アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2009年12月22日

35歳を救え なぜ10年前の35歳より年収が200万円も低い

35歳問題ってご存知ですか?

35歳というのは団塊ジュニア世代で団塊世代に次ぐ人口構成比を誇る。

その35歳がピンチだと。
20年後の日本の行方を左右する35歳世代をなんとかしないといかんと。

続々と35歳世代の危機感を煽る本が出版され、「35歳本」というジャンルも出来上がってしまった。

我々はそこに書かれる夢も希望もない現実と未来に打ちひしがれながらも、
そんな最底辺な状況よりは少しはましだ・・・と自分を慰めるために35歳本を読んでしまう・・・

まだまだ35歳の危機は煽られ続けるだろうけど、
実際問題30歳だって、40歳だって壁にぶつかっている人はみな苦しいのだけれど。


“35歳”を救え なぜ10年前の35歳より年収が200万円も低いのか
日本放送協会 /三菱総合研究所 阪急コミュニケーションズ

収入が伸びない、仕事が見つからない、結婚できない、子どもを持てない…「35歳問題」に苦しむ団塊ジュニアを救わなければニッポンは崩壊する!大反響を呼んだ「NHKスペシャル」に紹介しきれなかった内容を大幅追加。
【目次】 
第1章 なぜ“35歳”なのか(“35歳”が20年後の日本を左右する)/第2章 35歳の現実(崩れ始めた“普通”の暮らし/主婦が働いても家計を支えられない/高まる転職率と未婚化/抜け出せないパラサイト/非正規雇用の固定化と壊れる心/地域崩壊と次世代への影響)/第3章 35歳問題への取り組み(積極的雇用政策で「人への投資」を/子育て世代に優しい生活支援/企業が支える家庭と両立する働き方)/第4章 「あすの日本」を築くために(35歳問題の原因と外国の方策/提言1 日本版・積極的雇用政策/提言2 安心して子を育てるための生活支援策)

@参考ソース
http://diamond.jp/series/brandnew/10242/
混迷極める日本社会の象徴?「35歳本」が続々登場する理由

http://www.nhk.or.jp/asupro/koyou/koyou_01.html
NHKあすの日本|雇用再生|“35歳”を救え あすの日本 未来からの提言 [1]



→35歳までに身につけるべき成功の3大要素、仕事の知識・仕事の技能・人格。3つを磨き、チャンスをつかむ。

団塊ジュニア
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
団塊ジュニアの定義は2つある。
1. 日本において、1971年から1974年までのベビーブームに生まれた世代。1970年生まれも含まれる場合も多い。第二次ベビーブーム世代とも呼ばれる。
2. 日本において、団塊の世代の子供世代。→真性団塊ジュニア

世代人口は団塊の世代(第一次ベビーブーム世代。1947年~1949年生まれ)に次いで多い。2006年時点の総務省の「人口推計」によると、1970年~1974年生まれの世代人口は960万人に上る。

イチゴ世代とも呼ばれるが、この世代が1980年代後半に15歳を迎えた時期に使われた語である。
「団塊ジュニア」という名称であるが、実際には、親は真珠湾攻撃から戦後ベビーブームの前年までに生まれた焼け跡世代(「戦中生まれ」世代とも。1942年~1946年生まれ)が多く、母の50%以上が戦中生まれ、父の70%が戦中生まれか真珠湾攻撃以前の生まれである

最も広義では、1970年代生まれの世代を「団塊ジュニア」と呼ぶ例もある。これは、第二次ベビーブームに当たる1970年代前半生まれと、団塊世代の子供世代に当たる1970年代後半生まれを一括している。


三浦展は、「両親ともに団塊世代か、お母さんはもっと若いという子供が、出生総数に占める割合が高い世代こそが、真の団塊ジュニア世代だ」として、1975年から1979年までに生まれた世代を「真性団塊ジュニア」と呼び、1970年から1974年までに生まれた世代を「仮性団塊ジュニア」「偽団塊ジュニア」と呼んでいる。1970年代後半は、団塊世代を父に持つ子供が多く生まれた時期である。ただし、「仮性団塊ジュニア」という語は一般的ではなく、通常「団塊ジュニア」というと第二次ベビーブームに当たる1970年代前半に生まれた世代を指す例が多い。

団塊ジュニア世代は人口が多く、子供の頃より、受験戦争と呼ばれるほどの入学試験などの競争を強いられ、特に大学入試に至っては「入りたい大学より入れる大学」、「現役は偶然、一浪は当然、二浪は平然」「三浪で駄目なら専門学校」「国易私難」という言葉が飛び交った。

成人する頃には、総量規制によるバブル崩壊と、ソ連崩壊による社会主義の没落に遭遇した。この為、大学卒と専門学校や短大の卒業者の一部は、就職氷河期に遭遇し、「貧乏くじ世代」「不運の世代」とも呼ばれている。一方で、専門学校や短大の卒業者の一部と高卒者は、バブル景気の恩恵を受けた

不況下を生き抜いてそれなりの成功を収めた団塊ジュニアは、団塊世代に並ぶ有望な消費者層として注目された。子育ての時期に入った団塊ジュニアが首都圏や愛知県でマンションブームを起こしたものの、バブル世代以前のような消費の牽引役にはなり切れていない。正社員であっても賃金が削減され、少数精鋭でサービス残業が増えた点と、可処分所得が低下した点も原因である。新車需要に至っては右肩下がりを続け、2008年上半期の時点で1974年の水準まで落ちた。売れ筋も軽自動車中心である。小売業の売上げもスーパー・コンビニともに頭打ちであり、将来への不安から消費には消極的な、財布の紐の固い世代である。購買商品も、「無印良品」のようなロングセラーブランドが多い

団塊ジュニア世代は自室を所有し、家庭のシングル化の中で育った。団塊ジュニア世代が15歳を迎えた1980年代後半には、テレビ、ラジカセ、ミニコンポ、電話など情報機器の占有も珍しいものではなくなり、10代の内から多くの情報に触れることが容易になった。ファストフードやコンビニなども普及し、家族と一緒に暮らしていても1人で食事を摂る若者が増えていった。

オタク第二世代(1970年前後生まれ)の後半に重なり、アニメ、漫画、コンピューターゲームといった1980年代の若者文化を担った。小学校入学の時期に当たる1980年頃にはガンプラの大ブームが起こり、小学校時代にはキン消しが流行し、中学時代に当たる1980年代中盤にはファミコンと夕やけニャンニャンの大ブームが起こった。1980年代における週刊少年ジャンプとファミコンの記録的な売り上げは、この団塊ジュニアが起こした面も大きい。

団塊ジュニアの小学生から中学生時代にあたる1980年代はワープロやゲーム機が普及した時期で、MSXなどのホビーパソコンを買い与えられたり、PC-9801など家庭で所有するパーソナルコンピュータに馴染んだ者もいる。携帯電話、インターネットの普及は1990年代後半で団塊ジュニア世代の成人後である。

本来なら、2001年頃に「第三次ベビーブーム」が起こるはずであったが、20代を完全に「失われた10年」に巻き込まれた為、結婚しない者や結婚を躊躇する者が増えて、ベビーブームが起こるどころか2000年から2005年まで出生数が減少してしまうという事態にまで発展した


  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
この記事へのコメント
実際問題30歳だって、←私も30歳を超えたばかりですが、私の友人たちも含め、本当に大変ですよね(汗)
Posted by 成功哲学・成功法則研究 at 2013年02月12日 09:56
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。