アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事TV・芸能・視聴率

2007年07月03日

夏目漱石 時代を見抜く目~知るを楽しむ・私のこだわり人物伝

本日よりNHKにて興味深い番組が放送開始していた。
知るを楽しむ・私のこだわり人物伝 「姜尚中が語る夏目漱石」
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200707/tuesday.html 



以下に視聴メモを記す


第一回 夏目漱石 時代を見抜く目

自分とは何か

万人が抱える悩み

逃げ道

手ごたえのなさ

悩むということから逃げない

なぜ人は自分とは何かということについて悩むようになったのか

激変する社会でどう生きていったらいいか 指針を誰も持っていなかった ※

→現代と明治維新の時代との共通項


明治以前は身分、土地が固定されていた

明治以降は個の開放が建前上進められた

→現代はリアルの世界に固定されていたものが、ネットの世界に解放された??

それまでの鎖から解き放たれて本来なら
自由を発揮したいのだが・・・
そうするうちに、自分とは何か 立ち止まらずにはおれない人もいた

悩み続けた漱石

※西洋でいいとされるものは、日本でもいいに決まっているという短絡的な発想

こころという問題は簡単に輸入したり輸出したりできるものではない


三四郎

滅びるね

自分がナニモノであるのかという問いを置き忘れたまま
成功してしまった日本に対する冷徹な目

→自分がナニモノであるのかという問いに向き合わないまま、成功してしまったIT長者

マックスウェーバー
末期的人間
精神のない専門人


自分たちこそが最高だと自惚れる


滅びと通じるもの

文化発展の最期に現われる『末人たち』(letzte Menschen)にとっては、次の言葉が真理となるのではなかろうか。『精神のない専門人、心情のない享楽人。この無なるものは、人間性のかつて達したことのない段階にまですでに登りつめた、と自惚れるだろう』と。??」(大塚久雄訳、岩波文庫)


http://www.mgssi.com/terashima/0602.html
驕る資本主義の陥穽??M・ウェーバーの予言



われわれの世界はすでに滅びの段階か
じゃあどうすればいいのか

自己本位
自分が本当に考えているものではないものに寄りかかるのではく
自分から出発するしかない

何かにぶつかるとこまで進むしかない

徹底して考え抜き、悩みぬくしかない

苦悩が深い 悩む力


悩む力


悩んだって役に立つのかって声

快=幸福 ×
苦痛=不幸 ×

感性のありようによって自分を限定するのではなく

自分に降りかかる苦痛、苦難ですら引き受けることによって
一時の苦痛によって自分が不幸だとか考えるのではなく
長い時間のなかで判断できるようになる??

悩む力を自分の中に見出す
知るを楽しむ・私のこだわり人物伝 「姜尚中が語る夏目漱石」
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200707/tuesday.html 
東大大学院教授の姜尚中氏が夏目漱石の作品から得た、悩む力の大切さを語るシリーズの1回目を送る。徹底して人間の自我を追究した漱石。漱石は物事の意味を求める自我を、近代の問題の本質ととらえていたと姜氏は語る。漱石は物事の意味を求めて悩むことがたとえ上滑りなものでも、滑り続けなければならないと述べている。姜氏はそこに、近代に生きる人間はわが身はどうなろうと悩み続けるべきだという漱石からのメッセージを読み取る。姜氏がもう一人の師と仰ぐドイツの社会学者マックス・ウェーバーと比べながら、漱石を現代を見据えた知の巨人として語る。



姜尚中
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%9C%E5%B0%9A%E4%B8%AD
姜 尚中(カン サンジュン 1950年8月 - )は、熊本県生まれの政治学者。


夏目漱石
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E7%9B%AE%E6%BC%B1%E7%9F%B3
夏目 漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、明治・大正期の小説家、評論家、英文学者。本名、金之助。『吾輩は猫である』『こころ』などの作品で広く知られる、森鴎外と並ぶ明治時代の文豪である。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。俳号は愚陀仏。

大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学英文科卒業後、松山中学などの教師を務めた後、イギリスへ留学。帰国後東大講師を勤めながら、『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり『坊っちゃん』『倫敦塔』などを書く。その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。

「修善寺の大患」後は、『行人』『こころ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私」(そくてんきょし)の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。 読みやすい作品が多く、現代でも多くの人々に読まれている。


マックス・ヴェーバー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC
マックス・ヴェーバー(Max Weber, 1864年4月21日 - 1920年6月14日)は、ドイツが生んだ近代最高の社会学者・経済学者である。マックス・ウェーバーと表記されることもある(正式な名前は、カール・エミール・マクシミリアン・ヴェーバー、Karl Emil Maximilian Weber。マックスはマクシミリアンの省略形である)。
  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(TV・芸能・視聴率)の記事画像
必見!カンブリア宮殿で岡田武史、前サッカー日本代表監督登場
真水で海水魚を養殖、好適環境水の岡山理科大・山本俊政准教授
朝日放送 笑いの黄金世代VIII 4夜限定コラボが面白い
がっちりマンデーで西脇の廣田縫工が紹介されていた
茂木健一郎 3年間で4億円の脱税、所得隠し、申告漏れ
イオン4980円の地デジチューナーPRD-BT102-PA1
同じカテゴリー(TV・芸能・視聴率)の記事
 録画必須 NHKわたしの思考探究 川嶋あい、鳥居みゆき登場! (2011-02-06 23:46)
 2/12BS特番 放熱の彼方~尾崎豊 知られざる伝説  (2011-02-03 15:18)
 録画必須 NHK Q~わたしの思考探究~「言葉とは何か」 (2011-01-23 13:52)
 今年でラスト!M-1グランプリ決勝進出にスリムクラブ、笑い飯 (2010-12-12 20:50)
 M-1グランプリ2010決勝予想 ウーマンラッシュアワー優勝 (2010-12-06 12:59)
 ボラバイト=低賃金労働? ガイアの夜明け「異様な就職活動」 (2010-11-24 09:50)
この記事へのトラックバック

2007年の下半期の運勢は??無料占い応援おねがい(゚゚)(。。)ペコッ←クリックしてね
2007年下半期占い 【無料占いWorld】【無料占いWorld】at 2007年07月28日 18:18
この記事へのコメント

感性のありようによって自分を限定するのではなく・・・

感性は自分の自由意思に由来するものではない。

自然から与えられた本能。

だから感性を刺激する快=幸福というイメージは常に自分にとっては「誘惑」という形で語りかてくる。

逆に感性を刺激するのではなく、理性に訴えてくるような真・善・美は常に私にとって義務の形で語りかけてくる。

つまり汝なすべきがゆえになしあたうと。

その相反する二つの地平の中間にたつ人間にとってはいつでも自分の意志でどうするのかを決めることはできる。

たとえ、結果がともなわなくとも。
Posted by 感性のありようによって自分を限定するのではなく at 2008年01月16日 13:56
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。