アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2010年03月08日

自分探しと人生の価値について →博多大吉 年齢学序説

最近自分が本を読むきっかけのほとんどは
ネット上での評判を参考にしている。
ネット上、特にブログで紹介されている文章に影響されて
本の購入の後押しをしてもらっている場合が多い。

今回購入したのはお笑い芸人、博多大吉の『年齢学序説』。

昨年頃よりアメトーーク等で面白さを発見された
「児玉清のモノマネをする方じゃない方」の博多大吉(38)。
彼の中学生時代のエピソードやプロレスに対する情熱、
どこかクールだけど他とは違う切り口と語り口。
注目している視聴者も多くなってきているはず。

そんな彼がデビュー20年の節目で出した本がこれまた話題になっている。
ある意味最高のタイミングでの発売であったと思う。

この本の見所はやはり最終章の「経験としての26歳」。
本人が経験した苦労話はやはり心に響く。

特に強烈なのは芸人博多大吉が駆け出しの頃に経験した一連のエピソード。
現状打破をしなければならないと打開策を話し合った結果出た結論が
「僕がいなくなる」ということだった。
これは強烈な一言だ。
自分がいなくなった方が、コンビとしての価値が上がると判断するという苦しみ。

ここから始まる博多大吉の歩み方というのは感動と共感の嵐。

自分のことを「地味で特徴が無く芸人として致命的」と思っていた人間が、
空回りしながらも、もがき苦しむ中で芸人としての自我に目覚めていく様は
誰もが共感できるのではないだろうか。

今まさに「自分探し」に苦しんでいる人に是非おすすめしたい逸品だと思う。
人生は幸福であることよりも幸福であろうと努力し続けることに価値があると思わされる。

年齢学序説Amazon.co.jp ランキング: 本 - 700位
発売日: 2010/2/20
選ばれし者は26歳の時に時代を掴む!?芸人、アスリート、歌手、漫画家、格闘家、アニメ主人公…ありとあらゆるジャンルを調べ尽くして発見した、「年齢に隠された成功の秘密」とは。

@参考ニュース
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201002250034.html
博多大吉初の著書「年齢学序説」ブレーク
お笑いコンビ博多華丸・大吉の「児玉清のモノマネをする方じゃない方」の博多大吉(38)が書き下ろした初著書「年齢学序説」(幻冬舎)が、話題になっている。


@参考ブログ
http://inomys.net/2010/03/20100301_16261650.html
人生はスタンプラリー 博多大吉『年齢学序説』 | イノミス
・ダウンダウンが「ガキの使いやあらへんで!」を始めたのが26歳
・とんねるずが「みなさんのおかげです」を始めたのが26歳
・ウッチャンナンチャンが「やるならやらねば」を始めたのが26歳
・ナインティナインが「めちゃイケ」を始めたのが26歳
・志村けんが「東村山音頭」をヒットさせたのが26歳
・明石家さんまが「オレたちひょうきん族」で二代目ブラックデビルに選ばれたのが26歳

http://d.hatena.ne.jp/LittleBoy/20100302
博多大吉が見上げる世界 2010-03-02 - てれびのスキマ
事実を淡々と描写する静かな語り口が、よりいっそう、その深い想いと情熱を感じさせてくれて感動的だ。
やがて、博多大吉は唯一無二な「芸人としての自我」を掴む。



  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。