アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事TV・芸能・視聴率

2007年11月11日

ビジネス未来人・岡山の林原がすごい!中小企業の生きる道。



NHK教育 ビジネス未来人 2007年11月11日放送
「自由な社風が育てたバイオ企業」〜バイオ企業社長・林原健さん〜
http://www.nhk.or.jp/miraijin/bangumi/0711/11_11/index.html
本来、利益を生むことを目的としない「基礎研究」。多くの企業が敬遠するこの研究に、時間をかけて取り組み、しっかりと利益につなげている会社が、岡山市にあります。
4代目の社長、林原健(はやしばら・けん)さんです。小さな水あめメーカーを、世界的なバイオ企業に育て上げました。林原さんが大切にするのは、自由で思う存分研究に打ち込める環境作り。のびのび社員たちが、世界をあっと言わせる研究成果を、次々と生み出しています。



岡山に住んでいる人、住んでいた人間ならほとんどの人が知っているのではないだろうか?
それが、林原グループ。

学生時代、岡山で過ごしていた私にとってはとっても馴染みのある企業でした。
ただ具体的に何をしている会社なのかはさっぱり分からず、
ただただ岡山駅周辺に広大な敷地を所有しているというのがイメージ。
あと林原美術館も有名か・・・

それが近年ではトレハロースの量産やバイオ関連の研究成果で世界企業とも言われているらしい。

林原は、明治16年の創業で元々は、水あめの製造業を営んでいたという。
先代の時に水あめで日本最大メーカーになって、そのときに不動産を所有したり・・・
事業の拡大をしだしたそうな。

それで水あめがだめになったときに、現在の社長がでんぷんの研究に乗り出して数々の特許を取得したと。

面白いのは、林原社長の理念が
大企業にできないことをやるのが中小企業の生きる方法という発想にある点だ。

上場しない中小企業であれば、社長の交代がないので
ひとつのテーマに長期間で取り組んで成果をじっくり待つことができるし、副産物が期待できるという。

また変わっているのは、社員の9割が縁故入社だということ。

地元の人材を育てる、人の紹介による縁故入社を優先しているらしい。

普通の発想だと縁故入社の社員には甘えがあったり、能力的な問題など考えてしまうが、
よほど企業の社風がよいのか、ほとんどの社員が長く会社に貢献してくれるようだ。


誰もやっていないことをやる、というテーマのもと
トレハロースや環状四糖というった画期的・独占的事業分野を切り拓いていけたのだという。


大手がやらないことを集中特化するというのは確かに中小企業の生き残る唯一の道だと思う。
 
基礎研究を40年もやってきた会社、入社して10年以上たってやっと成果をだす社員。
そんな会社が日本の地方都市にしっかり生き残っていて、世界的発明をしていくのだから面白い。



ただ、長期的に成果がでるまで待ち続けることができるというのは
林原グループ自体がこれまでに多くの特許を所有し、岡山駅周辺に広大な土地を所有する含み益からこそ可能にしているということは見逃せない。

単にどの地方中小企業でもできることではない・・・・


うーん、大手がやれないことで長期間の研究に耐えうるテーマを見つけ、なおかつそこから成果をだすというのは・・・・一人ではとても想像つかない。


**NHK教育テレビ「ビジネス未来人」で林原が紹介されます
http://www.hayashibara.co.jp/index.html 林原グループ公式HP メルマガより
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
NHK教育テレビの「ビジネス未来人」で、地方の“世界企業”(2)として、林
原の研究開発に取り組む姿勢が紹介されます。林原社長もスタジオ出演予定で
す。

株式会社 林原生物化学研究所
http://www.optic.or.jp/com/hayashibara/hayashibara.html
年商 114億9,900万円(H18年8月)

林原グループの歴史 
http://www.hayashibara.co.jp/html/company/history/main.html

林原
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%8E%9F

企業活動とメセナ 林原社長・林原健氏に聞く 小さくても目は世界
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/interview/In02053001.html
公募すると、全国から研究者などが集まり、地元の人材が入れなくなる。だから、地元大学の先生に頼み、社員の99・9%は地元から採用している。もし、うちがなければ、優秀な人材が県外に流出してしまう。

うちのような同族経営のメリットが、息の長い研究開発です。十年かかる研究はいっぱいあるし、それに製造販売は大企業に任せれば、彼らが敵に回ることもない。共存共栄で世界中がお得意さんだ。


結果責任は、社長がかぶればいいんです。

2001年のグループ売上高は813億7800万円。

まちBBS中国 ◆岡山の都市再開発を語ろうよ!地上86m ◆
http://chugoku.machibbs.net/kako/20061127/1153487630.html
  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(TV・芸能・視聴率)の記事画像
必見!カンブリア宮殿で岡田武史、前サッカー日本代表監督登場
真水で海水魚を養殖、好適環境水の岡山理科大・山本俊政准教授
朝日放送 笑いの黄金世代VIII 4夜限定コラボが面白い
がっちりマンデーで西脇の廣田縫工が紹介されていた
茂木健一郎 3年間で4億円の脱税、所得隠し、申告漏れ
イオン4980円の地デジチューナーPRD-BT102-PA1
同じカテゴリー(TV・芸能・視聴率)の記事
 録画必須 NHKわたしの思考探究 川嶋あい、鳥居みゆき登場! (2011-02-06 23:46)
 2/12BS特番 放熱の彼方~尾崎豊 知られざる伝説  (2011-02-03 15:18)
 録画必須 NHK Q~わたしの思考探究~「言葉とは何か」 (2011-01-23 13:52)
 今年でラスト!M-1グランプリ決勝進出にスリムクラブ、笑い飯 (2010-12-12 20:50)
 M-1グランプリ2010決勝予想 ウーマンラッシュアワー優勝 (2010-12-06 12:59)
 ボラバイト=低賃金労働? ガイアの夜明け「異様な就職活動」 (2010-11-24 09:50)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。