アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2007年07月03日

村上龍 すぐそこにある希望〜どう生きるかのという問いなき社会

自殺、格差、老後の不安……どうやって生き延びるのか?村上龍の体感エッセイ05〜07。

すぐそこにある希望



村上龍の最新作、すぐそこにある希望を読んでみた。
タイトルと目次に「どう生きるのか」という問いのない社会という一行があり
村上龍の世界に引き込まれてしまった。


・成功者のイメージ 定義がない

・どうやって生きていくのか その問いも答えも 議論されない



どう生きるのかという答えの一つに、
先日記載した、家族との関係性を守りながら、大切なものを大切にするという
当たり前のことを大事にしていく生き方というのはどうだろうか。


http://lohas.tenkomori.tv/e9747.html
「家族」を守るということ。当たり前のことを大切にする難しさ。




成功者の定義

これがあいまい。

短期的成功、長期的成功、誰にとって成功なのか よく分からない。

成功者の定義は、
子供が憧れるような人間像、大人が尊敬できるような人間像と同義だろうか。


たとえば、スポーツ選手ならばわかりやすい。

現代ならば確実にイチローだろう。これはもうダントツ。
イチローほど成功者のイメージに近い存在はない。

イチローのように生きたい、イチローのような人間に育ってもらいたいと
親も子も思えるはず。




希望とは何なんだろうか。
すごそこにある希望というタイトルながら、
何が希望で、どうやってそれを望むことができるのかが分からなかった。

カント風にいうならば、

私は何を知ることができるのか
私は何をなすべきか
私は何を希望することができるのか

について、まったく分からなかったのだ。


 
どうやって生きていけばよいのかというテーゼは
いわば戦略の問題だという。

だとすると、どう生きるのかについて問われない社会というのは
どう生きるべきか戦略がない、つまり分からないのではないかと思うのだ。


だれも私があなたが、どうやって生きていけばいいのかについて
知らないのではないか。


手がかりがあるとすれば、
身近にいる人間のなかで、憧れる・尊敬できる先輩、上司、友達、家族を見つけることか?

あるいは、フィクションの世界で想像するのか?


分からない。さっぱり分からない。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4584180350/249-1812300-3765951?SubscriptionId=1Y150EEM5WFVQ65FWHG2
出版社からのコメント
自殺、格差、老後の不安...どうやって生きのびるのか?
不信感と閉塞感が覆うこの時代にあって、本質的な問いを投げかけ、生きる意味
と希望のありかをさぐる体感エッセイ。
世界のムラカミ、本気の発言がここにある!
本書は作家デビュー31年、テレビ「カンブリア宮殿」のメインインタビュアーと
しても活躍中の村上龍さんが、世紀横断、24年間にわたって連載中の注目エッセ
イ最新刊です。めまぐるしく移り変わる2005年~2007年の2年間分をまとめまし
た。
作家・村上龍の存在証明であると同時に、同時代を抉るクリティークとしても読
んでいただきたいエッセイです。

(以下、本文より)
「教育再生会議をはじめ、社会的規範や規律の重要性の指摘は多いが、「どうい
う風に生きればいいのか」という本質的な問いへの言及はほとんどない。...
「どうやって生きていくのか」という問いも、その答えも、論議すらもないよう
に見える。...たぶん、理想の子どものモデルを示すことはもう無理なのだ。
「どうやって生きていくか」は規範ではなく戦略の問題だ。戦略の論議がなく規
範だけが求められることと、自殺の蔓延は無関係ではないとわたしは考えてい
る。」

【項目】
●貧乏な老人はどう生きればいいのか
●「この程度」の外交能力
●現代を象徴するキーワードは「趣味」
●「微妙な違い」が差異のすべて
●戦争概念の変化
●大手既成メディアが滅亡する日
●「カンブリア宮殿」と「成功者」
●攻撃とリスク(ドイツW杯ぢ)
●惨敗は洗練と閉塞の象徴(ドイツW杯ぢ)
●日本はハワイを買えばよかった
●レバノン侵攻より梅雨明けが重要なのか
●ソウル明洞の屋台で考えたこと
●国家と個人の優先事項
●「NO」にあたる否定語がない日本
●「どう生きるのか」という問いのない社会 
...more



村上龍
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E9%BE%8D
村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は長崎県佐世保市出身の日本の小説家、映画監督。本名は、村上 龍之助(- りゅうのすけ)。

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。