アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事営業企画・提案

2009年06月13日

産直の家庭菜園版 ホームセンターでフリーマーケット企画

最近テレビで農業ブームとかで
若者の新規就農の映像や農作物の産直、道の駅の取り組み、
農家が直接売り場で収穫物を販売する姿などが映される。

本当の実態かどうか分からないけれども、世の中の流れとしては
自分で作ったものを自分で食べる、誰が作ったかはっきりした
安心・安全性の高いものを好むようになってきているのだろうか?

また老後の楽しみとして家庭菜園や小さな畑で野菜や果物、花・植物を育てる人も増えているとか。

そういった流れをうまく取り入れて、面白い取り組みをしているホームセンターがある。

新潟県のひらせいホームセンターという会社だ。

→ホームセンターてんこ


なんでも、一般のお客が自分で育てた収穫物を1袋100円で値段付けて
フリーマーケット方式でホームセンター店頭にて販売するという。
ある意味、農家の産直売り場の小型版?

しかも利用料無料ということで、お客としては自分が育てた野菜や果物、植物が
100円といえども売れていくならやりがいにつながるだろうし。
店側としては家庭菜園に取り組むお客が増えれば、自分の店の売上につながると。
お店とお客のコラボレーションで価値の共創というわけ。

しかしこのアイデアって、他のお店でも考えられないだろうか??


例えば、
手芸洋品店なら主婦が自分でつくった作品を1つ100円で売るコーナーを作るとか、
おもちゃ屋なら、ユーザーが自分でつくったフィギュアや玩具を販売できるコーナーを作るとか。
ホームセンターのペット売り場なら、ユーザーが自分でつくったペット用の洋服などを販売できるコーナーをつくるとか。
雑貨屋さんなら、ユーザーの手作り雑貨を販売するとか(ハンドメイド雑貨)
洋服屋さんなら、ユーザー手作りの子供服を販売するとか・・・・

↓もっと考え方を拡大して
ホームセンターなら中古の農機具をフリーマーケット形式で販売する場を提供するとか
ドラッグストアなら、使わなくなった育児グッズ、介護用品をフリーマーケット形式とか
ホームセンターならユーザーが日曜大工でつくったDIY家具や収納用具を販売するとか・・・


なんだか色々アイデアは出そう。

お店は単にメーカーや問屋から商品を仕入れ並べるだけじゃなくて、
地域の顧客との関係作りの場になれば、単なる価格競争や大手との競争に負けないかも。
こういった取り組みは全国チェーンの大手にはできないだろうから、
是非弱者の戦略のひとつとして、地域密着の中小企業にオススメしたい。




@参考ホームページ

http://www.hirasei.net/ 
株式会社 ひらせいホームセンター
〒950-2014 新潟県新潟市西区小針西2-7-32
資本金 4億9千万円

http://www.hirasei.net/hirasei/event/freemarket.html
新たに始まる、【野菜専門のフリーマーケット】サービス
家庭菜園で生産した皆様、朝どり新鮮野菜をひらせいホームセンターで販売してみませんか。



http://muratainc.com/review/y2009/vol129.html
ひらせいホームセンターの年間売上は約340億円。
そのうちホームセンター部門の売上の4割が家庭菜園関連の商品という。


http://www.melma.com/backnumber_92209_4500835/
○ひらせいホームセンター(新潟市)は5月、消費者が家庭菜園で栽培した野菜を同社の店舗で販売できる「野菜のフリーマーケット」サービスを開始。



  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(営業企画・提案)の記事画像
退蔵益ビジネスは美味しい?ホリエモン、ひろゆき グルーポン
地元密着 産直野菜の販売、宅配、ネット通販企画案
【新ビジネスモデル例】作業依頼仲介サイト しごとのセリ市
リアルタイムEC 加熱するフラッシュマーケティング戦争
販促お悩み相談 実店舗とネットショップで相乗効果を上げる手法
2030年のモバイル社会ビジョン  20年後の未来のイメージ
同じカテゴリー(営業企画・提案)の記事
 退蔵益ビジネスは美味しい?ホリエモン、ひろゆき グルーポン (2010-10-26 12:23)
 参考企画 無料レシピで集客、手作りキット、オリジナル品の販売 (2010-10-21 09:36)
 旧3級品煙草 エコー、わかば、しんせい、ゴールデンバット (2010-10-11 15:54)
 エニタイム 24時間営業のコンビニフィットネス 夜間は無人! (2010-10-09 11:50)
 全国消費実態調査2010 日本人のお金の使い方 (2010-10-06 11:33)
 地元密着 産直野菜の販売、宅配、ネット通販企画案 (2010-09-07 13:46)
この記事へのトラックバック
はたけ再耕プロジェクトというのが面白そうだ。なんでも、ホームセンター周辺の耕作放棄地を農園化するプロジェクトとのこと。ポイントは以下の4つ(1)種苗の購入先であるホームセ...
はたけ再耕プロジェクト ホームセンター周辺耕作放棄地を農園化【播磨のいぢ】at 2010年03月10日 11:14
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。