アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2009年05月14日

働き方 「なぜ働くのか」「いかに働くのか」稲盛和夫

働くということはいったい何なんでしょうか。

私自身、大学を卒業して企業に就職するとき、自分が何のために働くのかさっぱり分かりませんでした。
しかし、働かなくちゃいけないことは分かってる、何のために働くのかをはっきりさせるためにも懸命にはたらいてやろうと思い見知らぬ業界の見知らぬ企業に飛び込みました。

具体的な夢や目標があるわけでもないけれど、
自分が夢中になれるような夢や希望をみつけるために今を懸命にやるしかない。

そうやって24時間×365日×3年間がんばってみました。
すると、入社前には見えてこなかったことが見え、ぶつからなかった壁にぶつかり、その壁を越えることが目標になりました。

ただ、その後が続かなくなった。走り続けるにも疲れてしまった。

今回紹介する稲盛和夫氏の「働き方」という本にも、
いつも100メートル競走のつもりで走れ、とあるが・・・・フルマラソンを100メートル走のつもりで走っていたら死んでしまう・・・という見方もあるかなと。

心と体をしっかり休めて、また働くためのエネルギーが充填されたら、
もう一度初心を思い返して、何のために働くのだろうという問いからはじめたいと思う。


⇒ 働き方 1,470 円 楽天ブックス

現代における「最高の働き方」とは?
ベストセラー『生き方』『稲盛和夫の実学』の著者による、待望の書下ろし新刊!
「なぜ働くのか」「いかに働くのか」──混迷の時代だからこそ、あえて「労働が人生にもたらす、素晴らしい可能性」を問いかける!
「人生において価値あるものを手に入れる法」、「平凡な人を非凡な人に変えるもの」、そして「成功に至るための実学」──。


以下、本著より気になった言葉抜粋。

今の自分の仕事にもっと前向きに、
できれば無我夢中になるまで打ち込んでみてください。
そうすれば必ず、苦難や挫折を克服することが出来るばかりか、
想像もしなかったような、新しい未来が開けてくるはずです。



充実した人生を送るには、好きな仕事をするか、仕事を好きになるかのどちらかしかないのです。

製品を抱いて寝たいという思い
心と身体ごと、仕事の中に投げ入れてしまうほど、仕事を好きになってしまう
いわば仕事と心中するくらいの深い愛情を持って働いてみないと、仕事の真髄をつかむことはできません。


不燃性の人は会社にいてもらわなくても結構だ。私が近づかなくても勝手に燃えてくれる自燃性の人であってほしい。少なくとも燃えている私が近づけば一緒になって燃える可燃性の人でなくてはならない。

足元だけを見ることにしました。
つまり、今日の目標は、今日必ずやり遂げることを誓い、仕事の成果や進捗を一日の単位で区切り、それを確実にやり遂げていく
1日のうちに最低限、一歩だけは前に出よう。今日は昨日より1センチだけでも前に進もう

 

考えに考え抜き、シミュレーションを繰り返していたから、未来さえ見えるようになった

# 単行本: 192ページ
# 出版社: 三笠書房 (2009/4/2)
# ISBN-10: 4837923100
# ISBN-13: 978-4837923107
# 発売日: 2009/4/2 
# Amazon.co.jp ランキング: 本 - 580位


[目次]
プロローグ 幸福になる「働き方」;
1章 「心を高める」ために働く―なぜ働くのか;
私たちは自らの心を高めるために働く
働くことが人をつくる
ど真剣に働く 人生を好転させる法
神様が知恵を授けてくれる瞬間
一見不幸なように見えて、じつは幸せなこと
まず働くことが大切
愚直に、真面目に、地道に、誠実に働け
反省ある毎日を送る
2章 「仕事を好きになる」ように働く―いかに仕事に取り組むか;
心の持ち方を変える
仕事に恋をする
感動が新たなエネルギーを与えてくれる
製品を抱いて寝たいという思い
製品の泣き声に耳を澄ませてみる
自熱性の人となる
渦の中心で仕事をする
3章 「高い目標」を掲げて働く―誰にも負けない努力を重ねる;
高い目標を掲げ続ける
まず思わなければならない
願望を潜在意識に浸透させる
持てる力をすべて出したとき神が現れる
いつも百メールと競走のつもりで走れ
誰にも負けない努力は自然の摂理
4章 今日一日を「一生懸命」に働く―継続は力なり;
継続する力 平凡な人を非凡な人に変えるもの
昨日より一歩だけ前へ出る
今日一日を精一杯努力しよう
能力を未来進行形で考える
できない仕事をできる仕事に変える
もうダメだというときが仕事の始まり
苦難、成功いずれにしても私たちは試されている
感性的な悩みをしない
厳しさこそ人を鍛える
どんなに険しい山でも、垂直に登り続けよう
5章 「完璧主義」で働く―いかにいい仕事をするか;
立派な仕事は完璧主義から生まれる
最後の一パーセントの努力で決まる
消しゴムでは絶対に消せないもの
仕事で一番大事なことは細部にある
手の切れるような製品をつくれ
完成形が見えるなら必ず成功する
感度を研ぎ澄ます
ベストではなくパーフェクトを目指す
6章 「創造的」に働く ―日々、創意工夫を重ねる;
あえて人が通らない道を歩く
掃除一つでも人生は変わる
素人の力 自由な発想ができる
新しい計画を必ず成就させる
楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する
イノベーションに至る確かな地図
エピローグ 「人生・仕事の結果」=「考え方×熱意×能力」
人間として正しい考え方を持つ



稲盛和夫
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
稲盛 和夫(いなもり かずお、1932年1月30日 - )は、日本の実業家。京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者。
鹿児島県生まれ。鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校を経て、1955年鹿児島大学工学部を卒業、がいしメーカーの松風(しょうふう)工業を経て、1959年、社員8人で京都セラミツク(現・京セラ)を設立し、10年後、株式上場。ファインセラミックスの技術で世界的な企業に成長させた。1984年には第二電電(DDI、現・KDDI)を設立した。

グループ全体で売上高が1兆2000億円と成長を遂げた。1984年、財団法人稲盛財団を設立し、京都賞を創設した。また、若手経営者向けの経営塾「盛和塾」を非営利にて主宰し、若手経営者の育成も行っている。独特な経営管理手法「アメーバ経営」が有名である。1997年には臨済宗妙心寺派円福寺で得度を受けた。また民主党代表小沢一郎と旧知の仲であり、大企業の実業家ながらも熱心な民主党支持者として知られ、小沢一郎が2008年9月21日に民主党代表として再選された際には来賓として挨拶も行っている。 2005年、立命館小学校こども顧問委員に就任。


稲盛和夫の言葉

    * 人生・仕事の結果 = 考え方 × 熱意 × 能力

能力とは、才能や知能といった「先天的な資質」を表し、熱意とは、情熱や努力する心といった「後天的な努力」を表す。考え方とは、哲学や思想、倫理観といった生きる姿勢、それらをすべて包含した「人格」を表す。本人によると、最も大事なものが考え方であり、能力と熱意は0点から100点までの点数があるのに対し、考え方は-100点から100点までが存在する、とされている。

    * 動機善なりや、私心なかりしか

DDIを設立し、電気通信事業へ参入するにあたって、自身の動機に利己的な心、「私心」がないかと、半年間にわたり自問したときの言葉。

    * 楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する

物事を行うときに取るべき態度を表した言葉。構想を練る段階では、そのアイデアの可能性を引き出せるように楽観的になるのがよい。具体的な計画を立てる段階では、あらゆるリスクを想定し、慎重かつ細心の注意を払って厳密にプランを練るのがよい。実行する段階では、思い切って行動するのがよい。

    * 自燃性の人間、可燃性の人間、不燃性の人間

ここでいう燃性とは、物事に対する熱意や情熱を表す。自燃性の人間とは、自分から率先して物事に取り組み、エネルギーを周囲に分け与える人を指す。可燃性の人間とは、自燃性の人や、既に燃え上がっている可燃性の人の影響を受けて燃え上がる人を指す。不燃性の人間とは、周囲からエネルギーを与えられても燃え上がらず、むしろ周りの人から熱意や情熱を奪う人を指す。


  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 100年前の女の子 船曳由美 (著) (2010-09-23 10:03)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
この記事へのコメント
ご無沙汰です^^
記事中にある内容からいくとすぐに火がつく可燃性人間ですが・・・飽きっぽい++;

飽きたら次を探せばいいけどね^^

仕事は食っていく為にやるのが根底、
あとはやりたいと思うことをやるだけですね~

もし今就職するなら取り組みたい仕事ができるところを徹底して探して、受け入れてくれるところを探すかな?パズルみたいなもんだし^^

若い頃は熱くなりすぎてオーバーヒートすることも多かったが、ひと歳とって客観的に自分を見れるようになったような気がします^^←勘違いかも

稲盛さんの著書は何度か読んだことはありますが、そのまま実行したらかなり辛いこともありますが、無茶で厳しいことをいう先輩方が減る中、こういった内容の著書は辛口で自分を奮い立たすのにはいいかもです^^

まぁ~誰もいい加減に仕事しようと思って働いてないと思うので、結果的に飯食えたらいいと思いますよ~お気楽に~^^
Posted by 好っきゃねん!『ひめじ』好っきゃねん!『ひめじ』 at 2009年05月14日 14:53
すんません、『わっち』でした。。。2重ログインしてしまった(汗;
Posted by わっちわっち at 2009年05月14日 14:55
わっち様
コメントありがとうございます。励まされます。

わっちさんはどこかに受け入れてくれるところを探すということですが、自分で立ち上げてみるというのはどうなんでしょうか。

やっぱり企業に雇用されている方が安心、安定が得られるのでしょうか。

現状私は企業に雇用されていますが、将来の安心・安定はまったく白紙だという認識です。

ただ個人で独立するにはもう少し確信がないとできないかなと。
Posted by ロハスロハス at 2009年05月14日 19:03
しょぼいですが自分で会社経営してますよ^^

本業はプータローですが・・・

好っきゃねん『ひめじ』も共同経営ですがそのうちの一つです~
Posted by わっちわっち at 2009年05月14日 19:07
わっち様
おはようございます。またまたコメントありがとうございます。

なるほど、会社経営されているのですか・・・
世間ではボーナスカットとか騒いでいますが、経営者であれば全然次元の違う悩みがまたあるのでしょうね・・・

またいろいろ勉強させてください
Posted by ロハス at 2009年05月15日 08:57
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。