アクセスカウンタ
最近の記事
プロフィール
播磨のいぢ
播磨のいぢ
小野市で生まれ育ち、学生時代は岡山で、会社員時代は高砂市で過ごしました。
社会人となって17年目、一貫してネット通販およびEコマース関連に携わってきました。2013年起業。播磨地域の商品とサービスを世界へ発信!目指せ年商100億
40歳を迎え、体力は落ちてます。仕事と家庭と、どのようにバランスをとっていくのか。これからの課題です
座右の銘:「一隅を照らす」「自分がやらない限り、世に起こらないことを私はやる。」「意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くをなす」「なぜ人は答えを持つと奴隷になり、問いを持つと自由になるのか?」
●趣味はゴルフ?
●経験
楽天市場、ヤフーストア、ヤフオク、Wowma!、DeNA、LINE、メルカリ、Amazonマーケットプレイス、アマゾンB2B、ヤマダモール出店、メイクショップ、イーストア、独自ECサイト構築、独自ECモール構築、ファイルメーカーによるシステム開発、商品マスタ、受注処理システム、顧客対応システム、梱包出荷・自社物流センター構築。人事・総務・リクルート採用活動。
●出来ること:頑張れ店長(店舗アップ)カスタマイズによるネット通販バックヤード構築。楽天市場、ヤフーストア、アマゾン、独自ECサイト同期店舗運営。CGIを使ったSEO対策。NAVER、Wikiを使ったまとめサイト作成。ブログ、ツイッター、facebook、LINEを活用した集客。キュレーションを活用したビジネスモデルの実践。ファイルメーカーを利用した情報収集・分析。
●得意分野:日用品、健康、美容に関する商材の仕入れ・販売・企画。医薬品、漢方薬の取り扱い。検索エンジン上位表示全般。
●2009年登録販売者資格を取得しました
●2015年楽天市場ショップオブザイヤー受賞
●2017年楽天市場エキスポアワード受賞
話題のニュースについて地元情報・播磨地域芸能・テレビドラマ視聴率阪神タイガースについて通販・お買い物情報マイマップ人気記事ランキング
トップへ前の記事次の記事読書メモ・感想文

2010年09月23日

100年前の女の子 船曳由美 (著)

良い本の条件として、
読む側の想像力を刺激され、
読み方によってさまざまな感想が湧いてくるというという点があると思う。
100年前の女の子という本は、読み手次第で全く異なる印象をうけるかもしれない。

古き良き明治、大正、昭和の暮らしを懐かしむこともできる。
高度経済成長以前の日本の田舎暮らしを想う人もいるだろう。
また、タイトル通り100年前に実在した少女の成長物語として宮崎駿のアニメ世界を想う人もいるだろう。
またある人は、 健気な女の子の母恋いの物語として時代を超えて普遍性を感じるのかもしれない。
様々な幸や不幸を経験しながら100年の時を生き続けた人生について
自然と湧き上がってくる、畏敬の念。
これはある意味、人間賛歌・人生肯定の本かもしれない。
100年後の遠野物語、この本を称するに最もふさわしいキャッチコピーだ。
一〇〇年前の女の子

一〇〇年前の女の子

価格:1,680円(税込、送料別)


一〇〇年前の女の子 船曳 由美 (著)
100歳の女の物語、100年の日本の記録かつての日本のどこにでもあった昔懐かしい村に、貧しくも命たからかに生きた少女の物語。「遠野物語」100周年の今年、100歳の命の魂鎮めとして堂々刊行。 正月にはお正月様をお迎えし、十五夜には満月に拍手を打つ。神を畏れ仏を敬う心にみちていた時代の、豊かな四季の暮らし。明治・大正・昭和を、実母を知らずに、けなげに生きた少女の成長物語。

# 出版社: 講談社 (2010/6/15)
# 言語 日本語
# ISBN-10: 4062162334
# ISBN-13: 978-4062162333
# 発売日: 2010/6/15 
# Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 472位

【目次】
実の母は家に戻らなかった/継っ子は養女に出された/筑波尋常小学校にあがった/柿若葉のころ、村は忙しくなる/秋が深まり、コウシン様の夜がくる/お正月様を迎える/冬、街道をやってくる者たち/雛の節句の哀しい思い出/懐かしい人びと/修学旅行のあとには受験勉強が待っていた〔ほか〕

船曳 由美(フナビキユミ)
1938年東京生まれ。62年東京大学文学部社会学科卒業。平凡社に入社。雑誌「太陽」に創刊時よりかかわり全国各地の民俗、祭礼、伝統行事を取材、後に単行本とする。85年平凡社を退社。86年集英社に入社。99年定年退職後フリー編集者
@参考
http://book.asahi.com/review/TKY201009070161.html
【レビュー・書評】一〇〇年前の女の子 [著]船曳由美 - 書評 - BOOK:asahi.com(朝日新聞社)
 一○○年前の生活風俗と、人々の気持ちとを正確に伝える本書は、娘から母に対する愛の書でもあります。「お母さんがお母さんでなかった頃」のお話は、娘にとって眩(まぶ)しく、哀(かな)しく、そして誇らしい。母と娘の間に存在する幸せな紐帯(ちゅうたい)が完成させたこの本は、読者の脳裏に、母との記憶を喚起させるのです。

http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2162334
一〇〇年前の女の子 船曳由美 講談社
これは、1人の女の子、寺崎テイの物語である。明治42年、栃木県足利の小さな村に生まれ、平成21年に100歳になった。

http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2010/06/20100627ddm015070005000c.html
今週の本棚:丸谷才一・評 『一〇〇年前の女の子』=船曳由美・著 - 毎日jp(毎日新聞)
しかし最も印象的なのは健気(けなげ)な女の子の母恋いの物語だ。今も著者が老人ホームに訪ねると、テイはときどき抱きついて泣きじゃくり、呻(うめ)くように言う。
 --わたしにはおっ母さんがいなかった……

http://book.asahi.com/clip/TKY201007230447.html
asahi.com(朝日新聞社):母の記憶、過ぎし日の哀惜描く 「一〇〇年前の女の子」 - ひと・流行・話題 - BOOK
「養女時代の苦しさが心の傷になっていて、母は、ずっと封印していました。布団が、どこかの家に連れていくあの固い背中に変わるといって、大人になっても、うつぶせでは寝られませんでした」
http://book.asahi.com/clip/TKY201007230447.html
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100914/1032933/?ST=hitken
少女の成長物語『一〇〇年前の女の子』が異例のヒット - ヒット研究所 - 日経トレンディネット

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
マウスコンピューター/G-Tune
同じカテゴリー(読書メモ・感想文)の記事
 くじけないで 柴田トヨ 99歳の詩人 心を救う言葉 (2011-01-04 15:39)
 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (2010-10-19 16:28)
 ECサイト4モデル式Google Analytics経営戦略 (2010-10-17 01:00)
 バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義 (2010-10-16 00:00)
 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 (2010-08-29 00:00)
 不況下でもきっちりと稼げる業種 クラッシュマーケティング (2010-08-23 19:19)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。