アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事ことば・用語・考え

2004年10月20日

徳と幸福の合致(最高善) memo

カント『実践理性批判』(以下第二批判)においてその中心問題となっている道徳法則について考え、その中でも徳と幸福の合致(最高善)を促進すべきであるという第二批判のアンチノミーについて論じる。
結論から言えば、われわれは自然的側面と自由な自然を超えた側面をもち、有限な理性的存在者としては、道徳法則に対して尊敬を抱かざるをえず、また道徳法則の命令を義務として受け止め、ただ義務ゆえに行為することでわれわれが真に自由である事を示し、自然と異なる側面をもつ存在である事を証明するのである。

しかし人間は自己の満足を求め、道徳性という自然とは相反するものと、傾向性という自然的な感性に適合したものを要求せざるをえない。よってこのような徳と幸福は外見上対立する概念となる。だが人間性の本来的なものとして道徳性を、道徳性を想起する人格の充実という意味で幸福を考えれば、なんら徳と幸福とは矛盾するものではなくなる。

またそのような人間の本来的な側面を確信できるとすれば、道徳的な人格は無限となろうし、道徳的世界の創始者として神を考えることも虚妄ではないといえる。このような仮定は信仰と呼ぶに相応しいと思われる。この道徳的信仰こそ人間の有限性と無限性の相克を解消する手立てであろうし、唯一己自らに信頼と希望を与えるものであろう。

(1)『実践理性批判』の概要
カントは『純粋理性批判』(以下第一批判)によって人間の認識が現象界にのみかかわる有限なものであることを示し、旧来の形而上学を批判して人間の認識を新たに確実なものとした。その一方で物自体の叡智界を否定し去る事はせず、可能性として残すこととなった。そして『実践理性批判』によって物自体の世界を道徳的な世界として明確にし、第一批判では拒まれた自由・不死・神の存在という理念を実践的に自然とは異なる自由な道徳の世界において証明することとなった

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(ことば・用語・考え)の記事画像
朝倉義景の時世の句 七転八倒四十年中無他無自四大本空
グーグルのせいで人間は愚かになったのか?
同じカテゴリー(ことば・用語・考え)の記事
 ゆとり社員は実は優秀!ゆとり世代と如何につきあうか (2010-10-28 09:31)
 【尖閣諸島問題】もしも日本が中国の支配下に置かれたら (2010-09-27 14:33)
 流通用語:ハングリー・マーケティング=品薄商法 (2010-09-03 09:26)
 終活 人生最期、エンディングの迎え方を考える (2010-08-17 12:37)
 モチベーション3.0 やる気はお金では買えない (2010-07-27 16:22)
 サッカー日本代表岡田監督の名言集 経営哲学に感銘 (2010-06-28 11:32)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。