テレビネタ」
第4章 企業はネットに期待しすぎるな
第5章 ネットはあなたの人生をなにも変えない

@参考ニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1242201698657.html
ネット界への挑戦状!? 『ウェブはバカと暇人のもの』
担当編集者さんいわく、この本でいちばん伝えたかったことは「ネットとの距離のとり方」だという。ネットのすばらしさや可能性を決して否定しているわけではないが、「ネットなら何か新しくておもしろいことができるはず!」という過度な期待は幻想で、「ま、その程度のものなんですよ」ということがテーマとなっているのだとか。  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 13:40Comments(4)読書メモ・感想文

2009年05月15日

ミーハー、オタク、ヤンキーの対比で分かる、ヤンキー型消費

個人的に●●消費という言葉に弱くて。
消費とは人間の欲求を満たすために生産物を消耗することだけれども、
そもそも何かを生産するということは消費されるためにすることだから、
生産と消費はまるで呼吸のようにワンセット。

何かを作って、何かを売って、何かを消費するというサイクルこそが
人間の生活や文化そのものだとも言える。

もしそうなら、今の時代を象徴する消費活動とはなんだろうか。


昨年は巣篭もり消費という言葉で評されていたけれども。

そんな風に考えていたら、ひとつ面白い記事に出会った。

本日の日経流通新聞 http://www.nikkei.co.jp/mj/ にヤンキー経済の台頭というコラムがあった。
故ナンシー関さんが「日本人の気質はミーハー、オタク、ヤンキーの3つに分類できる」と指摘したそうで、ミーハー、オタク、ヤンキーの対比によって今の日本の消費活動が見えてくると。
---------------------------------------------
分類    ミーハー         オタク            ヤンキー
原型    スター追っかけ     科学少年          不良
種族     エリート、映像関係   学者、職人、編集者   善良な小市民
メディア   テレビ          パソコン           ケータイ
時代    1960~80       1983~ゼロ年代前半   2007年以降
視線の先  上か下          自分             周囲
価値観   上昇志向、有名志向  自分らしさ          人の和
消費     多極高額         一点高額         多極安価
ヒット    有名人、舶来品      スペック、テイスト     近くにあるもの
生息場所  都市近郊         都心            地方、下町
------------------------------------------------------
この分類をみていると完全に私はオタク層に分類される。
視線の先に自分しかないというのが面白い。
ヒットのキーワードがスペックというのも。
ヤンキーが善良なる小市民かどうかは別として、日本人文化はミーハー・オタク・ヤンキーの3分類というのは頷ける分析である。
上を見て、下を見て、自分を見て・・・そして周りを見渡して。
その後どうするのか。同じことの繰り返しなのか。
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 13:50Comments(0)読書メモ・感想文

2009年05月14日

働き方 「なぜ働くのか」「いかに働くのか」稲盛和夫

働くということはいったい何なんでしょうか。

私自身、大学を卒業して企業に就職するとき、自分が何のために働くのかさっぱり分かりませんでした。
しかし、働かなくちゃいけないことは分かってる、何のために働くのかをはっきりさせるためにも懸命にはたらいてやろうと思い見知らぬ業界の見知らぬ企業に飛び込みました。

具体的な夢や目標があるわけでもないけれど、
自分が夢中になれるような夢や希望をみつけるために今を懸命にやるしかない。

そうやって24時間×365日×3年間がんばってみました。
すると、入社前には見えてこなかったことが見え、ぶつからなかった壁にぶつかり、その壁を越えることが目標になりました。

ただ、その後が続かなくなった。走り続けるにも疲れてしまった。

今回紹介する稲盛和夫氏の「働き方」という本にも、
いつも100メートル競走のつもりで走れ、とあるが・・・・フルマラソンを100メートル走のつもりで走っていたら死んでしまう・・・という見方もあるかなと。

心と体をしっかり休めて、また働くためのエネルギーが充填されたら、
もう一度初心を思い返して、何のために働くのだろうという問いからはじめたいと思う。


⇒ 働き方 1,470 円 楽天ブックス

現代における「最高の働き方」とは?
ベストセラー『生き方』『稲盛和夫の実学』の著者による、待望の書下ろし新刊!
「なぜ働くのか」「いかに働くのか」──混迷の時代だからこそ、あえて「労働が人生にもたらす、素晴らしい可能性」を問いかける!
「人生において価値あるものを手に入れる法」、「平凡な人を非凡な人に変えるもの」、そして「成功に至るための実学」──。


以下、本著より気になった言葉抜粋。

今の自分の仕事にもっと前向きに、
できれば無我夢中になるまで打ち込んでみてください。
そうすれば必ず、苦難や挫折を克服することが出来るばかりか、
想像もしなかったような、新しい未来が開けてくるはずです。



充実した人生を送るには、好きな仕事をするか、仕事を好きになるかのどちらかしかないのです。

製品を抱いて寝たいという思い
心と身体ごと、仕事の中に投げ入れてしまうほど、仕事を好きになってしまう
いわば仕事と心中するくらいの深い愛情を持って働いてみないと、仕事の真髄をつかむことはできません。


不燃性の人は会社にいてもらわなくても結構だ。私が近づかなくても勝手に燃えてくれる自燃性の人であってほしい。少なくとも燃えている私が近づけば一緒になって燃える可燃性の人でなくてはならない。

足元だけを見ることにしました。
つまり、今日の目標は、今日必ずやり遂げることを誓い、仕事の成果や進捗を一日の単位で区切り、それを確実にやり遂げていく
1日のうちに最低限、一歩だけは前に出よう。今日は昨日より1センチだけでも前に進もう

 

考えに考え抜き、シミュレーションを繰り返していたから、未来さえ見えるようになった  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 14:21Comments(5)読書メモ・感想文

2009年04月20日

ソーシャル消費の時代 2015年のビジネス・パラダイム


先週、図書館でいろいろ本を読んでいた中で参考になった一冊をピックアップ。
2015年、6年後のトレンドを分析した本。
キーワードは「ケータイ・ネイティブ」、「ビューティ複合市場」、「CO2本位制」、「誰でも社長」社会、「量から質へ」「個から絆へ」などなど。
6年後の未来にどんなテーマがあるのか予測しつつ、現在の仕事にも取り込みたい一冊。


ソーシャル消費の時代 2015年のビジネス・パラダイム
著者: 上條典夫
発行年月日:2009/04/07
定価(税込):1,890円
Amazon.co.jp ランキング: 本 - 7,260位

⇒ソーシャル消費の時代の詳細を見る

●結婚:トランスジェンダー化と「隠れおひとりさまニーズ」の増大
●食シーン:さまざまな「共食縁」が人のネットワークを再活性化させる
●健康:「細胞の声」を聞くナチュラルなシステムが病気を防ぐ
●ゲーム:高収入のプロゲーマー出現とゲームの巨大広告メディア化
●育児:育休を取る父親=ポジティブ・ダディが社会の価値観を変える
●観光:訪日する中国人観光客の底知れぬ消費ポテンシャル
●エコロジー:「環境か経済か」から「環境も経済も」の時代へ
●食料:安定確保と地産地消に向けて自給率を5%アップ!
●携帯電話:ガラパゴスの眠りから覚め、「1人3回線3端末」が実現

<目次>

Part 1〈若者観測〉ココロも人間関係もフラット化していく男女
第1章 コミュニケーションと若者のライフスタイル/第2章 仕事と結婚

Part 2〈シニア観測〉細胞の代謝で延びてゆく青春時代
第3章 ビューティ/第4章 身体と健康

Part 3〈ファミリー観測〉拡大する「食の絆」と「父親の家庭力」
第5章 食シーン/第6章 育児

Part 4〈情報社会観測〉文化・技術の底力が市場をジャパンシフトさせる
第7章 クリエイティブ・ライフ/第8章 ネット起業/第9章 携帯電話/第10章 ゲーム

Part 5〈コミュニティ観測〉新しい信頼関係が人の心と身体を活性化させる
第11章 心と健康/第12章 スポーツ

Part6〈観光力観測〉グローバル時代における、新しい日本の魅力
第13章 観光立国/第14章 訪日中国人

Part7〈環境社会観測〉「サステナブル消費の時代」を創造する
第15章 エコロジー/第16章 食料/第17章 生態系


@参考
http://japan.internet.com/wmnews/20070529/6.html
第五十回 「ソーシャルコマースの潮流(10)『消費者の時代』の本格的な到来」
アメリカの Roland Hall は、以前から消費行動モデルとして「AIDMA」を提唱していたが、これに代わって2005年10月に電通が発表した新モデル「AISAS」は、EC における新しい消費行動を提示した。そこでは「Memory(記憶)」に代わって「Search(検索)」という行動が加わり、商品購入後は「Share(情報共有)」が行われるというものだった。




  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 14:58Comments(3)読書メモ・感想文