アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2008年08月18日

読書メモ 儲かる会社になる!パクリコンクール&盗品見本市

強烈なインパクトのある言葉、パクリコンクール、盗品見本市。
一見眉をひそめたくなるような言葉だが、実はナレッジマネジメントと業務改善の重要なキーワード。
オンリーワンよりもナンバーワンを目指せという。

逆説的なことばに胸躍りながら、いま自分ができることから変えていくという姿勢を学びたい。


パクリコンクール&株式会社盗品見本市

朝30分の掃除から儲かる会社に変わる 社員ニコニコ業績ピカピカの法則
http://book.diamond.co.jp/_itemcontents/0201_biz/00045-8.html
「形」にこだわり続けるからこそ「心」が変わる
「パクリコンクール」で一気に改善が進んだ
「月200件」の改善を積み重ねる会社の秘密


「株式会社盗品見本市」のススメ
なぜ、「経常利益の数倍」を社員教育に投入するのか?
「株式会社盗品見本市」でマネされたら、マネし返す
動機は「不純」であればあるほど、効果が出る

辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!


http://kettei.jp/
●小山昇・著
●定価1,575円(税込)
●四六判
●236ページ
●2008年8月20日発売


○無料のメルマガ
「社長と幹部と社員のカン違い」から目を覚ませ!!
http://archive.mag2.com/0000158168/index.html
株式会社武蔵野代表取締役社長の小山昇氏


「ナレッジ(知識)の共有」を、パクリコンクールという形で実現
「パクリコンクール」:どこから何をまねたか。そしてどう改善したかをまとめ、毎月部門ごとに集計。
 一人だけ勉強している社長はダメ : 社長が勉強しても社員が勉強しないなら、両者の差は大きく開く。
 差がひらくと、社長の方針や指示も理解できなくなる。


部下の総意で管理職を更迭できる仕組み
自分の賞与の半分を投げ捨てる覚悟さえすれば店長も引きずりおろす事ができる



「18年増収増益」「書籍の累積売上50万部突破」「会社見学で売上1億円!」。
これは東京都小金井市に本社を構える中小企業、「株式会社武蔵野」がこれまでに築き上げてきた実績の一部である。
http://excellent.p-db.com/venture-infomation/venture-closeup/musashino/
会社の憲法と法律をルール化する
18年間世界中から盗み続けた結果
「パクリ宣言」とは、改善を実施した際の、「ビフォー・アフター」を分かりやすく掲示したもの。普通の会社であれば「改善実績」とでも名前をつけられそうなものだが、武蔵野では「パクリ宣言」だ。


http://noukanohon.blog40.fc2.com/?mode=m&no=12 農家の本棚
「理由は簡単です。わが社には「増収増益を達成するための仕組み」があるからです。

http://www.tkc.co.jp/senkei/0603/ms-interview.asp 経営広場
《 戦経インタビュー 》
株式会社武蔵野代表取締役社長 小山昇氏に聞く
カリスマ社長が教える「儲かる仕組み」とは

 社内ベンチマーキングの利点は、同じ会社の従業員の取り組みや工夫を学ぶわけだから、「自分たちにはできない」という理屈が通らないところにあります。いくら人材活用で優れた企業だからといっても、ディズニーランドやリッツカールトンホテルを見せたのではたぶん身にならないはず。「ディズニーランドだからこそできた」という話になってしまう。


お客様に直に接する部分については異常なくらいにアナログ主義。顧客に感謝の気持を伝えるときなどはきまって手書きのハガキで、宛名シールを使うこともしない。

私は、真似こそ最高の創造だと思っているくらいです。

経営は芸術活動ではないので、他社のマネをすることは決して恥ではありません。オリジナルに固執し業績を伸ばせないでいる会社と、他社の模倣であっても業務改善に努めて増収増益を続けている会社を比較した場合、後者のほうが評価されていい。

インターネットでもEメールでも、遊びや私用で使うとみるみるうちにスキルが高まる。みんな動機が不純だとモチベーションがあがるようです。

引き継ぎを頻繁に行うと、業務マニュアルの充実化も進みそう

時代とともに移り変わる経営環境に応じて会社を変革していかなければ企業経営は成り立たないのです


「学ぶ」は「真似ぶ」 
「マネこそが最高の創造!」だ 
「マネを3年続ければ自社のオリジナルになる。」 
「パクれ!パクれ!良い会社をパクれ!」 
マネしないのは、財産をドブに捨てるようなもの。 



小山昇
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E6%98%87
小山 昇(こやま のぼる、1948年 - )は、山梨県出身の実業家。東京経済大学卒業。現在、ダスキンのフランチャイズ店を中核とした株式会社武蔵野の代表取締役社長。

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。