アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事ニュース・話題

2010年03月24日

出版業界も悲惨 金融返品・委託制度・再販制度の問題点

先日は日本のテレビ・新聞の未来に関する討論番組はつまらなかったとケチをつけたのですが、
正直、テレビ・新聞業界はなんだかんだでまだまだ余裕たっぷりで
昨今の金融危機や100年の1度の不況だといってもテレビ局や大手新聞社が倒産するイメージはない。
社員もまだまだ高給とりで年収1000万オーバーもざらという。

その余裕の源泉はひとえに国の法律に守られている既得権益業界だからだろう。
ネット業界がいくらがんばっても、ライブドアも楽天もテレビ局を取得することはできなかった。

新聞・テレビ業界は簡単にネット業界に参入できるけど、
ネット業界が既存の新聞・テレビ業界に風穴をあけるのは相当困難なように思う。

その国に守られている、ほとんど公務員のようなお堅い立場から
若者のテレビ離れ、新聞離れ、危機的状況だなんて訴えても信憑性がないわけである。

一方で、出版業界の状況は本気で悲惨っぽい。
若者の活字離れ、漫画離れ、アマゾンによる書店の経営不振、ブックオフなど中古書店の問題、
レンタルコミック、漫画喫茶、電子書籍の脅威・・・
数え上げたらきりが無いほどの脅威と変化の業界が出版業界だと思う。
出版業界最底辺日記 998 円



こちらも法律によって再販売価格維持、つまり定価販売が保証されているし
10年以上まえから出版不況が叫ばれていても、
なんだかんだでまだまだ巨大市場を維持して、余裕かなと思っていた。

けれどもここ数年では、地方中小の出版社は平気で倒産しているし、
書店もつぶれていっている。

ネット上ではとある漫画家が自費出版じゃないけど、WEB上で自分の漫画を販売しだしたり、
取り巻く環境、状況の変化というのは年々厳しくなっているようだ。

なんだかんだでどの業界も苦しい部分はあるんだろうけど、
出版業界の場合は、委託販売制度と再販制度に守られてきただけに問題の深刻さは奥深そう。

いまちまたで話題になっている『金融返品』っていうのも象徴的だ。

金融返品というのは期末の支払額を減らすために返品することらしいです。
普通の小売業では売れ残った商品を問屋等と交渉して返品するのですが、
本の場合は、返品率40%という
仕入れた商品の半分近くを自由に返品するという異常事態なわけで、
書店が生き残るためにはこの金融返品を手際よくやるというのがミソのようです。

「いかに返品するか」、書店経営の真髄はここにありといったところでしょうか。

年度末になってそれぞれの業界たいへんでしょうが、
金融返品というキーワードによって、出版業界の暗部を見た気がします。


@参考ブログ
http://sanwa-eigyou.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-aa67.html
本の流通改善をめざして(委託制度・再販制度の問題点)

http://togetter.com/li/10726
Togetter - まとめ「期末の出版業界」
期末の出版業界 
 ・期末の返品の意味
 ・金融返品の是非
 ・期末の版元営業はヤバい

@参考過去記事
http://lohas.tenkomori.tv/e159150.html
2010年03月23日 悲惨だったNHKのテレビ・新聞の未来に関する討論番組

http://lohas.tenkomori.tv/e155103.html
2010年03月01日 東加古川国道2号線 喜久屋書店、3月30日で閉店?
再販売価格維持
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(再販制度 から転送)
再販売価格維持(さいはんばいかかくいじ、英語: resale price maintenance)とは、ある商品の生産者または供給者が卸・小売業者に対し商品の販売価格を指示し、それを遵守させる行為。 再販売価格維持行為(再販行為)、再販売価格の拘束とも呼ぶ。

要はメーカーが小売業者に対し商品の小売価格の値段変更を許さずに定価での販売させることをいう。

再販売価格維持は流通段階での自由で公正な競争を阻害し、需要と供給の原則に基づく正常な価格形成を妨げて消費者利益を損なうため、資本主義経済を取る国の多くでは独占禁止法上原則違法とされている。但し例外的に一部商品については一定の要件の元に再販行為を容認している場合があり、それを再販制度と通称する。



日本 
日本では、再販行為は独占禁止法(独禁法)2条第9項にいう不公正な取引方法に該当するとして、原則として禁止されている。その例外としては、著作物および公正取引委員会の指定を受けた商品(いわゆる「指定再販商品」)がある。

なお、実質的にメーカーが販売していると認められるいわゆる委託取引の場合、一定の要件を満たしていれば再販行為を行っても、通常違法とはされない。これは、自らが在庫リスクおよび売れ残りのリスクを負担して取引を行っている以上、メーカーが直接消費者に商品を販売していることと同視できることから、契約自由の原則どおりに価格決定の自由を認めても、自由競争を減殺する怖れがないためである。 アパレル分野等の高級ブランドが、上記以外の商品分野においても価格統制を行うことができている理由は、この委託取引方式、もしくは直営店を通じた販売方式を採用しているからである。

ブックオフと出版業界
図解出版業界ハンドブック
出版業界の危機と社会構造
「本の雑誌」炎の営業日誌






  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(ニュース・話題)の記事画像
トイザらスが破産?アマゾンに負けて負債400億円 ベビー用品は西松屋の独り勝ち?
日経MJ 2010年度上期ヒット商品番付 コロブラ・クラフト
子供手当の支給案内書が届いたら手続き・申請を急ごう!
郵便局の年賀状ツール、無料似顔絵サービスの出来がいい
第2264回近畿宝くじ 1月14日抽選、一等8000万円
アマゾンで90%OFFなど特価商品を検索する手法がナイス
同じカテゴリー(ニュース・話題)の記事
 トイザらスが破産?アマゾンに負けて負債400億円 ベビー用品は西松屋の独り勝ち? (2017-09-07 09:38)
 5/21は金環日食 ドリカムの時間旅行で太陽の指輪と (2012-01-25 10:04)
 平成24年 年賀状 お年玉当選番号発表がありました (2012-01-23 09:06)
 小野市のスーパーで女装した国交省職員が万引きで逮捕でびっくり (2011-05-19 18:37)
 世界が変わった3.11 あれから3週間たって (2011-03-31 10:32)
 2011年世界長者番付 前澤友作 スタートトゥデイ社長も (2011-03-11 08:49)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。