アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事Eコマース・ネット事業

2010年07月15日

仕組みで「売る」技術 白川博司

白川博司氏といえば、通販業界のカリスマ。
前著、通販成功マニュアル (2004年発行)は駆け出し当時の私のバイブルでした。
1冊3万円の書籍にすがりついたものです。

通販成功マニュアルから5年あまり。
白川氏の新たな著作が2009年に発売されています。
それが、仕組みで「売る」技術という本。
内容的には通販成功マニュアルに書かれていたことが中心。
そこからはぶれていない。
そう、ぶれていないのだ。
通販成功マニュアル

通販成功マニュアル

価格:31,500円(税込、送料別)



5年という月日が経って、
様々なEコマースの方式が生まれては消えていったこの時代に、
ぶれていないのだ。

だから読む価値がある。

このノウハウは5年、10年、20年と時代が変わっても変わらない核心部分をついている。
だから読み継がれている。

正直、今日明日に即実行できる裏技が書かれているわけではない。
当たり前のことしか書かれていないと思う人もいるかもしれない。

しかし、3年後・5年後のEビジネスが一体どうなるかなんて誰もわからない時代に、
一筋のすがるべきものとして、こういう一冊を手元においていてもいいんじゃないのか。
仕組みで「売る」技術

仕組みで「売る」技術

価格:1,470円(税込、送料別)


【目次】
プロローグ 通販で既存ビジネスを見直せ!
第1章 ショッピングの主人公は、お客様だ!
第2章 通販成功のゴールデンルール
第3章 6カ月で結果が出る!通販ビジネス成功のポイント
第4章 異業種からの新規参入成功企業に学ぶ勝ちパターン
エピローグ 近未来通販の行方

@参考
http://www.sinkan.jp/special/interview/bestsellers8.html
白川博司 仕組みで「売る」技術
・まず言えることは通販商材を持つ努力を一年間くらいですること。
・『このやり方でやればお客さんを増やせる』という体感をすること
成功をおさめる企業と失敗する企業に分かれるのには決定的な違いがあります。
その違いを明確にし、 主に本書では、多くの新規参入パターンである、手持ちの商材や事業スペース、人材など、ある程度の社内資産を活用した場合を想定し、ゼロから通販事業部をスタートして「資金500万円、6カ月間の準備期間を経て、1年後に売上1億の通販を立ち上げる」ステップについて、これまでのコンサルティング活動で体系化したもっとも効率のよい方法と、最新のノウハウ、成功に導くためのテクニックも盛り込み、わかりやすくお伝えしていきます。 
カリスマ通販コンサルタント白川博司が、儲かる仕組みを本書で初めて明かす!世界一、通販好きな日本人の“心”をつかむ商いの原点=「日本式」で売り上げはどんどん伸びる!通販部門ゼロからのスタートでOK!資金500万円、1年後に1億円売り上げる新・通販システム。
*****************************************************************************
仕組みで「売る」技術 白川博司

2010/07/19 追記
実際に購入してみた。
個人的に気になったフレーズをピックアップしてみる。

・資金500万円6カ月の準備期間を経て1年後に売上1億円の通販を立ち上げる
・日本式通販の求められる重要ファクター
 1、お客様が求めるコミュニケーションの変化に対応せよ
 2、求められる情報の質と量の変化に対応せよ
 3、業者基準でなく顧客が求めるスピードの変化に対応せよ

・時間の節約=通販
・日本人のお客様意識
 ⇒自分が主人公。好きになったお店と自分との関係を大事にする。
・通販はインフラ
・消費者の好みの変化に自分たちの商売のやり方をどうやって臨機応変合わせていくのか
・コミュニケーションの基本は接触する機会を増やすこと=ウェット性=習慣性⇒仕組化
・1回目は見込み顧客、2回目からが本当のお客様
・「やるからにはとことん本気でやれ」⇒経営者自身の意識を通販化
・現場に立つ経営者であれ

・通販ビジネスの魅力
 1、商圏無限大
 2、営業時間無制限
 3、店舗不要
 4、社長一人で出来る
 5、初期投資がローコスト
 6、増客手法を自由に選択
 7、未経験でもできる(素人の方がよい)
 8、定価販売が原則
 9、在庫なしでできる
 10、事業展開の自由度が高い

・通販で成功するための8つのゴールデンルール
 1、社内資産の棚卸をし通販専用商品をつくる
 ⇒困ったときには足元を見ろ

 2、売れる商品7つの条件
   ①メイドインジャパン
   ②リピート性・継続性のある商品
   ③年齢・性別を問わず売れる商品
   ④オンリーワンの物語を持った商品
   ⑤売価5000~10000円の商品
   ⑥在庫が売価で年間500~1000万円確保できる商品
   ⑦粗利が50%以上確保できる商品
   
 3、情報は徹底的に開示せよ
 ⇒本気で本物を探しているお客様に=情報開示=顧客への宣言・約束
 
 4、企業ブランドの構築
 ⇒お客様にどんな役に立つことができ、商品・サービスを通して喜びや満足を提供でき、何を約束できるのか
 ⇒企業ブランド=企業の姿勢=コンセプトづくり
 ⇒私たちはこの企業姿勢でつねに良い商品をご提供していますという宣言が信用につながる
 ⇒会社都合主義からお客様都合主義へ

 5、社会的・文化的ストーリーを商品につける
 ⇒通販はコンセプトビジネス、通販はストーリービジネス
 ⇒買った人が語れる物語性をもたせる
 ⇒例)健康食品なら地域をよく知っている長寿のお医者さんからの推薦コメントをもらう
 ⇒通販は買う理由が必要

 6、経常利益10%出せ
 ⇒例)原価30%、固定費30%、物流・販促費30%、残り10%が利益
 ⇒1商品、1担当者で1億円=1つのユニット

 7、プロの目にさらせ
 ⇒例)20社提案して全滅なら向いていない。20社中2社でも引き合いあれば可能性ある。
 ⇒提案書は社史をつくるつもりで30ページぐらいの企画書が必要 ★

 8、成功事例を徹底して真似する(モデリング)
 

補足:医療業界にも通販化が必要

・通販担当者 4つの資質
 1、数字に強い
 2、明るく積極的な性格
 3、判断が速く忍耐強い
 4、企画力がある
 ⇒個人ブログをもっている、Mixi利用者、ヤフオク運用者

・従来型マーケティングと近未来型マーケティングの違い
 1、マーケティング戦略の目的:販売   ⇒合意・長期的信頼
 2、投資するのは      :お金   ⇒時間・人・イマジネーション・知識
 3、力を入れる対象     :新規客獲得⇒既存客のフォロー
 4、ターゲット       :大きな集団⇒個人、ニッチ
 5、視点          :売り手視点⇒顧客視点
 6、顧客獲得は       :ゴール  ⇒リピート・口コミで広がりを狙う
 7、結果の計測尺度     :売り上げ ⇒純利益
 8、同業他社との関係    :競争   ⇒相互協力・支援
 9、宣伝広告        :代理店任せ⇒低コストで自前
 10、宣伝方法       :個別   ⇒複数のツールを組み合わせる
 11、BtoB取引相手     :大企業  ⇒小規模企業と連携
 12、ロゴマークの意味   :装飾   ⇒メッセージ

・究極:お客様からどう見られているのか

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(Eコマース・ネット事業)の記事画像
日経MJ6/30 ネット販売1~2年後には75%が黒字化
ネット通販の出店を不要に ヤフー、事業者向け
ネット消費時代の新インフラ御三家 物流・決済・窓口
楽天オークションの出品商品が楽天市場の検索対象に
代引きが使えなくなる?為替取引に関する新法で規制審議中
11月度アフィリエイト収入公開 マイクロアドから6円
同じカテゴリー(Eコマース・ネット事業)の記事
 ソーシャルビジネスケースブック 老舗スーパーがネットショップ (2012-01-20 16:28)
 置き薬の食べ物版→高齢者向けに「おかず箱」レトルト食品の宅配 (2011-10-21 10:51)
 新マーケティング用語、OtoO オンライントゥオフライン (2011-10-20 12:08)
 送料無料、返品OKのネットの靴屋 ロコンドのビジネスモデル (2011-04-21 09:45)
 ゲオの自社ECサイト閉鎖からみる最近のEコマース事情 (2011-03-04 13:52)
 遂に来た アマゾンが食品の通販開始へ (2011-02-24 23:30)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。