アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事中国起業・中国語入門

2009年12月14日

淘宝網が94%!中国のオンラインショッピング事情2009

ネット通販の世界も競争が激しくて
限られたパイを多くの業者が奪い合っている状況が続いています。

正直、日本国内だけでは縮小傾向で
例えば楽天市場の出店店舗数の増加傾向と楽天市場自体の市場規模拡大傾向は比例せず
すでに数年前から出店店舗数の増加傾向が上回ってしまっている状況。

そんな中、海外に目を転ずれば
中国という巨大市場が急拡大しつつあり、
すでに世界でNo1のインターネット人口を誇るまでになっている・・・

そこに向けて日本の企業も進出したいわけだけれども、
言語の問題、決済の問題、配達の問題、法律の問題、人員の問題等で
なかなかうまくことが運ばないことが実情。


そんな中国のオンラインショッピング事業の最新版がまとめられているので下記サイトを参照して欲しい。



http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091204_333400.html
2009年の中国オンラインショッピング事情、CNNICが調査報告
「2009年中国網絡購物市場研究報告」

中国の2009年6月末時点でのオンラインショッピング利用者は、前年同期比で38.9%増の8788万人。これはインターネット利用者3億3800万人の26%に相当する。

北京では人口の60.7%にあたる1037万人がインターネットを利用し、そのうち51.3%にあたる532万人がオンラインショッピングを利用
上海でも人口の61.8%にあたる1167万人がインターネットを利用し、そのうちの52.6%にあたる613万人がオンラインショッピングを利用



正直、現状の規模としては日本の東京圏と大阪圏を足したくらいの市場規模と考えてよいと思う。


サイト利用率ではTAOBAOが圧倒的、Amazon中国は4.5%にとどまる
購入決定要因は購入者レビューが多数、専門家の意見の影響力は少ない


状況としては10年くらい前の日本の状態に近いのではないかと思う。
楽天市場がまだ出始めで、ヤフーオークションが独り勝ちしていた頃。
その頃はヤフオクの評価数こそが購入の際の信用ポイントで
市場価格相場よりも安いブランド商品が飛ぶように売れた。
個人と業者が半々くらいで玉石混交、カオス状態。
(今では7割以上の出品者は業者だと思うが・・・)

購入する商品のジャンルは「服・アクセサリー(61.5%)」「化粧品・宝石(23.5%)」「本・CD・DVD(20.2%)」「携帯電話・デジタルカメラなどデジタル製品(13.2%)」「電話やゲームなどのプリペイドカード(9.0%)」「食品とサプリメント類(7.8%)」「パソコンと周辺機器(6.9%)」「家電(4.8%)」「子供向け商品・マタニティ(3.5%)」「スポーツ用品(2.4%)」「記念品(1.6%)」「花やケーキなどのプレゼント用品(1.5%)」「旅行予約(0.5%)」「その他(7.3%)」となった。


服アクセサリーがトップで、化粧品・宝石が次に続くというのが興味深い。
日本ブランドの化粧品や雑貨・アクセサリーなら日本より売れる可能性高いのだろうか??

食品、サプリメントが案外比率が低い。これから伸びるとは思うが・・・



関連情報
■URL
 ニュースリリース(中国語)
 http://www.cnnic.net.cn/html/Dir/2009/12/03/5741.htm

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(中国起業・中国語入門)の記事画像
ヤフーが淘宝網(タオバオ)と楽天は百度(バイドゥ)と提携
8/18 ジャパナビ 郵便会社が中国向けネット通販斡旋?
同じカテゴリー(中国起業・中国語入門)の記事
 楽天市場の中国版、楽酷天が結構すごい! (2010-10-20 11:05)
 ヤフータオバオ曲がり角。中国の個人輸入課税強化でグレー排除 (2010-09-13 13:51)
 タオジャパンが混乱中 淘日本 新規会員募集を停止 (2010-08-04 11:41)
 日本の粉ミルク 中国で輸入禁止に 原因は口蹄疫 (2010-06-03 10:46)
 6/3中国向けネット通販 タオジャパンの状況調査 (2010-06-03 10:34)
 中国人向け通販に必須 銀聯(ぎんれん)カードとは (2010-05-25 14:19)
この記事へのコメント
日本ブランドの化粧品、雑貨・アクセ
売れますよ~

でもちゃんと売り方は考えないといけませんが。。
出品しただけではなかなか難しいです。
Posted by kkuno1978 at 2010年01月03日 16:20
kkuno1978様

コメントありがとうございます。
日本ブランドの商品実際売れているんですね。

しかしその流れが加速すると
そのうち日本人が中国へ出稼ぎにいくという流れができてしまうかもです。
Posted by 播磨のいぢ播磨のいぢ at 2010年01月05日 12:58
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。