アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2008年12月16日

草食男子、乙男が日本を救う?「お嬢マン」が日本を変える

以前、「3K男子、草食男子、乙男 ギャルが求める彼氏の条件」というタイトルでブログ投稿しました。

かつては高身長・高学歴・高収入が3K、あるいは3高とよばれるモテる男の条件といわれていたのが、現在は顔・金・車の3Kにという話題がありました。

草食男子、乙男(オトメン)、そして3K男子。
いろいろ条件があって大変なようです。



で、草食系男子という言葉が、ごく一部では定着してきているらしく、草食系男子が日本を変えるとまでいう本が出てました。しかもそれなりに売れているとのこと。

草食系男子=お嬢マンと呼ぶらしく、いかにも男性的な肉食系男子?よりも女性的な?男子が好まれるという・・・
しかし草食男子という言葉自体が1967年生まれのコラムニスト、深澤真紀さんによって提唱され、今回の著書も1968年生まれの牛窪恵さん40歳によって書かれていることを考えると・・・
アラフォー女性の怨念というか、願望というか、ルサンチマンというか、理想というか・・・
バブル時代を満喫した世代の独特な感性ではないかと勘ぐってしまう。

他人や異性を評論する前に、まずは自分自身を見つめ直してほしいといいたい。




草食系男子「お嬢マン」が日本を変える

草食系男子「お嬢マン」が日本を変える
著者: 牛窪恵
本体価格 838円 (税込 880 円) 送料別
【目次】

第1章 お嬢マンの増殖と時代の変遷(バブルを知らない“ハピパラ世代”/カネに細かいお嬢マン ほか)
第2章 「草食恋愛」が結婚を変える!(ラブホに行っても“ただトモ”のまま/セックスレスですが、何か? ほか)
第3章 お嬢マンの超合理主義が、会社を変える!(とりあえずビールも、いまは昔/不良(ワル)には惹かれない ほか)
第4章 オトメン流美意識が、メリハリ消費を呼ぶ!(お嬢マンには、カッコイイより“かわいい”/セレブさながらの美意識 ほか)
第5章 イエラブ族が、地域経済を救う!(家族と仲よしな、イエラブ族/ケーキ入刀だって家族と一緒 ほか)/おわりに 日本から総理大臣がいなくなる?

@【著者情報】(「BOOK」データベースより)

牛窪恵(ウシクボメグミ)
1968年、東京都に生まれる。マーケティングライター。有限会社インフィニティ代表取締役。日本大学芸術学部卒業後、大手出版社に入社。5年間の編集及びPR担当の経験を経て独立。雑誌やテレビの企画、取材、執筆やマーケティングに取り組む。




***************

深澤真紀
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
深澤 真紀(ふかさわ まき、1967年 - )は、コラムニスト・編集者・企画会社タクト・プランニング代表取締役。 東京都出身。早稲田大学第二文学部社会専修卒業。
 

学生時代に「私たちの就職手帖」副編集長をつとめる。 卒業後、いくつかの出版社で編集者をつとめ、1998年に企画会社タクト・プランニング設立。書籍・雑誌・ウェブのプロデュースや、作家のマネジメント、また若者・女性・食・旅などに関する執筆や講演を行う。 著書「平成男子図鑑」では、「草食男子」を命名し、ウェブ連載「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」では、人間関係をメンタルではなく、メンテナンスで考える「メンテナンス術」を提唱している。


@参考ブログ

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51137668.html
404 Blog Not Found:むしろ肉食系が読むべき - 書評 - 草食系男子の恋愛学
本書からは、いかに彼女を傷つけないかというメッセージが、草食系男子の手による書らしく、じわじわと、しかししっかりと伝わって来る。彼女と末永く幸せになりたい時に、この本はきっと役に立つ。

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
この記事へのトラックバック
以前からちょっと気になっていた、××系男子というくくりで、いわゆる最近の男性を分類するブーム。男性を男子というあたりや、やたら表面的なことや行動を細かく観察するあたり観察...
××系男子ランキング、1位草食男子、2位弁当男子、3位腐男子【播磨のいぢ】at 2009年04月15日 10:08
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。