アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事Eコマース・ネット事業

2009年05月15日

ケンコーコムが年商100億突破で赤字1億 過去9年を振り返る

インターネット通販会社のケンコーコムが、とうとう年商100億円を突破したらしい。
2000年に後藤玄利社長が立ち上げたケンコーコム。
2008年度の決算で売上103億1200万円(前期比28.5%増)を記録したとのこと。

約9年。
私がEコマースに関わりだしたのもちょうど2000年頃で、
ほとんど同時代を戦ってきた9年だったという個人的な感想。
むこうはこっちのことなんて知りもしないでしょうけど。

講演会、セミナーに行っていろいろ考えを拝聴し勉強させてもらいました。
2004年~2005年頃にロングテール理論に染まり、いろいろ混乱もしました。

ケンコーコムは、取扱商品数が12万9409点だそうです。すごい。
私は2005年に取り扱いアイテム数10万点を目標に、一時8万点近くをやりましたが破綻しました。
管理し切れなった・・・・

ケンコーコムは一時期価格戦略を変更し値下げ路線を歩んだりして、ここ数年は損益的には厳しい状況。
楽天市場での売上比率も年々上がってきているし。

当初よりもそうとう販売管理費が上昇してます。

それでも100億はすごい。(赤字も1億近くあるみたいだけれども)

パッと出のベンチャー企業が同じ路線で売上100億、200億を超えていったけれども
今ではそれらも破綻してしまっている・・・・


さて今回の薬事法改正。
ケンコーコムにとってはどう転ぶのか。

個人的にはケンコーコムにとって追い風になる法改正だと思う。

だって、日本最大級の医薬品ネット販売実績のあるケンコーコムが一番個人情報を保有しているはず。
今後2年間のインターネットでの医薬品販売市場をほぼ独占する可能性は高い。
今回の薬事法改正で生き残るドラッグストア系のネットショップはケンコーコムと一部の楽天市場上位店舗だけだろう。(あるいは薬剤師が管理している個人運営の小規模ネットショップ)
---------------------------------------------
6月1日以降に第2類医薬品をネットで購入できるのは、以下の二つの条件のいずれかを満たす人だけに限定する。
・離島にお住まいの方(北海道、本州、四国、九州、沖縄本島以外にお住まいの方)
・5月31日以前に医薬品を購入された方が、同一店舗で同一医薬品を継続購入される場合

これらの条件は2年間の期間限定で、2年後にはこれらの方も第2類医薬品のネットでの購入を禁止する。
---------------------------------------------

9年かかってたどり着いた100億の先にどんな未来予想図を描いているのか。
私自身もまだ対抗心を燃やしつつ、もう同じ土俵では戦えないと悟っているから
違う角度で今後の動向を見守りたいと思う。
後藤玄利
URL : ttp://www.kenko.com/index.html
1967 年 02 月 大分県生まれ( 80 年の歴史を持つ地場の製薬会社の創業家に生まれる)
1989 年 03 月 東京大学教養学部基礎科学科卒業
1989 年 04 月 アンダーセンコンサルティング入社
同社の戦略コンサルティンググループ設立メンバー
1994 年 05 月 アンダーセンコンサルティング退社
1994 年 05 月 うすき製薬株式会社に取締役として入社
1994 年 11 月 株式会社ヘルシーネット ( 現ケンコーコム株式会社 ) を設立。代表取締役に就任
1997 年 07 月 うすき製薬株式会社代表取締役に就任 (2001 年 08 月より取締役 )
2000 年 05 月 ケンコーコムを立ち上げ



********************
ケンコーコム セミナーレポート 2008年1月29日 場所:大阪産業創造会館

■会社概要 ケンコーコム(株)
http://www.kenko.com/
創業 1994年
従業員130名 うち倉庫部門48名 バイヤー・商品担当30名 薬剤師4名
売上65億 利益3300万
平均顧客層:40歳男性、35歳女性
取り扱いアイテム数:9万3000点
うち医薬品は3000点あまりで4億程度の売上。
店舗展開:自社サイト+モバイル、楽天、ヤフー
2004年にマザーズ上場。2006年にコバショウと提携。

■取り扱いアイテム構成
健康食品 9%
フード 9%
日用品 22%
医薬品 3%
化粧品 12%
その他 45%

■売上構成
健康食品 24%
フード 15%
日用品 19%
医薬品 7%
化粧品 10%
その他 25%

※売れ筋NB商材は20日分在庫しジャストインタイム方式でコバショウ等の問屋が対応。
その他PBなどロングテールの尻尾の商品は委託販売形式。
※上位2割の商品で全体の8割の売上を構成している。

■ネットの売れ方
1、商品レアもの・品薄状態(初期)=販売場所を検索・入手 →よく売れる。
2、商品供給潤沢=どこでも入手可能 →売れなくなる
3、棚落ちによる供給不足=従来店舗では入手困難 →よく売れる。

※新商品や旬の商品だけではなく、実店舗で扱わなくなったが固定ファンがいるレアもの定番がネットでは売れ筋になるかもしれない。

■Q&A
* 今後の方向性
→ケンコーに関するものならジャンルを問わず、形にこだわらず広く展開していく。
例)園芸、家庭用品、DIY、カー用品なども視野
例)ネットを使った健康保健指導などのサービス。メタボ診断など。

* 利益が出ていないようだが・・・
→今は短期的な利益を求めずに成長を目指している。

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(Eコマース・ネット事業)の記事画像
日経MJ6/30 ネット販売1~2年後には75%が黒字化
ネット通販の出店を不要に ヤフー、事業者向け
ネット消費時代の新インフラ御三家 物流・決済・窓口
楽天オークションの出品商品が楽天市場の検索対象に
代引きが使えなくなる?為替取引に関する新法で規制審議中
11月度アフィリエイト収入公開 マイクロアドから6円
同じカテゴリー(Eコマース・ネット事業)の記事
 ソーシャルビジネスケースブック 老舗スーパーがネットショップ (2012-01-20 16:28)
 置き薬の食べ物版→高齢者向けに「おかず箱」レトルト食品の宅配 (2011-10-21 10:51)
 新マーケティング用語、OtoO オンライントゥオフライン (2011-10-20 12:08)
 送料無料、返品OKのネットの靴屋 ロコンドのビジネスモデル (2011-04-21 09:45)
 ゲオの自社ECサイト閉鎖からみる最近のEコマース事情 (2011-03-04 13:52)
 遂に来た アマゾンが食品の通販開始へ (2011-02-24 23:30)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。