アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事Eコマース・ネット事業

2009年11月19日

ロングテールをリアルに実践 九州のHC ハンズマンの事例

小売業といえば、いまやデフレ宣言下で価格が安いことが正義のごとくとにかく値下げラッシュが凄まじい。
大手各社がプライベートブランドで価格破壊を起こせば、地方中小小売店も赤字覚悟で値下げ合戦に突入。
それについていけない企業は売上を大幅に落としていく・・・
商品の価格自体が下がって買いやすくなることはうれしいことなのだが、選択肢がなくなるということはうれしくない。

とにかく近頃感じるのは選択肢がなくなってきたな、という感覚。
スーパーといえばイオン系。ジャスコかサティかマックスバリュ。店舗の選択肢自体が少なくなってきた。
同じような商品が同じような値段で販売されてる。
そのうえトップバリュやベストプライスなどといったPBが売り場を占拠していて、商品自体の選択肢が少なくなってきた。
選ぶ楽しさというものが制限されてきているのではないか?と感じている。

一方で、かつて一世を風靡した販売理論にロングテール理論というものがある。
アマゾンを代表するような販売方式で、売れ筋2割よりも死に筋8割に収益を求め強化するような方式。


かつて中小ネット企業がこぞって導入しようとしたけれども、莫大な商品データと在庫の山を管理するコストが大きすぎて結局適正規模を維持するのが精一杯に。

ところがロングテールをリアルの店舗で実現しているホームセンターがあるという。
九州の売上規模200億企業、ハンズマン。

取り扱い品目を縮小するのではなく多様多岐にわたって商品点数を増やして18万点以上の商品を販売しているという。
しかもPOSシステムを導入していない・・・

●気になったポイント
・毎年1万点アイテム拡大
・在庫回転 年平均4回転
・販売数が年一桁商品が全体の60%
・面積あたりの売上高アップのため、商圏拡大・リピート率アップを。そのために死に筋60%を強化。
・ハンズマンの商圏は20キロ
・顧客が来店する理由1位 絶対にある
・毎朝店舗で無料のパンやコーヒーを提供
・死に筋だらけの楽しい売り場


今後更なる価格競争が予想されるなか、
価格以外の競争力って何があるだろうと思うと
一つはハンズマンのような、ないものはないという品揃えであったり店員の親切な対応であったり、お店と顧客の絆構築であったりするのだろう。

ただ素人が模倣だけでロングテール戦略にシフトすると、大やけどをする可能性大。
かつて経験したように。

@参考記事
ロングテールをリアルに実践~九州に“凄い”ホームセンターがあった
小売業の生きる道を探せ――ハンズマン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20091117/209951/?ST=manage 
九州一円にホームセンターを展開しているハンズマン(宮崎県都城市、大薗誠司社長)。店舗数は9店舗。売上高207億円、営業利益も1億円あまり(2009 年6月期のデータ、2010年6月期第1四半期は出店費用の影響で800万円の営業赤字)。ジャスダック市場に上場しているものの、九州以外の知名度はそれほど高くない。中堅に毛が生えた程度のホームセンターである。

ハンズマン
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ハンズマン(英称:Handsman Co., Ltd.)は、宮崎県都城市に本社を置く、JASDAQ(ジャスダック証券取引所)上場の小売業である。

「お客様第一主義」を基本経営理念に掲げ、取り扱い品目数180,000点超を誇るDIY型ホームセンターである。

一般的な販売業の取り扱い品目数の縮小傾向とは逆に、顧客の多様多岐に亘る要望に応えるため現在でも180,000点以上を販売しており、今後も減らす予定はないという。また、この品数に対して肌理の細かい店頭対応を実現するため従業員数は1店舗あたり100~110人を稼動させている。これらの諸元は、同業他社のそれぞれ「30,000〜50,000点」、「20〜30人」という数字と比較して際立って多い。

大型の小売店にもかかわらずPOSシステムを導入していない。上記の理由により、売れ筋商品以外の商品を確定し、除去するといった作業を基本的に行う必要性が少ないためと思われる。

仕入れ時に複数が一組となっている物や、必要上数種の品物が封入されている、いわゆる「セット商品」等も基本的に小分けして販売しているが、これに加え顧客の要望によっては、売場担当者の判断で可能な限りバラして販売することが認められており、顧客が不必要な数量、品物まで購入せざるを得ないという不便さを解消している。

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(Eコマース・ネット事業)の記事画像
日経MJ6/30 ネット販売1~2年後には75%が黒字化
ネット通販の出店を不要に ヤフー、事業者向け
ネット消費時代の新インフラ御三家 物流・決済・窓口
楽天オークションの出品商品が楽天市場の検索対象に
代引きが使えなくなる?為替取引に関する新法で規制審議中
11月度アフィリエイト収入公開 マイクロアドから6円
同じカテゴリー(Eコマース・ネット事業)の記事
 ソーシャルビジネスケースブック 老舗スーパーがネットショップ (2012-01-20 16:28)
 置き薬の食べ物版→高齢者向けに「おかず箱」レトルト食品の宅配 (2011-10-21 10:51)
 新マーケティング用語、OtoO オンライントゥオフライン (2011-10-20 12:08)
 送料無料、返品OKのネットの靴屋 ロコンドのビジネスモデル (2011-04-21 09:45)
 ゲオの自社ECサイト閉鎖からみる最近のEコマース事情 (2011-03-04 13:52)
 遂に来た アマゾンが食品の通販開始へ (2011-02-24 23:30)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。