アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2009年06月12日

小さな会社・儲けのルール ランチェスター経営7つの成功戦略

最近はちらほらと本を読むことが多くなりまして、
いかに地方で弱小の会社(人間)でも、この時代を生き残っていけるのかについて考えることが多いです。

そんな時に最適なのが弱者の戦略という考え方。
弱者の戦略=差別化戦略といえると思うのですが、
思えばこれまでは自分達が大手ではないのに強者の戦略をとっていたなぁ、と反省。
(よせばいいのに、ロングテールとかいって10万点掲載しようとしたり・・・)

まずは一点突破、ニッチ部門で1位になる。
そして1位の部門を広げていく。

この考え方に修正したいと思います。


いまさらですが、まだ間に合うでしょうか?


★弱者の戦略を知る上で参考になる本

→小さな会社・儲けのルール 1,470 円


→ 弱者の戦略 1,365 円 人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則



考えてみたらプロ野球界でも野村監督などは弱者の戦略をうまく活用している人ですね。
選手の力が低い状況ほど力を発揮する・・・


参考@
* 「弱者」は先発会社と差別化し、同じやり方をしない。
* 「弱者」は小規模1位主義、部分1位主義を狙え。
* 「弱者」は強い競争相手がいる業界には決して参入しない。
* 「弱者」は戦わずして勝ち、勝ちやすきに勝つことを狙え。
* 「弱者」は対象市場等を細分化する。
* 「弱者」は目標を得意なもの一つに絞る。
* 「弱者」は軽装備で資金の固定化を防ぐ。
* 「弱者」は目標に対して持てる力のすべてを集中する。
* 「弱者」は競争相手に知られないよう、静かに行動する。


  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
この記事へのコメント
間に合います。

「人生は今日がはじまり!」

紹介、ありがとうございます!
Posted by ベンチャー大学の栢野/かやの at 2009年06月13日 08:19
かやの様

コメントありがとうございます。
もしかしてご本人?
こういう細かいところが最強の弱者の戦略なんでしょうか。
感激です。
他の書籍も購入し拝読させていただき対と思います。

いやー、驚いた。
Posted by ロハス at 2009年06月13日 10:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。