アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
社会人となって16年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業しました。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、DeNA、LINE、アマゾン、ヤマダモール出店、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング

2010年10月20日

楽天市場の中国版、楽酷天が結構すごい!

10月19日、楽天市場の中国版・「楽酷天」がオープンし実際に買い物ができるような状況になっている。
ここ数カ月、中国と日本を巡ってはいろいろありすぎて環境激変しています。
今このタイミングでオープンというのが吉とでるか、凶と出るか・・・
特に逆風なのが、中国の個人輸入制限、関税の問題、為替・円高の問題でしょうか。

タイミングとしては最悪かもしれませんが、
サービス自体は思ったよりもまともっぽいです。

ヤフーチャイナ、タオジャパンがひどかったので
それと比較するとかなり完成度が高いし、
接続スピードも早く、閲覧に際してストレスはほとんどありません。

サイトレイアウト等も日本版と似ているので
中国語が分からなくても買い物できる雰囲気です。

日本版との違いは、店舗評価機能でしょうか。
「信頼度」という形で数値化されますのである程度時間が経過すれば
優良店とそれ以外の店舗が差別化され淘汰されるのでしょうか。

またバイドウ(百度)との合弁会社で運営しているだけあって、
バイドゥのサービスと外部リンク接続してたりします。
→例:web.im.baidu.com バイドゥのチャットサービス?

まだ商品アイテム数は少ないし、過激な商品はほとんどありませんが
すでにナチュラム等日本のショップも出店しているようですし、
iPadやクロックスなどおなじみの商品もあります。
一度テスト的に購入してみるのも面白いかもしれません。円高ですし。


※中国版、楽天アフィリエイトとかあればやってみたい。

中国経済がダメになる理由

中国経済がダメになる理由

価格:1,260円(税込、送料別)




@ソース
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20101019_400945.html
楽天、中国でショッピングモール「楽酷天」オープン、約2000店が出店(10/10/19)
楽酷天は、中国Baiduとの合弁事業で、楽天が51%、Baiduが49%出資する。 

@プレスリリース
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2010/1019.html
中国でインターネット・ショッピングモール「楽酷天」がスタート

<合弁事業の概要>
(1)サービス名称: 楽酷天 (読み:らくてん)
(2)事業内容: 中国におけるインターネット・ショッピングモールの運営
(3)出資予定額: 3年間の総額約50百万米ドル(約40億円、1米ドル=80円で換算)
(4)出資比率: 楽天 51%、百度 49%
(5)代表者: 董事長 兼 首席執行官 中村 晃一 (楽天から出向)
   続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 11:05Comments(1)中国起業・中国語入門

2010年09月13日

ヤフータオバオ曲がり角。中国の個人輸入課税強化でグレー排除

淘日本(タオジャパン)が大々的にオープンしてはや三カ月あまり。
相当の期待と影響力の大きさで、今後のEコマースの主役ではないと目されていたのですが、
中国国内の税制の変更によりその道が険しくなってしまった。

結論的には個人輸入課税が強化された。
従来は5000円程度の商品までは税金がかかずに日本から中国向けに販売が出来た。
しかし今後は600円程度以上の商品にまで課税対象が広がるので
実質個人輸入の範囲内で、免税メリットはなくなる・・・

これにより、ヤフータオバオの主力である個人・中小零細ネット流通関係者は大打撃。
ただでさえ競争は激しく、剥離な状況に加え、円高による利益確定が不確かな状態。
10%以上の課税がかかってくれば利益はほとんど期待できない・・・
実質的に免税範囲内で利ザヤを稼いでいた業者や個人は市場から排除される格好に。
今後は配送コストと税金も考慮にいれた商材が中心になるだろうし、
利益率の高い商品を取り扱っている、大規模企業の取り組みが加速するかもしれない。



@ソース
http://diamond.jp/articles/-/9319
中国ネット通販市場の一角に打撃 個人輸入課税強化の広がる波紋|inside|ダイヤモンド・オンライン
9月1日付で発効した中国税関通達「2010年第43号」が、大きな波紋を広げている。
第43号通達とは、中国国外から個人あてに郵送される物品に対する課税を強化する内容で、これまでは免税上限額が400~500元(約5000~6000円)だったが、一気に50元(約600円)に引き下げられた。


@過去参考ブログ
http://lohas.tenkomori.tv/e186798.html
2010/08/04 タオジャパンが混乱中 淘日本 新規会員募集を停止

http://lohas.tenkomori.tv/e173330.html
2010/06/03 6/3中国向けネット通販 タオジャパンの状況調査

http://lohas.tenkomori.tv/e168891.html
2010年05月10日 6/1ヤフー+タオバオ相互接続開始 5000万点の商品掲載へ

http://lohas.tenkomori.tv/e165899.html
2010年04月22日 ジェトロの中国ネット販売ハンドブック&タオバオ出店マニュアル

http://lohas.tenkomori.tv/e162022.html
2010年04月01日
ヤフーが淘宝網(タオバオ)と楽天は百度(バイドゥ)と提携

http://lohas.tenkomori.tv/e162330.html
2010年04月03日 ヤフー・タオバオ提携 中国向け通販は大チャンスなのか?

http://lohas.tenkomori.tv/e138769.html
2009年12月14日 淘宝網が94%!中国のオンラインショッピング事情2009

http://lohas.tenkomori.tv/e165623.html
2010年04月21日 バイドゥ陳海騰の中国3億人富裕層と商売する方法
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 13:51Comments(0)中国起業・中国語入門

2010年08月04日

タオジャパンが混乱中 淘日本 新規会員募集を停止

2010年6月にスタートした、タオジャパンですが、
さまざまなトラブルに見舞われつつも順調に拡大していいたようです・・・
しかし先月末からシステム問題で
新規会員募集を停止し、また既存顧客についても
商品の注文ができない状況になっているとのこと。

現状無法地帯に近い中国のネット通販ですが、
取り扱い商品の見直しやルールの厳格化が進んで
日本並みのサービスに近づいているということでしょうか。

 
@ソース
http://blog.goo.ne.jp/muchida3527/e/e38964bd59e9ff892e3475320cba06c6
ヤフータオバオ、中国側では混乱が。 - 中国市場をタオバオから開拓

http://www.chinapress.jp/it/22281/
淘日本:サービスの一部が停止
29日の10時から、新たな会員登録ができなくなり、すでに会員登録を終えているユーザーも新たな注文ができなくなった。

http://www.taojapan.com/
因淘日本会员体系整合,于2010年7月29日起停止淘日本独立会员的部分功能。淘宝会员在淘日本的使用,不受任何影响。
http://www.taojapan.com/

http://chinamall.yahoo.co.jp/
Yahoo!チャイナモール
http://chinamall.yahoo.co.jp/  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 11:41Comments(0)中国起業・中国語入門

2010年06月03日

日本の粉ミルク 中国で輸入禁止に 原因は口蹄疫

先日の鳩山内閣辞任騒動ですっかり過去の話になりつつある
『日本の』口蹄疫の問題ですが、(宮崎の問題ではなく日本の問題という意識)
さらなる進展があった模様です。

なんと日本の粉ミルクが中国で輸入禁止の措置となっている模様。
もちろん粉ミルク以外にも、牛乳・牛肉の持ち込みも禁止ということで影響は大きいと見られる。

しかしタイミングが悪い。
6月1日にタオジャパンがオープンし、
日本製品がどんどん中国へ送り込まれている最中、輸入禁止措置とは。

けっこう個人輸入も含めて日本製の粉ミルクの売買で収益をあげていた
ネットショップ関係者も多いでしょうから、影響は計り知れない。

逆に正規のルートではない粉ミルクが出回るということが起こりそうな予感。



@参考ソース
http://www2.explore.ne.jp/news/articles/14508.html?r=sh
日本製粉ミルク中国持ち込み禁止、口蹄疫で 〔2010年06月03日掲載〕
上海市出入境検疫局では、4月に日本の宮崎県で口蹄疫が発生した関係で、日本製粉ミルクなどの中国持ち込みを禁止している。郵送であれ、持ち込みであれ、中国入国時に差し押さえられるため、持ち込まないように呼びかけている。粉ミルク以外にも、牛乳・牛肉の持ち込みも禁止されている。 

http://www.asahi.com/food/news/TKY201005310311.html
中国が日本製の粉ミルクを押収 日本の口蹄疫被害拡大で
日本で口蹄疫(こうていえき)の被害が深刻化する中、中国黒竜江省出入境検験検疫局は5月20日、日本から郵送された箱に入っていた日本製の缶入り粉ミルク4個を押収した。5月26日までに押収あるいは郵送元に送り返した日本製の粉ミルクは500個以上にのぼるという。同局のウェブサイトで発表した。   

Posted by 播磨のいぢ at 10:46Comments(0)中国起業・中国語入門

2010年06月03日

6/3中国向けネット通販 タオジャパンの状況調査

6月1日に始まった、ヤフージャパンとタオバオの接続サービスですが、
多くのショップが自動的に?タオジャパンに出店済みになっているようです。
大手ドラッグ系ネットショップも軒並み出店済みです。
また一部医薬品の販売も始まっています。
価格は日本での価格がそのまま元に換算されているだけのようです。
しかしながら現在進行形で自動翻訳している模様で、
一部のショップや商品ページはエラーになる場合も。
今後翻訳の精度や配送の仕組みが整備されるならば、かなり面白い存在になりそう。


●医薬品販売の実例
 ttp://store.shopping.yahoo.co.jp/drug/a4975479456923.html
オムロン 妊娠検査薬 クリアブルー 2テスト入
定価:1,260円(税込) 特価:980円(税込)




ttp://www.taojapan.com/item/drug/a4975479456923.htm
# ドラッグドットコム
# 店铺日本好评度:4.5
# 公司名:株式会社コトブキ薬局

オムロン 妊娠検査薬 クリアブルー 2テスト入
* 欧姆龙妊娠格纹药清除蓝色2测验入
* 宝贝价格:数据加载中...约78元 | 1029 
* 运  费:数据加载中...约150元 | 1984 


●日本の主なショップの出店事例

※ケンコーコムはまだ出店していない
※爽快ドラッグ、セイジョー、レディ薬局は出店済み

ttp://store.yahoo.co.jp/seijoe-shop/index.html

ttp://www.taojapan.com/list/seijoe-shop.htm
* ヘルスケアセイジョーe-shop
* 店铺日本好评度:4.5
* 公司名:株式会社セイジョー


ttp://store.yahoo.co.jp/jnl/index.html

ttp://www.taojapan.com/list/jnl.htm
* e-ドラッグ 美・サイエンス
* 店铺日本好评度:4.0
* 公司名:株式会社ビューティーサイエンス


ttp://store.yahoo.co.jp/denergy/index.html

ttp://www.taojapan.com/list/denergy.htm
* エナジードラッグ
* 店铺日本好评度:4.5
* 公司名:有限会社河内屋エナジー


ttp://store.yahoo.co.jp/soukai/index.html

ttp://www.taojapan.com/list/soukai.htm
# 爽快ドラッグ
# 店铺日本好评度:4.5
# 公司名:株式会社爽快ドラッグ


ttp://store.yahoo.co.jp/ladydrugheartshop/index.html

ttp://www.taojapan.com/list/ladydrugheartshop.htm
* くすりのレデイハートショップ
* 店铺日本好评度:4.5
* 公司名:株式会社レデイ薬局
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 10:34Comments(2)中国起業・中国語入門

2010年05月25日

中国人向け通販に必須 銀聯(ぎんれん)カードとは

中国人向けのビジネスを考えるならば、銀聯について考えなければなりません。
都心のドラッグストアや家電量販店では、中国人観光客の買い物金額が
店舗の売上の一定割合を占めるようになってきたそうです。

また中国人の個人観光客向け査証(ビザ)の発給要件が7月から緩和されるということで、
ますます中国人向けビジネスは注目されそう。

銀聯のホームページには全国の加盟店リストが掲載されているのですが、
兵庫県の店舗、播磨地域近隣店舗でも加盟店が少なからずあるようです。
中国人から儲ける本


加盟するには三井住友経由になる模様。

加盟そのものには費用はかからないようですが、
売上課金で、通常のカード決済手数料+数%の手数料が発生する模様です。

ネット上では銀聯決済を前提とした、バイジェイドットコムも昨年から始まっていますし、
今後ますます実店舗とネット上で注目されるキーワード「銀聯(ぎんれん)」。
学習しておいて損はありません。
http://jp.chinaunionpay.com/

ソース@
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100525/bsd1005250502002-n1.htm
“中国需要”受け入れ態勢整備 ビザ緩和で訪日観光客増加
中国人の個人観光客向け査証(ビザ)の発給要件が7月から緩和されることを受けて、ホテルや百貨店などが中国人向けサービス強化に乗り出している。2009年の訪日外国人は、前年比18.7%減の678万人に落ち込んだのに対し、中国人だけは堅調で100万人を超えた。ビザ緩和でこの数はさらに増えるとみられ、消費低迷に悩む関連業界は熱い視線を送っている。

@参考
http://jp.chinaunionpay.com/japaneseCup/japaneseMerchant/file_4827287.html
日本での銀聯 加盟店一覧 
銀聯加盟店リスト 日本商户清单final(2009年9月)(附件5).xls(2,928.128k)


http://www.smbc-card.com/kamei/start/ginren.jsp
銀聯加盟店のご案内:三井住友VISAカード・三井住友マスターカード加盟店のご案内:クレジットカードの三井住友VISAカード
中国銀聯は2002年に中国の中央銀行である中国人民銀行が中心となり政府主導で設立された、中国での銀行間決済ネットワーク運営会社です。現在中国を中心に21億枚を超える銀聯カードが発行されております。
銀聯加盟店になると、この銀聯ブランドが付与されたカードを、貴店にてお取扱いすることができます。中国からのビジネスマン・観光客の利用が見込まれ、顧客の幅を広げます。



http://www.chainavi.jp/china/bp/img/realchina.pdf
銀聯リッチを狙え お客様は中国人  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 14:19Comments(0)中国起業・中国語入門

2010年05月11日

Yahoo!チャイナモール+タオジャパン 購買代行サイト

昨日も速報でお伝えした、ヤフージャパンと中国タオバオとの連携の話ですが、
ヤフージャパン上に新設されるのはヤフー・チャイナモールという名称であることが判明。

位置づけとしてはタオバオの商品購買代行サイトというところになるようだ。

中国タオバオ上に出品されている4億点の商品のうち
5000万点をヤフーチャイナモール上で購入可能になる見込み。

現在のヤフーの商品とあわせると、1億点近い取り扱い商品点数になるという。

一方、中国側では日本の商品を800万点近く中国語のホームページに翻訳して購入できるようになるとのこと。名称は“TaoJapan”タオジャパン。
田尾ジャパン? 元楽天の田尾監督が野球ワールドカップ代表監督になったような名前だが。

続報入り次第、詳細お伝えしたいと思う。

http://chinamall.yahoo.co.jp/
Yahoo!チャイナモールとは?
アジアNo.1のECサイト「淘宝(タオバオ)(外部リンク)」と提携を開始
淘宝(タオバオ)の豊富な商品を、日本にいながら日本語でお買い物!

Yahoo!チャイナモールなら
「ファッション、コスメ、アクセサリー、書籍、雑貨、中国グルメなど、日本にいながらお買物ができる」

@参考記事
http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201005100499.html
ネット大手、アジア市場へ 国内頭打ちで加速

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0511&f=business_0511_072.shtml
ヤフー、タオバオと提携。商品情報を相互に交換し、ヤフーの商品情報が1億…

http://jp.techcrunch.com/archives/20100510yahoo-japan-and-chinas-taobao-announce-cross-border-e-commerce-tie-up/
Yahooジャパンと中国の淘宝(Taobao)がオンライン通販で提携
Taobaoも800万点の日本商品を“TaoJapan”というセクションで中国語で提供する。  

Posted by 播磨のいぢ at 12:43Comments(0)中国起業・中国語入門

2010年05月10日

6/1ヤフー+タオバオ相互接続開始 5000万点の商品掲載へ

ついに発表されました。
中国タオバオと日本のヤフーの相互接続の開始日。
2010年6月1日だそうです。
これは今後10年を考えると、ターニングポイントとなる日になるかもしれない。
それこそ、パソコン業界にWINDOWS95が発売された時の様に、
時代のエポックメイキングな1日になるかもしれない。

数字だけ見てもえぐい。
中国製品5000万点がヤフーに掲載されるとか。
正直99%はゴミだと思うが、残り1%であったとしても
50万点の商品が日本のネット通販業界に殴りこみをかけてくる。

一方で、我々日本側は成長著しい中国向け通販市場にチャレンジしやすくなるメリットが生まれる。
現状は円高傾向が続いており、輸出は割りにあわないかもしれないが、
言語の問題や物流の問題など通販におけるインフラ機能が整備されてくれば、
その分のコストはペイできるかもしれない。

手数料や配送など詳しい情報は6月以降に発表されるとのこと。
恐らくこれに楽天市場も追随してくるだろうか、
2010年代の仁義なき通販戦争が始まろうとしているというところだろうか。


すぐに役立つ中国人とうまくつきあう実践テクニック



@ソース
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100510/chn1005101247002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100510/chn1005101247002-n2.htm
中国製品5000万点、日本語で注文OK ヤフーとアリババが提携

「現時点で想定しているサービスとしては、製品が1~2週間で自分の家に直接届く。1万数千円以内の範囲であれば、個人輸入ということで通関手数料はほとんどかからないと聞いている。送料を含めても、これまで日本で中国製品を買うよりも安くなる」

■URL
 ニュースリリース
 http://pr.yahoo.co.jp/release/2010/0510a.html
Yahoo! JAPANと アリババグループの「淘宝(タオバオ)」の業務提携について

 Yahoo!ショッピング
 http://www.taobao.com/
 タオバオ(中文)
 http://www.taobao.com/   続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 16:55Comments(0)中国起業・中国語入門

2010年04月27日

日経BP 徹底予測中国ビジネス 上海ヒット商品ランキング

日経ビジネスの中国市場分析本。
980円、お手頃価格、適度な厚さ。
特集内容で中国発、ヒット商品ランキングが注目。
ランキングトップ30の中に日本発の商品やサービスが5~6個ランクイン。
アメリカ発の商品サービスが4~5個、
韓国発の商品サービスが2~3個程度。
今後もこの傾向が続くのかどうか。
徹底予測中国ビジネス 日経ビジネス
# 出版社: 日経BP社 (2010/4/14)
# 言語 日本語
# ISBN-10: 4822201805
# ISBN-13: 978-4822201807
# 発売日: 2010/4/14 
# Amazon.co.jp ランキング: 本 - 187位

●上海万博に出展した企業の狙い
●万博後の中国経済
●中国といかに付き合うか?
●中国の抱えるリスク
●中国消費市場の実態。消費者の財布の中身は?
●業種毎展望
●中国と日本、ここが違う
●中国発、ヒット商品ランキング
●先駆者に学ぶ、日本企業の戦い方
●中国自動車市場
●株式市場の行方・お勧め銘柄
●2010年以降カレンダー
●ビジネス重要キーワード
● 中国ビジネス都市地図

上海万博後の中国経済はいったいどうなるのか―。
「工場」ではなく「市場」として急速に経済成長する中国の“いま”と“未来”を徹底解説

急成長を遂げる中国市場に、進出を考えている企業・人のためのガイドブック。

2010年に実質経済成長率で10%の伸びが期待される中国。自動車販売台数でも米国を抜き、世界一の市場となりました。今後の世界と日本経済の成長が、中国の動向に左右される割合はますます高まってきています。同国の経済の行方を予測しながら、日本企業や個人投資家はどのように付き合うべきなのかを提言します。
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 08:00Comments(0)中国起業・中国語入門

2010年04月27日

バーリンホウ NHKクローズアップ現代で中国の新人類特集

4月26日放送のNHKクローズアップ現代の特集が興味深かった。
特にバーリンホウと呼ばれる80年代生まれの20代の若者。
ちょうど日本が高度経済成長期を過ぎてバブル期ごろに新類と評した若者像と似ている点。
これって普遍的な流れなんだろうか。
中国は特殊な国、未知の国ではなく
かつて日本がたどったような過程を急ぎ足で、大人数で経ているのかもしれなご。

それにしても唸ったのは番組中紹介された
バーリンホウ世代を代表する中国人作家、韓寒(ハン・ハン)さん。
世が世なら政治家になって人々を率いていてもおかしくない・・・
バーリンホウが今もっとも求めて$E3まないのは選挙権かもしれない。
いつか中国の政治体制がひっくりかえって、民主主義になったとき
ハンハンさんのようなバーリンホウ世代のリーダーがトップにいるのだろうか。
新・中国若者マーケット 松浦良高 2,000円 (税込 2,100 円) 送料無料
バーリンホウ、これからの中国の消費を左右する80后(1980年代生)とはどんな世代なのか。中国ビジネスの新しい展開はここから始まる。
はしがきにかえて 重要性がますます高くなった中国の若者、『80后』/第1章 中国の若者とインターネット/第2章 中国若者の実態/第3章 ケースでみる中国若者のリアル/第4章 80后と国、80后とほかの世代/第5章 中国の若者を深く知るためのヒント/第6章 フツウ化する中国の若者/付録 中国の若者が多く集まるスポット@上海


@ソース
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=2882
NHK クローズアップ現代 シリーズ 中国・転換のとき 第1回
80后=バーリンホウとよばれる80年代生まれの若者たち
韓 寒(ハン・ハン)さん(ベストセラー作家)   続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 03:07Comments(0)中国起業・中国語入門

2010年04月22日

ジェトロの中国ネット販売ハンドブック&タオバオ出店マニュアル

JETROのサイトにて中国向けネット販売のノウハウ、資料が公表されておりました。

中身をみていると結構詳細な情報が。

現状発売されている中国向け通販のビジネス書と比較しても
段違いに情報が詳しく、新しいものが掲載されていました。
※はっきり言って今発売されている中国ビジネス入門書より無料のジェトロレポートの方が読む価値あり。

この2つのファイルを見ていただければ
現時点での日本から中国へのネット販売のノウハウは網羅できます。


●ポイント
インフラは整備されつつある。特に決済。
超薄利多売になる恐れ
物流・税金のコストが回収できない恐れ
競合ショップが200万店以上存在


日本同様、中国向け通販に関しても
特定のジャンルでNo1になることが必須のようです。


中国市場開拓のためのWebプロモーション・CGM調査(2010年3月)
http://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/reports/07000233
中国ネット販売ハンドブック(2010年3月)
http://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/reports/07000234 

中国ネットビジネス成功へのポイント

  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 18:31Comments(0)中国起業・中国語入門

2010年04月21日

バイドゥ陳海騰の中国3億人富裕層と商売する方法

世間の流れにのって、中国向けネット通販の情報収集をやってます。
今回参考にした書籍は中国大手検索エンジン、バイドゥの陳海騰氏の著作。

目次とタイトルに惹かれ、アマゾンのレビューも高評価だったので購入してみました。

結論からいうと正直物足りない。
2月発売の書籍で、執筆したのは2009年末から2010年初頭かもしれないが、情報が古い・・・
本当に知りたい情報は少なかった。
奥深い情報は実際に自分で現地に行ってみて体験するのが一番だろうし、
実際に現場で活躍している方のブログやツイッターの方が充実した情報が掲載されてる。

書籍のあおり文句である検索エンジンでヒットを増やす方法の結論は、
自社の検索エンジン、百度に広告出せというところだったし・・・
単純にのせられて身近な品物を宅急便に乗せたら不況脱出できると思うのは×だ。

50万円でインターネットから中国3億人富裕層と商売する方法  陳 海騰 (著)  価格: ¥ 1,575  
ほんの少しの投資で日本から中国市場に直結
商品の発送・集金を代行する代理店の業務や検索エンジンでヒットを増やす方法など実務的なノウハウまで、全てを網羅した中国インターネット・ビジネスの決定版! 
洋服、時計、雑貨、フィギア…身近な品物を宅急便に乗せるだけ!不況脱出の最短コース。


# 単行本: 242ページ
# 出版社: 講談社 (2010/2/3)
# 言語 日本語 
# 発売日: 2010/2/3 
# Amazon.co.jp ランキング: 本 - 2,589位

目次:
はじめに 「日本的なモノ」を求める三億人のプチブルジョア
序章 三億人富裕層マーケットのマグマ
第1章 二一世紀の中国富裕層の生活
第 2章 消費の鍵を握る中流富裕層「小資」
第3章 メイド・イン・ジャパンのブランド力
第4章 ネットショッピングの基礎知識
第5 章 五〇万円から始める中国ECサイト
第6章 検索アシストによるショップ活性化術
第7章 中国でビジネスを始めるための心得
あとがき 中国最大の検索サイト「百度」とは何か




@過去参考ブログ記事
http://lohas.tenkomori.tv/e162022.html
2010年04月01日
ヤフーが淘宝網(タオバオ)と楽天は百度(バイドゥ)と提携

http://lohas.tenkomori.tv/e162330.html
2010年04月03日
ヤフー・タオバオ提携 中国向け通販は大チャンスなのか?
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 12:16Comments(0)中国起業・中国語入門

2010年04月03日

ヤフー・タオバオ提携 中国向け通販は大チャンスなのか?

※本日のブログ内容は一部不適切な記述もございます。
※関係者の方は閲覧しないことをお勧めいたします。


先日、日経新聞1面にヤフーとタオバオ提携のニュースが掲載されて以来、
中国向けのネットビジネスを煽る連中が急増してきたように思う。

2010年上海万博を迎える中国向けビジネスはまさに今が旬。

今がチャンスですよ!と。

船井流の「時流適応一番店」方式なら、今は絶好の機会。これを逃す手はない。
私がコンサルタントなら絶対今ですよ!と提案するだろう。

しかし
結論から言うと正直判断つかないのだ。


中国に巨大な市場が存在することも
日本国内よりもこれから海外、中国向けビジネスの方が
可能性があり、魅力的であることは間違いない。

しかし今の我々に見分ける目があるだろうか。

中国とひとくくりにしているが、
上海や北京のような都会と
内陸部の田舎の違いも理解しきれていない。

そもそも
中国進出支援という名の会社を見分けることができない。
詐欺会社なのか、優良会社なのか。

そのうえ
肝心の顧客の姿がイメージできないのだ。
(中国進出を希望する日本企業のイメージはできるのだが)


躊躇していたら何も始まらないし、迷っているよりは挑戦した方がいいんだろうけど
何故かその気になれない。


なぜなんだ?





↓ 続きます。  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 09:58Comments(0)中国起業・中国語入門

2010年04月01日

ヤフーが淘宝網(タオバオ)と楽天は百度(バイドゥ)と提携


本日の日経新聞一面にてヤフーと中国ネット通販最大手タオバオ(淘宝網)が提携するとの報道があって衝撃が走った。
すでに日本のネット通販最大手の楽天市場は、中国の検索大手のバイドゥ(百度)と提携を発表していて、日中双方で今後のシェア争いが過熱しそう。
中国ネットビジネス成功へのポイント


正直現状では日本国内でも海外戦略でも楽天が一歩も二歩もリードしていたように思うが、
今回、タオバオとヤフーの提携が成功裏に収まれば一気に逆転もありうる。

なぜならタオバオは中国でのEコマースシェアが現状圧倒的であるからだ。
それは日本国内におけるオークション市場でヤフーオークションが圧倒しているに等しい。

従来は中国製品を輸入して日本で販売するネット通販が主流だったが、
今後は中国で製造されたメイドインジャパンを海外で販売する時代になりそう。

まだまだ不確定要素が多い中で、情報を集めながら打てる手はないか、検討してみたいと思う。

@過去ブログ
http://lohas.tenkomori.tv/e138769.html
2009年12月14日 淘宝網が94%!中国のオンラインショッピング事情2009


@参考記事
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091204_333400.html
2009年の中国オンラインショッピング事情、CNNICが調査報告
「2009年中国網絡購物市場研究報告」  
サイト利用率ではTAOBAOが圧倒的、Amazon中国は4.5%にとどまる
購入決定要因は購入者レビューが多数、専門家の意見の影響力は少ない



@参考ニュース
http://www.ryutsuu.biz/strategy/c032902.html
中国ビジネスのカリスマ社長、谷絹子氏 U.F.O./負債総額約360億円で民事再生法の適用を申請
  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 19:24Comments(0)中国起業・中国語入門

2009年12月14日

淘宝網が94%!中国のオンラインショッピング事情2009

ネット通販の世界も競争が激しくて
限られたパイを多くの業者が奪い合っている状況が続いています。

正直、日本国内だけでは縮小傾向で
例えば楽天市場の出店店舗数の増加傾向と楽天市場自体の市場規模拡大傾向は比例せず
すでに数年前から出店店舗数の増加傾向が上回ってしまっている状況。

そんな中、海外に目を転ずれば
中国という巨大市場が急拡大しつつあり、
すでに世界でNo1のインターネット人口を誇るまでになっている・・・

そこに向けて日本の企業も進出したいわけだけれども、
言語の問題、決済の問題、配達の問題、法律の問題、人員の問題等で
なかなかうまくことが運ばないことが実情。


そんな中国のオンラインショッピング事業の最新版がまとめられているので下記サイトを参照して欲しい。



http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091204_333400.html
2009年の中国オンラインショッピング事情、CNNICが調査報告
「2009年中国網絡購物市場研究報告」

中国の2009年6月末時点でのオンラインショッピング利用者は、前年同期比で38.9%増の8788万人。これはインターネット利用者3億3800万人の26%に相当する。

北京では人口の60.7%にあたる1037万人がインターネットを利用し、そのうち51.3%にあたる532万人がオンラインショッピングを利用
上海でも人口の61.8%にあたる1167万人がインターネットを利用し、そのうちの52.6%にあたる613万人がオンラインショッピングを利用



正直、現状の規模としては日本の東京圏と大阪圏を足したくらいの市場規模と考えてよいと思う。


サイト利用率ではTAOBAOが圧倒的、Amazon中国は4.5%にとどまる
購入決定要因は購入者レビューが多数、専門家の意見の影響力は少ない


状況としては10年くらい前の日本の状態に近いのではないかと思う。
楽天市場がまだ出始めで、ヤフーオークションが独り勝ちしていた頃。
その頃はヤフオクの評価数こそが購入の際の信用ポイントで
市場価格相場よりも安いブランド商品が飛ぶように売れた。
個人と業者が半々くらいで玉石混交、カオス状態。
(今では7割以上の出品者は業者だと思うが・・・)

  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 17:19Comments(2)中国起業・中国語入門

2009年05月25日

8/6~第三回上海国際ギフト展 


2009年8月6日~9日にかけて上海国際ギフト展というものがあるそうです。
日本のギフトショー等を主催している会社がやっているようです。
雑貨等の見本市のような気がします。
中国ならお手の物ですね。

上海は今後も大きな催事が予定されていて、とりわけ2010年の上海万博は世界的影響を持つイベントになりそう。
また2014年には上海ディズニーランドが開業予定ということで今後も目を離せない状況です。

★上海今後の状況。
2010年  上海国際博覧会 (Expo 2010 Shanghai China)開幕
2012年  上海高島屋百貨店開業予定
2014年  上海ディズニーランド開業(予定)




http://www.giftshow.co.jp/shanghai/
名称: 第3回上海国際ギフト展
会期: 2009年8月6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)の4日間
6日・7日バイヤーズデー
8日・9日一般入場日
開場時間: AM9:30~PM5:00

会場:上海世貿商城(上海マート)1~4F
所在地:上海市延安西路2299
主催: 全国工商聯礼品業商会 上海世界貿易商城有限公司(通称:上海マート)
(ジャパン・ギフト・パビリオン主催 株式会社ビジネスガイド社) 

1階 ジャパン・ギフト・パビリオン、上海万博館、ディズニー館
3階 アイデア新作館:中国国内企業による斬新なアイデア商品
4階 上海、北京、広州、香港、台湾、韓国、タイによるアジア館

出展範囲:
贈答品類:工芸贈答品、贈答品、金属置物、水晶ガラス製品、陶芸品、広告贈答品、文房具とオフィス用品、電子贈答品、流行の用品、玩具、切手コレクション
家庭用品:ベッド用品、厨房用品、旅行用品、家庭消耗品、浴室用品、陶器ガラス日常什器、手芸品、彫刻工芸品、時計製品、デザイン照明
装飾品類:家庭用装飾品、造花、宝石などのアクセサリー、携帯用アクセサリー、かばん製品、革製品、壁飾り   

Posted by 播磨のいぢ at 18:23Comments(0)中国起業・中国語入門

2009年05月04日

カシオの中国語電子辞書SP7300がジョーシンで25000円

中国語を勉強するのに、通常の紙媒体の辞書を使って
手で調べ、身体で覚えるというのも重要ですが
読み方も分からない字を調べるのには、タッチペン付きの電子辞書は非常に便利です。

また海外に持って行って、コミュニケーションツールとしても活用できるでしょうし、
本格的に中国語を勉強する際には電子辞書は必須かもしれません。


価格コムやヤフー知恵袋等の口コミ情報によると、
中国語対応の電子辞書の選択肢はカシオかキャノンの二択であるとのこと。

で、ネット上で安売り情報を探すのもいいのだけれども
実店舗でもこのゴールデンウィーク期間中のセールで安いもの、掘り出し物を発見しちゃいました。


ジョーシン  ロックタウン加古川店にてアウトレット台数限定ということで
カシオの電子辞書XD-SP7300が25000円を切って販売されてました。

楽天市場の最安値店の価格よりも安いので、これはお買い得かも。
(2008年モデルなので1世代前の機種ですが)

カシオ中国語電子辞書を特価!XD-SP7300 カシオ電子辞書 中国語 25,600 円

またキャノンの中国語対応電子辞書wordtank V903 は
アマゾンで23,786円で販売されています。
旧モデルということで売り切りセールをしているのでしょうか。

いずれにしても2009年春モデルが出たばかりの電子辞書、
最新モデルを購入するのか、旧モデルでも安いものを選ぶのか
いろいろ選択肢があって面白いです。

http://cweb.canon.jp/wordtank/lineup/wordtank/china/v903/index.html
wordtank V903


楽天市場では→eBEST価格 26,476円 (税込 27,799 円) 送料込
Amazon.co.jpでは¥23,786 最安
Amazon.co.jp ランキング: 家電・カメラ - 416位


  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 16:42Comments(0)中国起業・中国語入門

2009年05月01日

中国への旅行ガイドは「まっぷるマガジン 上海2010」

巷ではゴールデンウィークとやらの長期休暇中の方も多いと思います。
普段なら、海外旅行という方も多いはずですが
今年は運悪く豚インフルエンザのリスクがあるので
海外という選択肢をはずした方も多いはず。

JRの割引チケットや高速道路の1000円乗り放題プランもあって今年は国内旅行を選ぶ人が多いでしょう。

しかし、あえてこのタイミングに海外旅行を検討する場合には十分ご注意を。

ちなみに初めて上海旅行を検討する方には下記のまっぷるマガジン 上海2010がオススメ。


まっぷるマガジン 上海’10 (2009/3/10発売) ¥1000
上海を余すことなく楽しむための、旅のベストアドバイスマガジン。
街歩きマップや地下鉄路線図も充実しており、旅行者のニーズに応える一冊!
Amazon.co.jp ランキング: 本 - 152,239位
上海のレトロ&モダンな「食・買・遊」最新スポットを紹介するほか、杭州&蘇州のエリアガイドも充実。取り外して使えるMAP付き。データ:2008年7〜12月現在。




海外旅行の初歩的な知識や、上海の観光ガイド情報が広く浅く網羅されているので、
海外旅行初心者や上海にいくのが初めての方にはちょうどよいのでは。


※格安航空券GETと格安ツアーについて
HISだと2~3万円で2泊3日のツアープランもあるみたい。
航空券のみ購入すると関空⇒上海、往復で4万円前後はかかってしまうので
自由行動がとれるツアーに参加して代金を浮かせるという手法がよいのでしょうか。

  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 15:39Comments(1)中国起業・中国語入門

2009年04月29日

初めての中国語学習⇒30日で学べる中国語文法

最近のニュースでは中国のインターネット人口が3億人を突破して、世界最大になったそうな。
その上、中国国内のEコマース市場規模もBtoC+CtoCで2兆円規模になって日本に迫る勢いとか。
今後中国のネット人口はまだまだ増えて、国民の所得が増えれば国内市場規模も拡大することでしょう。
2年後、3年後にはネット上の市場規模でも日本が中国に逆転されることは間違いないかも。

これからのことを考えて、そろそろ私も中国語を勉強しようかという気になり
30日で学べる中国語文法という本を買ってみた。
まずは会話よりもネット上の中国語の読み書きができるようにということに主眼をおいてやっていこうと思う。

途中で挫折する可能性大ですが。


@参考
2008年ネット通販日中市場規模比較 - 中国リアルIT事情
http://blogmag.ascii.jp/china/2009/04/002691.html
中国のB2C+C2Cの1300億元(約1兆9500億円)市場と比べっこするのだから、日本のB2C+C2C=2兆5000億円(富士経済)+1兆503億円(野村総研)で3兆5000億円と試算しなければ、おかしいよね


30日で学べる中国語文法 宮岸 雄介 (著)
発売日: 2008/1/18
Amazon.co.jp ランキング: 本 - 532,042位

中国語文法の基本を30日で学べるように構成しました。例文には読み方の振り仮名や日本語による逐語訳をつけていますので、初心者の方でも安心して始められ、楽しく学習を進めていくことができます。また、赤シートで振り仮名と日本語訳を隠すこともできますので、自分の習熟度のチェックが簡単に行えます。付属CDには中国語・日本語どちらも収録していますので、初心者の方の聞き取りの練習に最適です。
 
【目次】
1(中国語の発音―maと発音する漢字もいろいろ/動詞述語文―私は中国語を学びます。/否定文・疑問文―彼は本を読みません。 ほか)/
2(名詞述語文 ―今日は11月12日です。/語気助詞―行きましょう。/介詞(中国語の前置詞)―私は中国から帰ってきました。 ほか)/
3(比較構文―彼女は私より2歳年上です。/受け身構文―私のノートパソコンは姉に持っていかれました。/「把」構文―私は宿題を仕上げました。 ほか)   続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 09:17Comments(0)中国起業・中国語入門

2008年08月28日

2010年上海万博のチケット販売開始(上海国際博覧会)

 
北京五輪の熱も冷めやらぬなか、いよいよ上海万博も動き出しているようです。
来月からチケットの販売も本格的になり2年後とは思えないパワーを感じます。
今度は万博のブームがくるのでしょうか。

上海万博、9月末からチケットを発売
http://www.asiax.biz/news/2008/08/14-155210.php
上海万博の主題は「都市、生活をより美しく」、会期は2010年5月1日から10月31日までの計184日間となっている。200の国や地域、国際組織から7,000万人の来客を目指している。



北京五輪は大成功とメディアは報じていますし
当面中国は大成長を続けると思います。
ここ2~3年が勝負になるんじゃないでしょうか。

マクロの視点では万博以降は経済の成長から成熟に転ずるという見方もあるので
いまのうちにいろんなことに挑戦して持続可能な成長路線を見つけたいものです。




なつかしの万博。
日本開催分では花の万博、愛知万博が記憶に新しいかと。




http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0827&f=column_0827_005.shtml
2年後に続く2010年の上海万博、日本の場合は6年後に開催された大阪万博で、高度成長が終わりを告げられ始められたのである。世界の時間はより早まっているといわれているように、6年の間隔を経ないで2年後に上海万博、中国の経済成長の将来を暗示しているのであろうか。



上海国際博覧会
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8D%9A%E8%A6%A7%E4%BC%9A
上海国際博覧会(しゃんはいこくさいはくらんかい)は、2010年5月1日から同年10月31日まで、中華人民共和国上海の上海世博園で開かれる予定の万博である。


上海万博 公式サイト
http://jp.expo2010china.com/node2/wbjp/index.html  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 11:05Comments(0)中国起業・中国語入門

2008年08月18日

8/18 ジャパナビ 郵便会社が中国向けネット通販斡旋?

インターネット通販の市場も日本国内はすでに飽和状態。
パソコン経由のネット通販はすでに成長が頭打ちで、競争が激化。
携帯電話経由のモバイル通販でさえ、すでに勝ち組と負け組の明暗が分かれてきた・・・

多くのネットショップ企業の方向は海外へ。
特に北京五輪で盛り上がる中国市場へのネット通販進出は数少ない成長が期待できる方向性。

楽天市場もすでに台湾、上海への進出を表明。
実際に稼働している模様。

そんな中、民営化した郵便会社が中国向けのインターネットショッピングモールを開設し、通信販売仲介サービスを開始しするようです。

*郵便事業会社が中国向けネット商店街 国際物流拡大狙う
http://www.asahi.com/business/update/0816/TKY200808160288.html

商品発送はEMS国際郵便を利用し、代金はクレジットカード決済。
手数料は売り上げに対し手数料4.5%。
*出店には初期費用20万円、月の基本料10万円が必要。
 
当初は三越やサンリオ、ベビー用品の赤ちゃん本舗、田崎真珠、大丸など大手7社に限りスタート。
運営が軌道に乗ってから新規出店企業を募集するようです。
※この手法はアマゾンのやり方と似ている・・・・    

★JapaNavi ジャパナビ
http://japanavi.post.japanpost.jp/
  (2008年8月18日 日本時間15時オープン)

※現時点でサーバートラブル?のためか正常に表示できていない模様です。


システム障害のお報せ
https://japanavi.post.japanpost.jp/pg/newsdetail.axl
8月18日15時24分~8月19日07時50分まで、システム障害により、サイトへアクセ スできなくなりお客様にはご迷惑をお掛けしました。
申し訳ございませんでした。


ソースは
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080817AT3S1400L16082008.html
郵便事業株式会社
http://www.post.japanpost.jp/index.html
中国向けインターネット・ショッピング・モールの新設(8/8)
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2008/0808_02.html
中国向けインターネット・ショッピング・モールの新設(PDF154kバイト)
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2008/0808_02_c01.pdf


  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 15:35Comments(0)中国起業・中国語入門

2007年09月04日

NHKスペシャル 人事も経理も中国へ アウトソーシングの脅威



昨日のNHKのテレビ。
ショッキングな内容でした・・・
番組では、通販大手のニッセンが踏み切ったアウトソーシングの現場の苦悩が。

他人事じゃなくて、本当に心にずっしりきました。

何も考えずにのほほんと生きてたら、自分自身がアウトソーシングされちゃう。

時代の流れとか、世界が変わったわけじゃなく、
産業革命以降の自然の流れなのかもしれない。
いうなれば情報革命。


日本のコストの5分の1とか10分の1で中国では仕事をしちゃう。
(電話よりもメールを活用するとさらに効率があがるみたい。)



特に怖かったのが、
中国の大連では日本語ぺらぺらの優秀な人材がうじゃうじゃいること。

大阪弁を理解する中国の女性、非常に賢そうでした。

こりゃあ、日本人に残された仕事って・・・何があるんだろう。


グローバル化の荒波にさらされた現場では、他人事じゃないでしょう。

大手があらゆる手段でコストダウンを図って、なりふり構わずやってくるんだから、

中小、零細企業はよっぽど工夫して、自分たちにしかできない強みを発見して伸ばしていかないと、

中国やインドの25億人パワーの前に飲み込まれてしまいそう。



※近頃の中国製品バッシングもその反動か?


番組自体としては、総務のベテラン社員が次のステージへ挑戦しようと決意するところで終わってましたが、
実際問題50歳超えてから、これまでの自分を全部捨てて
もういちど0から自分を作り替えることなんてできるんだろうか?


はぁ。
どうすればよいのでしょうか。




  続きを読む

Posted by 播磨のいぢ at 10:39Comments(2)中国起業・中国語入門

2004年04月20日

2004/4 中国でのインターネット情況

中国でのインターネット情況
2004年の統計
*イターネット利用人口:0.94億
http://industrychina.net/infobahn/acadamic_info.asp
*インターネット上場会社の総株額:100億 米ドルhttp://www.mediainchina.com/pages/cmzx/wlcm/2003-11-25/2484.htm?recordseq=200 
*インターネット上の販売額:45億人民元(675億円、現在の為替)
2001-2007年ネット販売額、利用人口及び予測
年度 販売額:元 ネット人口  買物人口:万
2001 1.4 3370 58
2002 6.4 5910 142
2003 17 8000 286
2004 45 9400 563
2005 87.1 10800 790
2006 164 12300 1147
2007 296 14000 1621
     (資料参考して作成)
* 人気商品の順位:
1、 ITと関連商品 、デジタルカメラ (24億)
2、 化粧品、家庭用品         (3.2億)
3、 電気製品             (3億)
4、 通信商品             (3億)
5、 カード類             (2.5億)
6、 書籍               (2.5億)
7、 CD、DVD           (1.3億)
8、 Gift品、花類           (0.5億) 
9、 その他              (5億)  

Posted by 播磨のいぢ at 18:19Comments(0)中国起業・中国語入門