アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2010年08月04日

社会力を育てる 門脇厚司 (著) 競争教育から協働教育へ

社会力を育てるという、教育にまつわる書籍。
戦後から今に至る、日本の教育論がわかりやすく要約してある。

なかでも個人的に納得がいったのが、
日本の教育の目的が
「産業社会に役立つ人間としてその能力を育てる」ことにあったと指摘された点。
今後は社会力を育て、「個々の人びとの善き生と社会の健全な発展を両立させる教育」へと目標を転換すべきという提言もある。
ゆとり教育も、つめこみ教育も、受験戦争も、学校のランク付けも、学歴社会も・・・
つまるところ、日本経済・国家の産業発展に役にたつ人間に育てることが目的。
役に立つ能力を育てることが目的であったわけだから、
ある意味、現在の日本はその目的を達成したわけだ。
だから経済的成功とお金という価値観が、人生の究極目的となっていたとしても誰が批判できる?
50年以上にわたる、国づくりの成果、集大成がイマ・ココに表れているわけで。
もし今の状況が都合が悪くなっているなら、変えていけばいい。
その目的の変更の先が、健全な社会ならそれもいいと思う。
50年後、また同じように成果と機能不全が待っているはずだから。
社会力を育てる

社会力を育てる

価格:840円(税込、送料別)


序章 なぜ、若い世代の「社会化不全」が進むのか
第1章 教育と子どもの現状をどうみるか
第2章 なぜ、いま社会力なのか
第3章 社会生活を営む能力としての社会力
第4章 急を要する教育目標の転換
第5章 社会力をどう育てるか
終章 互恵的協働社会の実現に向けて

@参考
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn1005/sin_k532.html 
社会力を育てる―新しい「学び」の構想
門脇厚司
〈競争〉の教育から〈協働〉の教育へ 
 今年(2010年)1月、NHKスペシャル「無縁社会」が放映され、話題となりました。社会との絆を失い、孤独に生きる人々の様子が伝えられました。人と人、人と社会をどうつなぐかが、これからの日本の大きな課題になることでしょう。


  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。