アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事中国起業・中国語入門

2010年04月03日

ヤフー・タオバオ提携 中国向け通販は大チャンスなのか?

※本日のブログ内容は一部不適切な記述もございます。
※関係者の方は閲覧しないことをお勧めいたします。


先日、日経新聞1面にヤフーとタオバオ提携のニュースが掲載されて以来、
中国向けのネットビジネスを煽る連中が急増してきたように思う。

2010年上海万博を迎える中国向けビジネスはまさに今が旬。

今がチャンスですよ!と。

船井流の「時流適応一番店」方式なら、今は絶好の機会。これを逃す手はない。
私がコンサルタントなら絶対今ですよ!と提案するだろう。

しかし
結論から言うと正直判断つかないのだ。


中国に巨大な市場が存在することも
日本国内よりもこれから海外、中国向けビジネスの方が
可能性があり、魅力的であることは間違いない。

しかし今の我々に見分ける目があるだろうか。

中国とひとくくりにしているが、
上海や北京のような都会と
内陸部の田舎の違いも理解しきれていない。

そもそも
中国進出支援という名の会社を見分けることができない。
詐欺会社なのか、優良会社なのか。

そのうえ
肝心の顧客の姿がイメージできないのだ。
(中国進出を希望する日本企業のイメージはできるのだが)


躊躇していたら何も始まらないし、迷っているよりは挑戦した方がいいんだろうけど
何故かその気になれない。


なぜなんだ?





↓ 続きます。


リスクを恐れてビビっているのか?
中途半端に現状に満足してしまって動けなくなってしまっているのか?
中国人が怖いのか?
言葉が違う、読み書きができない、文化が違う、価値観が違う
法律が違う、ネットに制限がある、グーグルさえ撤退だ
中国向けビジネスのカリスマですら倒産してたぞ
いやそもそも何を売るつもりなのか
我々が扱う商品なんてすでに他社がやってる。差別化できない。
どうやって運ぶ?決済は?クレーム対応はどうするんだ?

(10年前、ネットショップがうまくいっていなかったときのように)
できない理由は考えれば考えるほど無限に出てきそう。

でも出来ない理由を考え出すよりも
前を向いて失敗してもいいから挑戦することが大事じゃないのか?



いや違う。

直感的に、儲かりそうもないと感じているんだ。

儲けの方程式が思いつかない。

どう考えても正攻法で利益が出るビジネスモデルじゃない。

日本でやるよりよっぽどコストがかかるのだ。


致命的なのは自分でコントロールが利かない要素が多すぎるということだ。


商品のことも
物流のことも
ホームページ作成、広告のことも
受注処理、決済、クレーム対応・・・・
ネット通販にまつわる中核業務を外注せざるをえなくなる点が痛いのだ。

なら相応の業務ができる人材をコントロールすればいいという話にもなる。


やれるとしたらその一点。

中国向けネット通販事業で成功しようとしたら
とにもかくにも人材だろう。

その点に不安がある限りはやめておけ、と本能が教えてくれる。



第一、
今回のニュースでウキウキワクワクしているのは
中国の消費者じゃなくて、
中国進出をしたい日本企業でもなくて、
中国進出支援企業、コンサルだけじゃないのか?
最高のビジネスチャンスだと捉えているだろう。
それこそ百年に一度の大チャンス。
10数年前のITバブル期のように
よくわからんものに期待しちゃって投資しちゃう傾向。
(これからの時代はITだ!ホームページを作ろう、プロバイダ事業がいいぞ、ネットショップ、パソコン教室はどうだ?)

流れに流されるだけじゃどうなるのか、結果は見えてるんじゃない??


ならどうするのか。



私なら逆へ向かう。
こういう時は思い切って世間の方向とは逆に向かうのが面白い。

大手含めた有力ネットショップが海外へ投資するなら
いまこそ中小零細ネットショップは国内に再投資。


足もとの顔の見える、好みを理解したお客様へ最適な商品とサービスをお届け。





こんな考えはもう30代のおっさんの考えなんだろうか。

新天地を切り開く勇気がない
冷めた考えなんだろうか。

結局はいろいろ悩んで葛藤しているというわけだが。


※追記※
今回の悩みって、セカンドライフの時の悩みにも近いものがある。
猫も杓子もセカンドライフ、
仮想空間でのビジネスがとてつもない可能性を秘めていると囃し立てていた。
結果どうなったのか。
取り組むこと自体は悪くない。
けれどもやるからには成功するにせよ、失敗するにせよ
その結果に責任を持たねばならない。
なにがどうなるか分らない世界に、他人の金を使うほど判断能力低下していない。
自分の金なら別だ。
失敗しても自分の責任、自分が損してゼロになれば済む。
けど
人から託された金を自分が判断できない事に使えない。

これは自分自身の信念だ。



@参考過去ログ
http://lohas.tenkomori.tv/e162022.html
2010年04月01日 ヤフーが淘宝網(タオバオ)と楽天は百度(バイドゥ)と提携



  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(中国起業・中国語入門)の記事画像
ヤフーが淘宝網(タオバオ)と楽天は百度(バイドゥ)と提携
8/18 ジャパナビ 郵便会社が中国向けネット通販斡旋?
同じカテゴリー(中国起業・中国語入門)の記事
 楽天市場の中国版、楽酷天が結構すごい! (2010-10-20 11:05)
 ヤフータオバオ曲がり角。中国の個人輸入課税強化でグレー排除 (2010-09-13 13:51)
 タオジャパンが混乱中 淘日本 新規会員募集を停止 (2010-08-04 11:41)
 日本の粉ミルク 中国で輸入禁止に 原因は口蹄疫 (2010-06-03 10:46)
 6/3中国向けネット通販 タオジャパンの状況調査 (2010-06-03 10:34)
 中国人向け通販に必須 銀聯(ぎんれん)カードとは (2010-05-25 14:19)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。