アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事ことば・用語・考え

2010年09月03日

流通用語:ハングリー・マーケティング=品薄商法

ハングリーマーケットとは、意図的に供給量を抑えることによって売り切れ状態を作り出し、「飢餓感」を出そうというマーケティング手法のことで、ある意味人間の心理を突いた販売手法です。

現代では欲しいものは何でも手に入り、ネット上では検索してボタンを押すだけで商品が届きます。
正直、商品が到着して利用することよりも商品が届くまでが楽しかったりします。
もういつでもどこでも手に入るものであふれているせいか、お腹一杯なわけです。

だからこそ、企業は「行列ができる店」とか「入手困難」という限定性・希少性を生み出し、欲求を喚起します。まぁその手法に乗せられやすいことよ。

家電量販店で限定10台と書いてある商品、本当に10台限りな訳ないですよね。
でも店頭で在庫を確認して、あと1台だけならありますって言われたら、かなりの確率で購入後押しされちゃいます。
購入できる喜びよりも、購入できない悔しさが勝っていたりします。

この品薄商法、品切れ商法、ハングリーマーケティング、飢餓感マーケティング、希少性の原理などとよばれる手法を使って、成功した事例は数多くあります。
成功するための条件としては、ある程度の知名度と潜在的なファンの存在、そして乾き(渇き)が必要であるとのこと。
要するに、空腹は最高のスパイスということでしょうか。
失敗事例を研究するのも面白いかも。

※成功事例
任天堂 ニンテンドーDS、Wii ⇒発売当初は品薄、認知度が高まったら大量生産。
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」→「見たくても、満席で見られない」
村上春樹氏の「1Q84」→読みたくても読めない
オールフリー ⇒品薄で供給できない
ゴパン ⇒予約殺到で販売延期
食べるラー油 ⇒品薄で店頭で見かけることがない。

※失敗事例
「道内限定販売」のルールを破った花畑牧場


@□ソース:Yahooニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100902-00000001-sbunshun-bus_all
(週刊文春2010年9月9日号「THIS WEEK 流通」より)
『オールフリー』『ゴパン』…「売れすぎて販売休止」の裏事情
「いつでもどこでも手に入る商品だと有り難みがありません。そこで欧州のブランド品がやっているように、 あえて生産数を抑え、消費者の飢餓感をあおると同時に商品価値を高める『ハングリー・マーケティング』の 手法を利用している可能性も考えられます」

●参考情報
http://www.fun-site.biz/uda/2009/09/167.html
『注目!ハングリーマーケティングというクリエイティブ』
・ハングリーマーケティングとは情報を発売前に抑えて生活者の飢餓感を煽り買う気をそそるマーケティングの一手法
・ハングリーマーケティングの成否には商品や作り手の知名度、乾き、潜在的なファンの存在が前提
・コモディティ市場では「あっ!そうだったのか」の新鮮な驚きを発見して「ハングリーを創り出す」必要がある


●希少性の原理
http://www.ureken.com/first_website/blog/2010/04/rule-of-scarcit.html
希少性のルール - マーケティングアドバイザー渡邉勝彦
失う事のデメリット:何かを貰って得をするという「メリット」と、今まで何時でも手に入ると思っていたものが、ある日突然手に入らなくなる「失う事のデメリット」とどちらの方が価値が高いと思うか?

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(ことば・用語・考え)の記事画像
朝倉義景の時世の句 七転八倒四十年中無他無自四大本空
グーグルのせいで人間は愚かになったのか?
同じカテゴリー(ことば・用語・考え)の記事
 ゆとり社員は実は優秀!ゆとり世代と如何につきあうか (2010-10-28 09:31)
 【尖閣諸島問題】もしも日本が中国の支配下に置かれたら (2010-09-27 14:33)
 終活 人生最期、エンディングの迎え方を考える (2010-08-17 12:37)
 モチベーション3.0 やる気はお金では買えない (2010-07-27 16:22)
 サッカー日本代表岡田監督の名言集 経営哲学に感銘 (2010-06-28 11:32)
 妄想●今、自由に使える100万円があったら何に使うか (2010-06-11 10:17)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。