アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事TV・芸能・視聴率

2009年11月04日

雑誌スプラッシュのM-1 ブラックマヨネーズ特集がいい

2009年も11月になってそろそろ年末のイベントが気になる頃に。

そう、12月の恒例行事。M-1グランプリです。

そのM-1優勝者の特集をしている雑誌splash!!VOL2が面白かった。
ブラックマヨネーズを表紙にインパクトのある表面が購入者を選ぶけれども。

「ブラックマヨネーズが愛される理由」と題した約30ぺージに及ぶ特集はヨミ応え十分。

特に吉田のコメントが病んでいてGood。

アメトーーク等で小杉が愛される理由などは語りつくされている感があるけど
吉田の心の闇の部分としたたかな部分とお笑いしかないという悲壮感は面白い。
(内田裕也似の60歳おばちゃんとの話や、鬱々日記の話はそれだけで本1冊になったり映画になってもおかしくないかも)

ブラマヨファンなら必携の1冊ではないでしょうか。




その他過去のM-1グランプリで登場した芸人が
様々な角度からM-1に対する思いを語っているのがよい。
是非店頭でお見かけしたら手にとってもらいたい。

※某ネット書店では品切れしているとのこと

●登場芸人
ブラックマヨネーズ、チュートリアル、NON STYLE、アンタッチャブル、サンドウィッチマン、笑い飯、トータルテンボス、POISON GIRL BAND。
splash!! vol.2 (単行本(ソフトカバー))
ブラックマヨネーズ (著), NON STYLE (著), アンタッチャブル (著), サンドウィッチマン (著), 徳井義実 (著), バナナマン (著), おぎやはぎ (著), ライセンス (著), 曽我部恵一 (著), 峯田和伸 (著), せきしろ (著), 山里亮太 (著), 又吉直樹 (著)


【special 1】
M-1グランプリ ―戦いの先の試練―
優勝がゴールではない――。日本最大の漫才コンテスト「M-1グランプリ」。その覇者と常連組たちが語る「ポストM-1の戦い」とは。“飽きられたらポイ捨て”のテレビバラエティーに場所を移し、いまだ戦い続けるM-1戦士たちの今に迫る!!芸人にとって、真の勝利とは一体、何なのか。

・ブラックマヨネーズ 「M-1とバラエティの2つを制した男たち」
・NON STYLE 「優勝というスタートラインにたった葛藤」
・アンタッチャブル 「多くの芸人が憧れる2人の“奇跡”の逆転人生」
・サンドウィッチマン 「ネタの求道者が見据える“M-1のその先”」
・笑い飯 「驚異の7年連続出場者が知るM-1の姿」
・トータルテンボス 「“キャラの時代”を生き抜くために磨くべきこと」
・POISON GIRL BAND 「“ツッコまない”漫才を選んだ男たちの試練」
・プレイバックM-1グランプリ2001-2008

【special 2】
ブラックマヨネーズが愛される理由

第 1特集と連動したこの企画ではブラックマヨネーズをフィーチャー。「何かをしてくれる」という期待感と、「何とかしてくれる」という安定感を兼ね備え、業界内・芸人内からの評価も高い2人の歴史と人気の理由。そして、苦闘の末に辿り着いた現在地から、さらに高みを狙う2人の今。

・同期・チュートリアル徳井が語るブラマヨ
・M-1戦士たちが語るブラマヨ
・ブラックマヨネーズ自身が語るブラマヨ
・放送作家たちが語るブラマヨの凄さ
・この一年間のブラマヨの活躍をプレイバック
・伝説のラジオ番組「ずぼりらじお」とは
・ブラマヨに訊く12のキーワード






ブラックマヨネーズ
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブラックマヨネーズは、小杉竜一と吉田敬の2人による日本のお笑いコンビ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。1998年4月結成。2005年M-1グランプリ王者。略称はブラマヨ。

* 吉田敬(よしだたかし、1973年6月27日 - )ボケ担当。立ち位置は向かって右。
* 小杉竜一(こすぎりゅういち、1973年7月5日 - )ツッコミ担当。立ち位置は向かって左。

コンビ仲がよく、吉田の携帯メモリのNo.0は小杉、小杉の携帯メモリのNo.1は吉田である。吉田は小杉の代わりがいないという意味でNo.0、小杉は有事の際に一番に連絡を取りやすいことからNo.1に登録している。東京の吉田の新居に小杉が遊びに行ったりすることもある。

ヨシモト∞など2人だけのフリートークではハイテンションで魅力が輝く吉田であるが、東京の番組などで先輩芸人と絡む時は、上下関係に律義で生真面目な性格が顔を出し、ただ、いじられて終わってしまう場合もある。しかし、リンカーン の人気コーナー「説教先生」に出演した時は、ブラマヨ本来のキャラクターでダウンタウンなどの大先輩芸人相手に切れ味するどい芸風を披露した。

『ネプリーグ』にはゲスト出演者としては最多出演を誇り、比較的ネプチューンチームに出る事が多い。その番組内では、吉田が相手チームの出演者の女性に恋をし、それに小杉や名倉潤らが突っ込んでいくのがお約束である。



吉田敬
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉田 敬(よしだ たかし、1973年6月27日 - )は、吉本興業所属のお笑い芸人。ブラックマヨネーズのボケ担当。立ち位置は向かって右。相方は小杉竜一。
2009年度吉本ブサイクランキング 第2位
アレルギー:カニ、エビ、貝類、ソバ、金属(検診の結果、全ての食物にアレルギー反応が見られ、イカとタコしか安全に食べられないことが判明した。)

現在の顔のひどいブツブツは、当時中学生だった吉田がニキビに悩み、通販で「ニキビを消すローラー」を購入し顔中にローラーをかけたのがすべての始まりであり、後に吉田を一生苦しめることになる。

19歳の時、テレクラで知り合った「よし子ちゃん」という内田裕也似の60歳の女性と関係を持ったことで「このままやったらあかん」と思い、それをきっかけに漫才師を志す。

首に大きなデキモノができ、看護師の母の紹介で切除手術を行ったところ、緑の体液が飛び出し母が嘔吐した。


  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(TV・芸能・視聴率)の記事画像
必見!カンブリア宮殿で岡田武史、前サッカー日本代表監督登場
真水で海水魚を養殖、好適環境水の岡山理科大・山本俊政准教授
朝日放送 笑いの黄金世代VIII 4夜限定コラボが面白い
がっちりマンデーで西脇の廣田縫工が紹介されていた
茂木健一郎 3年間で4億円の脱税、所得隠し、申告漏れ
イオン4980円の地デジチューナーPRD-BT102-PA1
同じカテゴリー(TV・芸能・視聴率)の記事
 録画必須 NHKわたしの思考探究 川嶋あい、鳥居みゆき登場! (2011-02-06 23:46)
 2/12BS特番 放熱の彼方~尾崎豊 知られざる伝説  (2011-02-03 15:18)
 録画必須 NHK Q~わたしの思考探究~「言葉とは何か」 (2011-01-23 13:52)
 今年でラスト!M-1グランプリ決勝進出にスリムクラブ、笑い飯 (2010-12-12 20:50)
 M-1グランプリ2010決勝予想 ウーマンラッシュアワー優勝 (2010-12-06 12:59)
 ボラバイト=低賃金労働? ガイアの夜明け「異様な就職活動」 (2010-11-24 09:50)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。