アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2008年09月02日

坂口尚 石の花を購入。講談社漫画文庫


某漫画感想サイトを見ていましたら、坂口尚の「石の花」についての文章があり
(ひとりで勝手にマンガ夜話 http://www.h2.dion.ne.jp/~hkm_yawa/
興味を持っておりましたところ、ブックオフで1冊100円にて文庫版が販売されていたので
衝動買いしてしまいました・・・・


講談社漫画文庫。『石の花』全5巻



作者の坂口尚氏は1946年生まれ。
私の父親と同世代の作家ですが、10年以上前に急逝されており
その早すぎる死が惜しまれていたのを覚えています・・・

ちょうど10年くらい前は坂口氏の『あっかんべェ一休』を購入し
何度も何度も読み返していたものでした。

『あっかんべェ一休』もこの『石の花』も
決して読みやすく、わかりやすいという漫画ではないと思うのですが
出版されて10年以上たってもロングセラーで版を重ね、愛蔵版やら新装版やらが発売されています。

それだけ多くの人が感動し、感嘆し、誰かほかの人にも読むように薦めたくなる本なんでしょう。

私自身もインターネットの推薦文章を読んで購入に至ったわけですし。


内容については他のレビューサイト等が詳しいのでそちらをどうぞ。

いつか私自身の文章で『あっかんべェ一休』も『石の花』もちゃんとレビューしたいと思います。
石の花 (坂口尚)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E3%81%AE%E8%8A%B1_(%E5%9D%82%E5%8F%A3%E5%B0%9A)
『石の花』(いしのはな)は、坂口尚の漫画。第二次世界大戦時、ナチス・ドイツの侵攻を受けたユーゴスラビアを舞台に、極限状況にありながら理想を求める若者の生き様を描く。


坂口尚
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E5%8F%A3%E5%B0%9A
坂口 尚(さかぐち ひさし)、男性、1946年5月5日 - 1995年12月22日)は漫画家・アニメーター。東京都出身。
『石の花』で旧ユーゴスラビア政府より表彰。また、没後に遺作となった『あっかんべェ一休』には日本漫画家協会賞優秀賞が贈られた。


++++++++++++++


石の花 「私たち」のまなざしを
http://www.h2.dion.ne.jp/~hkm_yawa/tyoubun/isinohana.html

新版「石の花」 (坂口尚)
http://homepage3.nifty.com/stp/sakaguchi/isi.htm

傑作マンガTOP100(名セリフ付)
http://kajipon.sakura.ne.jp/manga-z.htm


ユーザーの声
    ▼すべて表示
    generated by レビュー・ポスター





    • SEO対策 
    • _ 
    • _ 
    •  
    •  
    マウスコンピューター/G-Tune
    同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
     くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
     残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
     ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
     バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
     100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
     君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
    この記事へのトラックバック
    このマンガは何かに突き当たった時に開く、私にとっての大切なバイブルなのだ。 ※大
    ■【書評】『あっかんべェ一休』、坂口 尚。認めるより仕方ないじゃないか、それが今の’私’なのだから。【そこに魂はあるのか?】at 2009年01月26日 19:34
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。