アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2010年01月29日

自分ごとだと人は動く 情報スルーされる時代のマーケティング

『「自分ごと」だと人は動く』
今日の日経流通新聞の身につく読書のコーナーで紹介されていた。
ものが売れない時代にいかに売るか。
頭を悩ますこの課題に、消費者像を再定義し、
販促を請け負う大手広告代理店として回答に迫ったのがこの著作
、という紹介。


→ 「自分ごと」だと人は動く 1,575 円  楽天ブックス

日頃から他人事だと感じていることだとまったく頭に入らなくて、
自分のことだと感覚が違うのはなぜだろうという意識があった。
何がきっかけで、どんな条件でヒトゴトはジブンゴトに変わるのだろう。
無関係だったものが、関係あるものに変わる瞬間に注目してみたい。

博報堂アレルギーもあるし、
1500円という価格でどれだけ価値があるか分からないけど、
買って読んでみようと思う。
最近、消費者を生活者と置き換えて考えるように言われていたので、ちょうどよい。


@参考資料
http://www.hakuhodo.co.jp/book/pdf/20091127.pdf
「自分ごと」だと人は動く 情報がスルーされる時代のマーケティング
広告も効かなくなってきた。それは、消費者が情報をスルーするようになったからだ。膨大な情報を前に、人々は情報を無視する術を見につけた。そんな中で、企業のメッセージを届けるキーワードは、「自分ごと」。99%の情報は消費者にとって他人ごと。逆に自分化された情報の伝播力は破壊的となる。

【博報堂DYグループエンゲージメント研究会】
博報堂DYホールディングス、博報堂、大広、読売広告社、博報堂DYメディアパートナーズの5社からなる、次世代型コミュニケーションを開発する企業グループ内プロジェクト。
# 単行本: 227ページ
# 出版社: ダイヤモンド社 (2009/11/28)
# ISBN-10: 4478008728
# ISBN-13: 978-4478008720
# 発売日: 2009/11/28 
# Amazon.co.jp ランキング: 本 - 393位

第1章 細分化する社会
1「幸せの標準」が崩壊している/
2大衆→分衆→網衆/
3細分化する「その都度」社会/
4「マスメディア>生活者」だった20世紀のメディア環境/
5メディア環境、3つの変化/
6情報取扱者としての生活者/
7「生活者主導社会」が誕生

第2章 タグ化する個人――人間とは「タグ」の集合である
1 そのプロフィールは自分のすべてか?/
2一貫性のない「ワタシ」という存在/
3 10年後のコミュニケーションを予想すると?/
4タグ同士をひもづける情報行動「シェア」/
5シェアする技その1:「おく」/
6シェアする技その2:「コラボする」/
7生活者主導社会で始まる新しい「個人観」

第3章 99%の情報がスルーされる?
1「届く」と「受け取る」/
2受け取らない技、「スルー」/
3スルーする技その1:「気がつかない」/
4スルーする技その2:「見切る」/
5スルーする技その3:「放っておく」/
6 情報はストックされ、スルーされる

第4章 コミュニケーションは「自分ごと」で成功する
1 「自分ごと」を定義する/
2「自分ごと」されれば、情報はスルーされない/
3「自分ごと」されれな、情報は「シェア」される/
4ブランド価値を「with C」の視点で捉え直す/
5「自分ごと」への第一歩は「突っ込みどころ満載」/
6突っ込みを共感へ高める「エンゲージメント・テーマ」/
7「エンゲージメント・テーマ」は「インサイト」から見つかる/
8「エンゲージメント・テーマ」を体験する「装置」をつくる/
9「自分ごと」を生み出すことで、広告は進化する

第5章 「自分ごと」は社会を動かす
1あなたは「自分ごと」の伝道師/
2ケーススタディ#1 シブヤ大学:街が「自分ごと」になる/
3デコンストラクション#1 シブヤ大学のケース/
4ケーススタディ#2 コーセー:本社移転を「自分ごと」にする/
5デコンストラクション#2 コーセー:新オフィスのケース/
6ケーススタディ#3 ライオン「自分ごと」で子どもたちの行動習慣をつくる/
7デコンストラクション#3 ライオン:「キレイキレイ」のケース

第6章 社会の主導権は誰が握るのか?
1それでも、人は誰かとつながりたい/
2テーマは24時間、365日/
3生活者が参加・選択する「余地」を残せるか?/
4対応、運用の総合力こそがマーケティング力である/
5 生活者も企業も、もっとソーシャルになっていく?

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。