アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2008年01月18日

人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う~死刑

考えざるを得ない言葉に出くわしてしまった。
※こういうときには、最近ブログをメモ代わりに使うことにしている。
その瞬間の自分のイメージをすぐに残しておけるのがブログの良いところ。

その言葉とは、「人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う 」、である。
出会った場所は、下記のブログ。
超有名なブログサイトの書評です。

404 Blog Not Found
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50986935.html
人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う - 書評 - 死刑

人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う。しかし人が救える人の数には限界があり、人が救いたい人は人それぞれであり、人それぞれがどんな人を優先して救いたいかという優先順位がある
優先順位が高いのは、当事者数という点においてはなんといっても人工中絶であり、仮に「胎児は人であらず」ないし「胎児が人かどうかは母が決めてよい」ということにしてこの問題をあえてスルーするとしても、この国においてその次に来るの自殺である。



まだ本書「死刑」を読まないうちに語れることは何もない。

でも、たった1行 「人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う」
このわずか20文字あまりの言葉の意味するものをイメージするだけで
様々なものを想起してしまう・・・

人間の良心の問題、生命の問題、倫理の問題、死刑制度、犯罪心理、犯罪被害者救済・・・

確認したいのは、「人は人を救うべきである。でも人は人を殺すことができる・・・」
これとの違い。

人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う。・・・・

何度反芻しても、飲み込めない・・・
これはもう、一度実際に自分で読んでみるしかない。


死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う
著者: 森達也 出版社: 朝日出版社  
知っているのに誰も知らない、僕らが支える「死刑」というシステム。
できる限りは直視したい。知ったうえで考えたい。
罪とは、罰とは、命とは、何だろう?
著者渾身の書き下ろし最新作。死刑をめぐる三年間のロードムービー。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)

人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う。書き下ろし最新作、死刑をめぐる三年間のロードムービー。

【目次】(「BOOK」データベースより)

# プロローグ
# 第一章 迷宮への入口
# 第二章 隠される理由
# 第三章 軋むシステム
# 第四章 元死刑囚が訴えること
# 第五章 最期に触れる
# 第六章 償えない罪
# エピローグ


【著者情報】(「BOOK」データベースより)

森達也(モリタツヤ)
1956年広島県呉市生まれ。映画監督、作家。1998年、自主制作ドキュメンタリー映画『A』を発表。2001年、続編の『A2』が山形国際ドキュメンタリー映画祭にて審査員特別賞、市民賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。