アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事野球・阪神タイガース

2009年09月28日

オリックス次期監督に岡田彰布を招聘!10/2正式発表へ

プロ野球はすっかり終盤戦で、セ・パ両リーグともに優勝争いよりもクライマックスシリーズ進出をかけた3位争いが白熱。

一方でセリーグの横浜とパリーグのオリックスは最下位決定状態で優勝争いもCS争いとも無縁。
例によってストーブリーグ、来期の監督人事の話題が先行。

そんななか、オリックスの次期監督に前阪神タイガース監督の岡田彰布(51)氏を擁立する公算が高まってきたよう。

岡田彰布氏は現役時代の晩年、仰木彬監督下のオリックスでプレーした経験もあるうえ
引退後はオリックス二軍で助監督兼打撃コーチの経験も。

指導者としての経験も十分、オリックスとの縁もしっかりしていて
最下位低迷するチームを建て直し、ファン獲得も図るにはこれ以上ない人選かと思う。


実現すれば、来シーズンは真弓監督対岡田監督という夢の対戦が交流戦からさっそく見られる。

これはタイガースファンとしてもワクワク!



ソースはhttp://www.sponichi.co.jp/osaka/spe1/200909/28/spe1224329.html
【野球】オリックスが来季新監督に岡田彰布氏を招聘!10/2にも正式発表へ

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡田 彰布(おかだ あきのぶ、1957年11月25日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手(内野手)。引退後、コーチ・監督を経て現在は野球評論家として活動している。デイリースポーツ客員評論家、NPB調査委員。
口癖は「そらそうよ」。これをモチーフに、「そらそーよ」という焼酎まで作られた。大阪弁に独自の方言を混ぜた岡田の口調は、ネット上での愛称どんでんから、「どん語」と呼ばれ一部のファンに親しまれている。


  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(野球・阪神タイガース)の記事
 阪神ドラフト結果 1位榎田大樹 2位一二三慎太 3位中谷将大 (2010-10-29 09:07)
 2010プロ野球ドラフト指名予想 阪神 1位大石 2位吉川 (2010-10-28 14:03)
 阪神CS惨敗から一夜明けて 有田修三氏の解説はトラウマ (2010-10-18 07:00)
 2010年プロ野球、戦力外・引退選手一覧 今岡誠は現役続行? (2010-09-29 13:50)
 遠山以来!阪神、西村憲投手が外野の守備でえらいことに (2010-09-10 09:29)
 ロッテの香月良仁が初勝利!オリックス、香月良太と兄弟対決も (2010-04-29 23:04)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。