アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2007年07月01日

ピアノの森 感想メモ あなたにとって、私にとってピアノとは

★ファーストインプレッション

私はピアノを弾くことができない。
芸術家でもない。
才能あふれる天才でもない。

けれども、何かに感動することは止められない。
漫画に感動し、音楽に魅了され、才能に刺激をうけて
自分も何かをしなければと焦ったりする。


今日、古書店でたまたまピアノの森という漫画に出会った。
以前からそんな漫画があることは知っていた。
映画になるようなこともニュースで知っていた。
どんな内容なのか、ふと気になって1冊手に取った瞬間、
ストーリーの虜になり、既刊分いっきに読み耽ってしまった・・・

★ピアノの森とは

森のピアノに育てられた少年は
ピアノの不思議な運命によって
天才的な才能に目覚める

一色まこと原作 週刊モーニング連載 コミックス既刊14巻




一色まことは「花田少年史」などで知られる温かみのある
繊細な絵柄で人気の漫画家だ。
そんな一色まことがピアノを通して成長していく少年のストーリーを
1998年から、途中休載・掲載誌廃刊を経て
現在も連載している人気漫画がピアノの森だ。

http://www.piano-movie.jp/ ピアノの森 映画 公式サイト
★イメージ

世に芸術的才能が花開くストーリーは数多あれども
本当に共感し、感動することは稀だ。

ピアノの森には
天性の才能をもつ主人公と、努力の秀才とのライバル関係や
元天才の挫折や、いろいろな障害を乗り越えて
生きようとする人々が描かれている。

そんな中でもっとも、私に響いたのは
才能の寂しさや孤独に焦点を当てられた部分だった・・・


★ピアノの森 才能の孤独

最近思うのは、
人は他人を全部理解するなんて非常に困難だということ。
その人の人生が
どのような過程を経て 今に至るかなんて
誰も知りやしない。

特に結果が求められる世界ならなおさらだ。
結果がすべて。
出された成果を評価されることがすべてだろう。
それは受け止めるしかない。

しかし、どうして僕がそう思うにいたったのか
何を表現したいと思っているのか
どういう過程を経て
この仕事をしているのか
そして、その仕事から 売り上げと利益と出しているかを
たった一人でも理解し、評価してくれる人がいたのなら、
こんなにうれしく、励まされ、満たされるものはない。

才能は発掘されてこそ、才能である。


才能を理解できない、
既存の評価の枠内でしか図れない、ボンクラ審査員ばかりでは
コンクールで1位をとることなんてできないって。

満点を超えたところにあるものを表現してしまうと
後は孤独だ。
理解という名の愛を得るまでは、
ただ一人。

僕は世界のほんの一部しか知らない。
漫画の世界を通して
これまで知らなかったものを垣間見ることができるのは幸せ。

漫画の世界のことを自らに置き換えて想像する。

好きなことを、楽しいことを とことんやってみたらどうなるんだろうと。

これは孤独な世界なんだろうと思う。

普通にサラリーマンをやっていて
利益を出すことが使命で
あるいは普通に結婚して家庭をもって
生活していくことが使命の人間が
どうやってこんな気持ちの中でそれを実践していくんだ?


私はピアノの森の主人公 一ノ瀬海には憧れはしても、
そんな風にはとうていなれやしないと分かっている。

どちらかといえば、
自分にないものを持つ者への各キャラクターの接し方に関心を寄せている。

たとえば、努力の秀才 主人公のライバル 雨宮修平は
自分には決して手にすることができない満点を超えた世界をピアノで表現する主人公に
嫉妬とも恐怖ともいえるような感情を抱いている。

たとえば事故でピアニストとしての人生を失った音楽教師 阿字野壮介は
主人公との出会いの中で自分の存在価値を再認識し、
一度は絶望していた自分を、取り戻した。


そういった弱さをもつ人間に共感したりする。

ピアノを奏でる才能のある人間も
努力する才能のある人間も
音楽を聴き分け批評する才能のある人間も
素敵な音楽の前では感動し、共鳴し、聞き入るほかない。

目に見えるものなら、目を閉じれば見ないで済むのかもしれないけれど
音楽だけは、耳をふさいだって聞こえてくる。

我々は、音楽から ピアノから 逃げ通す事なんてできない?

それが心ふるわせるものであればあるほどに。


いったいピアノの森の世界でのピアノとは何なのか。
テーマはそこにあるように思う。


★ピアノの森とは

ピアノの森で何度もテーマとして出てくるのは
自分のピアノを弾くということだ。

主人公 海もライバルたちも、いろいろ悩みながら自分のピアノを見つけようとしていく・・・・

自分のピアノとはいったい?
ピアノを弾くとは何なのか?


これはもう
生きることと同義といってもよいのではないか。

自分のピアノを弾くということは
自分の人生を生きるということ?

ならば、寂しかろうとも 孤独であろうとも
自分が信じ、愛するものを大切にするほかない。

私の場合はどうだ。
あなたの場合はどうだ。


取り上えず私の場合は、
日常の世界と漫画の世界をいったりきたりしながら
今まで知らなかった「ピアノの森」という世界を知ることができて
うれしかった。

どんな風に、こんな感情を日常に反映していったらいいのやら。
悩む。

まずは自分のできることを必死でやること。
一隅を照らし続けること。
そのうえで、自分が好きなこと、やっていて楽しいと思えることを
とことんやってみたい。

自分にとってのピアノは、おぼろげながらに見えつつあるような・・・

そんな気にさせれた至福のひと時。




★キーワード
一ノ瀬海
雨宮修平
音楽教師 阿字野壮介

自分のピアノを弾く、とは?
→自分の人生を生きる?
自分が美しいと思うものを同じように美しいと感じる同志
クラシックブーム
ピアノ
天才と秀才
ピアノとは何なのか
あなたにとっての、私にとってのピアノとは
努力
認められること
才能
才能を形にすること
寂しさ
自分の生きる道



★ピアノの森 リンク

2007年7月21日 全国ロードショー
Yahoo!ブログ - 映画『ピアノの森』オフィシャルブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/pianonomori2007/


【予約】 ピアノの森 1〜 14巻セット ポストカード付き


http://item.rakuten.co.jp/book/4433207/
本体価格 7,196円 (税込 7,555 円) 送料別


ピアノの森
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%81%AE%E6%A3%AE
ピアノの森 -The perfect world of KAI-(ピアノのもり)は、一色まことによる青年漫画。

講談社発行ヤングマガジンアッパーズにて1998年より連載、途中休載期間・掲載誌廃刊をはさんだ 後「週刊モーニング」に移籍。不定期連載の後に長らく休載していたが、2006年12月に連載再開さ れた。2007年7月にマッドハウス制作でアニメ映画化が決定している。

町外れの「ピアノの森」で育った少年カイの物語。はじめは楽譜すら読めないカイが周囲を取り巻 く人々によりピアニストとしての才能を開花させていく過程を描いている。

★その他関連情報

漫画原作の2007年公開映画 「自虐の詩」
http://www.jigyaku.com/

のだめカンタービレ
http://www.nodame-anime.com/

言葉で奏でる音楽 吉田秀和の軌跡
http://www.nhk.or.jp/etv21c/backnum/index.html

松下奈緒、1年越しの歌手デビュー
http://news.livedoor.com/article/detail/3231964/

ピアノの森



Nao Matsushita - Moonshine


ピアノの森 映画予告
  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
この記事へのトラックバック

ピアノの森は、週刊モーニングで
連載中の一色まことの漫画が原作なんです。
主人公・海の声を演じるのは、絶大な人気を誇る上戸彩。
そのライバルでもある親友の修平役には、神木隆...
映画 ピアノの森【映画情報ガイド】at 2007年07月13日 19:21

人気ブログランキングの順位は?


森のピアノに育てられた少年は
ピアノの不思議な運命によって
天才的な才能に目覚める。


行こう、森へ。
悲しいときも、楽しいときも、そこにピア...
【2007-106】ピアノの森(The Perfect World of Kai)【ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!】at 2007年07月25日 22:50
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。