アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2007年06月12日

働くことがイヤな人のための本 <働きたくないわけじゃないけど

働くことがイヤな人のための本―仕事とは何だろうか
著者: 中島義道
出版社: 新潮社
サイズ: 文庫
ページ数: 223p





アマゾンのレビューなどでは酷評?されている迷著。


内容は著者が架空のキャラクターを設定して
独り言の如く、働くことについてぐるぐる考えを巡らせるという内容。

著者自身も冒頭で記載しているのだが、
読む人を選ぶ本であり、読む時期も選ぶべき本だろう。

勤労意欲満々の時や、逆に全く働く意欲がなく、フリーターの状態にある場合も読まない方がいいだろう。

意欲がある場合は、全くピンとこないだろうし、意欲がない場合はさらに意欲がなくなる可能性がある。


ただ、ピンポイントではまる可能性もあり、
私自身などは購入してから5年近くたって読み返したら、これって自分のことでは?
と思えるほどにはまってしまった。


著者自身はカント研究などでも知られる哲学者なのだが、かなり業界でもアウトロー的な存在。

彼の書く虚無的な、諦め果てたような文章が時としてしっくりくるときがあると感じる自分自身もちょっと危ないかもしれない。

各書評サイトでは酷評されている場面をよく見受けるが、
それでもこれだけ読まれている哲学者も希少かと思う。

だれもどこか、ちょっぴりは中島義道的な部分があり、
そこを指摘されるとむずがゆいような、気持ち悪い気分になるのかも。


働くことがイヤな人のための本、これを読んだからと言って
勤労意欲が湧き上がるわけではありません。

けれども、とことん孤独な環境にある時に、
ふと こんな本の ささいな一行に出会うことで
慰められることや 明日への勇気が 少しだけわくこともあるので、不思議。

ワーキングプア、ネットカフェ難民、年金問題、
・・・労働にまつわる社会問題を解決するような本じゃないけれども、
こんな人や こんな本も 必要とする人、必要とする時が
人生で1度くらいあるって方が、
いろいろ面白いと思うのだが。
いかが。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「仕事とは何だろうか?」「人はなぜ働かねばならないのか?」「生きることがそのまま仕事であることは可能か?」―引きこもりの留年生、三十過ぎの未婚OL、中年サラリーマン、元・哲学青年の会社経営者といった人物との架空対話を通して、人間が「よく生きること」の意味を探究する。仕事としっくりいかず、生きがいを見出せない人たちに贈る、哲学者からのメッセージ。

【目次】(「BOOK」データベースより)

1 一生寝ているわけにはいかない/2 「命を懸ける仕事」はめったに与えられない/3 仕事と能力/4 仕事と人間関係/5 仕事と金/6 金になる仕事から金にならない仕事へ/7 死ぬ前の仕事

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

中島義道(ナカジマヨシミチ)
1946(昭和21)年生れ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ウィーン大学基礎総合学部修了。哲学博士。現在、電気通信大学教授。専攻は時間論、自我論、コミュニケーション論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


中島義道
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E7%BE%A9%E9%81%93
  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
この記事へのコメント

「人生を(半分)降りる」など読みました。

仕事人間は読まないでしょう。
Posted by しんちゃん at 2007年06月12日 20:25

仕事人間がふと疲れた時などには、ふらふらと読んでしまうかもです。
Posted by at 2007年06月13日 08:51
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。