アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2011年01月04日

くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉

年末年始のテレビの中で、ふと立ち止まって見入ってしまった番組があった。

ヒューマンドキュメンタリー「99歳の詩人 心を救う言葉」、である。

きらびやかな特番、スペシャル、豪華な芸能人がにぎやかに騒ぎ立てているテレビを背に
独立独歩、NHKの真骨頂である。

番組内容は90歳を過ぎて詩を書き始めたという
柴田トヨさんいまつわるドキュメンタリー。

つながる、をテーマにして
詩の書き手と、詩の読み手、両方にスポットを当てた番組内容が印象的だった。

真面目にコツコツ生きてきた、これぞ日本人の魂ともいうべきことばの数々。

来年100歳になろうかという女性から
人生はいつだってこれから・・・なんて言われたら
励まされるほかない。

同じ日本人、同じ高齢の方でも様々な方がいるものです。

一方で東京都石原都知事のように、若者を侮辱し挑発する人間もいれば
謙虚に自らを省み、他者を励ましぬくもりをあたえてくれるような人もいる。
【送料無料】くじけないで

【送料無料】くじけないで

価格:1,000円(税込、送料別)



@ソース
http://cgi4.nhk.or.jp/feature/index.cgi?p=oWKUQFJg&c=1
(柴田トヨさんの作品例)
「私ね 人からやさしさをもらったら 心に貯金しておくの さびしくなった時は
それを引き出して元気になる あなたも今から積んでおきなさい 年金よりいいわよ」

「くじけないで  
ねぇ 不幸だなんて 溜息をつかないで
陽射しやそよ風は えこひいきしない
夢は 平等に見られるのよ
私 辛いことが あったけれど いきていてよかった
あなたもくじけずに」

「振り込め詐欺犯さんに
今 あなたのしている事を知ったら
あなたの家族は どう思うかしら
子供の頃 あなたには やさしい心があった筈
風の囁きも 聞こえた筈よ
弱い人たちを 苦しめないで
その知恵を 良いことに使ってください」



番組内容
99歳の柴田トヨさんの詩集「くじけないで」が90万部の大ヒットとなった。トヨさんの詩作の日々と、詩に励まされ力強く生きる読者の姿を追う。語りは中谷美紀。


詳細
99歳の柴田トヨさんの詩集「くじけないで」が、2010年3月の発売以来、90万部の大ヒットとなっている。激動の時代を生き抜いた女性が「生きることの幸せ」をつづった詩は、世代を越えて共感を呼んでいる。100歳になる2011年に向けて、新作を作り続けるトヨさんの詩作の日々と、その心境を見つめる。また、トヨさんの詩に励まされ、年の瀬、力強く逆境に立ち向かう人々の姿を追う。

「人生いつだってこれから 朝はかならずやってくる」

産経新聞「朝の詩」で注目を集める98歳の詩人
90 歳を過ぎて詩を書き始めた トヨさん、初の処女作品集

思わず涙がこぼれた、一歩踏み出せそう、友達に伝えたい、宝物にしたい……
トヨさんの感性と生き方に産経新聞へ読者の感動の声が続々と届いています。
NHKラジオ深夜便「列島インタビュー」で紹介され大反響!
 



@ソース
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/110104/acd1101040217000-n1.htm
“救われた”“励まされた”とお便りをいただいています。でも本当は逆です。独り暮らしの私がどれほど皆さんに支えられているか。寄せられた声が、日差しや水となって、枯れ木のような私に花を咲かせてくれた。

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
 不況下でもきっちりと稼げる業種 クラッシュマーケティング (2010-08-23 19:19)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。